慧光童子と文殊菩薩、九頭龍の梵字の痣を持つ真言密教僧殊慧。徳を積むべく無料で退魔を行っておる。退魔希望者は非公開コメントにてアドレスと名前を書くべし。


by shino11yoshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 密教では『九』は最も潔い聖数であり、陽数で最大の数で9月9日は真言密教で重陽と尊ぶ。
 『九』は九つの和は五如来(大日如来・阿如来・宝生如来・阿弥陀如来・不空成就如来)四菩薩(普賢菩薩・文殊菩薩・観音菩薩・弥勒菩薩)であり、三密(身密・語密・意密)、三宝(佛=慈悲・法=倹(無駄、贅沢を省く)・僧=能(物事を成し遂げる力))、三昧耶(阿字=佛心・月輪=悟り・仏形=一体)の倍数であり、各曼荼羅の会(院)分けでもある。



e0103408_13265818.jpg

↑↑↑↑↑↑
 金剛界曼荼羅の正式名称は金剛界九会(くえ)曼荼羅であり、金剛頂経(こんごうちょうぎょう)の一切如来真実摂大乗現證三昧大経王経に説かれる曼荼羅である。
 金剛界曼荼羅では「会」(え)という語が使われ、成身会(じょうじんえ)、三昧耶会(さまやえ)、微細会(みさいえ)、供養会、四印会、一印会、理趣会、降三世会(ごうざんぜえ)、降三世三昧耶会の九会(くえ)に分けられている。
 金剛界曼荼羅は『智』の曼荼羅と言われるように大日如来の智慧の働き、其に基づく悟りの世界を図像化したものである。
 中心になる成身会の中尊は金剛界大日如来(左手の人差し指を右手の拳で包み込む「智拳印」をむすぶ)である。大日如来の東・南・西・北には阿閦(あしゅく)・宝生如来・阿弥陀如来・不空成就如来の4如来が位置する(大日・阿閦・宝生・阿弥陀・不空成就を合わせて金剛界五仏あるいは五智如来という)。
 金剛界曼荼羅は9つの方形の小曼荼羅から成立しておるため九会曼荼羅とも呼ばれる。
 この配列から解るように九字(普賢三昧耶・大金剛輪・外獅子・内獅子・外縛・内縛・智拳・日輪・穏形)の元である。





e0103408_13271558.jpg

 ↑↑↑↑↑↑
 胎蔵界曼荼羅の正式名称は大悲胎蔵生(だいひたいぞうしょう)曼荼羅であり、赤い八葉蓮華の中心に大日如来を描き、その四方に宝幢(ほうとう)如来(東)開敷華王(かいふけおう)如来(南)、阿弥陀如来(西)、天鼓雷音(てんくらいおん)如来(北)の四仏と、その四隅に普賢菩薩(東南)、文殊菩薩(西南)、観音菩薩(西北)、弥勒菩薩(東北)の四菩薩を八葉蓮弁上を配する。
 曼荼羅は全部で12の「院」に分かれ、その中心に位置するのが「中台八葉院」であり、8枚の花弁をもつ蓮の花の中央に胎蔵界大日如来(腹前で両手を組む「法界定印」を結ぶ)が位置する。
 胎蔵界曼荼羅は『大慈悲』の曼荼羅と言われるように仏を表わす右掌(同じく五指は五大を表わす)を重ねる事によって、仏と衆生が一体である事を象徴する印相である。
 宝幢如来の与願(よがん)印は、衆生の願いをかなえようとする誓願を表し、
 開敷華王如来の施無畏(せむい)印は、何ものも畏れる事のないよう衆生を守護する仏の威力を示している。
 阿弥陀如来の定印は、心に安らぎを与える禅定の印である。
 天鼓雷音如来の触地(そくち)印は降魔(ごうま)印とも呼ばれ、釈尊があらゆる魔障に打ち克って悟りを開かれた時の成道の姿である。
 胎蔵界曼荼羅の形を見れば星型をし七曜(水星・金星・火星・木星・土星)になりセーマン(星形の印)の元になったことが解る。

 

 仏教の『九雲夢』は密教の聖数9から生まれたものである。





by 殊慧
[PR]
# by shino11yoshi | 2009-09-05 18:00 | ▼怨霊写真満載で且つ密教講座
e0103408_140969.gif← 中国で見つかった6万年前の最古の梵字。









e0103408_144032.gif← 真言密教僧殊慧の左膝に浮ぶ文殊菩薩と慧光童子の梵字の痣。
 自分で見る場合は文殊菩薩と慧光童子の梵字が正しい見方となるが、他人から見ると逆梵字のため所有真言や呪術を無力化するものである。
※この文殊菩薩と慧光童子の梵字の痣を授かっておるためダライラマにも連絡すれば神仏として招かれる。




 梵字はキリスト教が発生する以前の3000年程前に現在のレバノンやシリアのある地中海東岸で発生し世界最古フェニキア文字でも使われている。
 更に古い時代だと、4万年~9万年前の中期旧石器時代のチベット北部の蔵北高原色林錯湖で呪術的な祭事に使われた梵字が見つかっている。
 4万年前とは北京郊外の周口店遺跡で見つかった東アジア最古級の人類祖先の骨が見つかり、マンモスを狩ってた時代である。

 一番古い梵字の原型は65万年前に使われ、生物種の絶滅の真っ只中陝西省藍田人遺跡において壁面に彫られていたものが最古の梵字である。
 65万年前は中期更新世の初期ジャワ原人が木の根を穿り、柔らかい果物を食べ、小動物を捕食していた時代であるからジャワ原人以外の種であると考えられる。


 さて、近年「梵字」が流行っているが、梵字は密教僧以外書いてはならず、又「祟る」ものであることを知る者は少ない。
 梵字は「字」と付いているがサンスクリット(ブラフマンの言葉)であり、紀元前1500年頃にコーカサス地方から北西インドに来たアーリア人が用いた神聖記号である。
 後にインド全土をカースト制度で支配するブラフマン教となった。
 故に神聖記号を一般人が身に付けると「障る」場合があるためお薦めしない。
 前記したが元は呪術記号であるからだ。
 それを避けるためには誰でも行える真言宗の結縁灌頂で己の本尊を知るが良い。


 梵字の「障り」は精神を崩壊させ、麻薬や邪婬・暴食に走る結果となる。




 by 殊慧


 
[PR]
# by shino11yoshi | 2009-08-25 17:03 | ▼怨霊写真満載で且つ密教講座
e0103408_17413437.gif← 初歩基本を知らぬは悟り以前に無知!
 どんなにそれらしいことを言っても仏法を謗るに過ぎない。






 手水とは「俗世の三毒を禊め落す」意味を持つが、作法を知っている者は少ない。
 「阿」は物事の始まりを意味する儀礼は手水により祓わなければならないのである。汚濁したままでは『聖なる空間』を垢すこととなり墓地や本尊を貶すことと同じ蛮行だ。
 始まりが癡虞では物事の終わりを意味する「吽」は来ない。
 水は8臂(8本の腕)を持つ弁財天の聖域であり、8臂に握る弓・刀・斧・羂索・箭・三鈷戟・独鈷杵・輪で人の穢れを祓う。
 作法が疎かでは神仏の功徳は無いだろう。


 さて手水場での作法であるが、仏の位に昇るための重要な灌頂のように厳かな意を持ちてまずは左手(毘盧舎那=薬壷を持つ)を洗い、次に右手(荼吉悉那=心身堅固)を洗う。
 次に右手で左手の平に水を溜め、それで口を漱ぐ。
 両手を禊めるのは、真言密教だけでなく所有仏教の掌を合わす蓮華合掌(身密=印を結ぶ)を禊めるためであり、口を漱ぐのは口密(真言を唱える)をする前に口悪(綺語[脅す]・悪口[誹る]・両舌[反す]・妄語[騙す])を禊めるためである。

 能く杓を口に付ける者を観掛けるが、これは凝り固まった俗毒で口を汚す結果となる。
 これでは何の功徳も無い。



by 殊慧
[PR]
# by shino11yoshi | 2009-06-14 17:46 | ▼怨霊写真満載で且つ密教講座
e0103408_196139.gif← 真言密教僧殊慧が保有する前殷時代(約3500年前)の中国最大呪術師「桀」が作った火焔鈴。
 中国最大呪術師「桀」について中国政府歴史家も把握していない。
 





 人に禍を為す死魔を滅するには読経は無意味にして不動明王の力を持つ密法具が必要であった。
 相を持たぬ死魔は人を誑かして人を弑させ、人を不慮の死に貶める。
 どのような神仏に遣える者でも辱めて弑す死魔から狙われないためには真言密教の『大摧障聖者不動明王真言』が有効であるが死魔を滅するまでには至らない。
 滅するとは虚(空に散るもの)とし、有情(生きとし生けるもの)無情(物質などの器)所有万物を旁りし『即(そく)=繋ぐ素』、『瑪(ま)=動く素』、『和(わ)=止る素』の三素を摧くことである。

 昭和初期のことではあるが死魔の恐ろしさを味わう事件が起きたのは日蓮宗管長の身廷山法王望月日謙大僧正の奥方が不慮の死である。
 早朝に日謙大僧正が何かを感じ門の処まで行き玄関に戻った。奥方は「何かお忘れ物でも?」と言われたそうであるが日謙大僧正には何も用はないことに気付く。
 2人が笑って別れたがそれが最後であった。
 奥方は三越に行き用を済ませてデパートを出て歩き足を辷らせ後頭部を強か打ち意識不明に陥り、警察官が来ても三越でありながら住所が解らず現場に辿り付いたのは夕方である。
 人垣が出来ていながら誰も病院へ搬送しようとせず、人垣を見逃す警察官。
 既に取巻きも警察官も死魔に踊らされ、日謙大僧正の奥方は死魔に取り憑かれ弑されたのだ。
 20反でも大摧障聖者不動明王真言を誦えておれば若し奥方も断じて斯かる非業の死を遂げなかったのである。
 能く「誤って」と非業な死を知らせるが、其の殆んどが死魔に取り憑かれた結果であることは言うまでも無い。
 
 死魔を滅するには前殷時代(約3500年前)に作られた火焔鈴しかない。
 この火焔鈴はネパールに起源を持つ戦闘集団ゴルカの民(グルカ族と呼ばれる)の密呪が中国へ流れて最高呪術師「桀」が作ったものである。
 中国の歴史的な大火は火焔鈴による。
 当然乍ら、独自に作られた呪術具であるから世界に一つしか存在しない。
 
 法術を使える者には喉から手が出るほど欲しいであろうが、因縁に左右される五蘊(色・受・想・行・識)や六情(喜・怒・哀・楽・愛・悪)を持つ現在の神仏に遣える者には扱える代物では無い。
 誤って使えば己が火達磨になるか地球其の物を焼き尽くすか解らん。
 其れ故に万が一のことを識え、代々伝わる火焔鈴を使った焔儡法真言は口伝のみで文字や文章に残していない。


 法力が強い者が使えば全世界の死魔を燃やし滅することが出来るであろう。
 真言密教僧の殊慧は死魔も救いを求めれば慈悲を施す経を誦むため、火焔鈴を使い死魔全てを滅することはしない。

 





by 殊慧


 
 

 
[PR]
# by shino11yoshi | 2009-03-23 19:19 | ▼怨霊写真満載で且つ密教講座