慧光童子と文殊菩薩、九頭龍の梵字の痣を持つ真言密教僧殊慧。徳を積むべく無料で退魔を行っておる。退魔希望者は非公開コメントにてアドレスと名前を書くべし。


by shino11yoshi
カレンダー

<   2011年 02月 ( 70 )   > この月の画像一覧

 
e0103408_0425638.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 某東京都の地下鉄工事の削掘に現れたトンネルの写真の一枚。クッキリと漆黒の闇の中に発光する怨霊が写っている。
 この後に57名の作業員が死んでいる。
 撮影者は報告のために此のトンネルから離れているときなので生き残った。何百何千の怨霊の声を聞いたのであるが振り向かなかったのが幸を成したのだ。
 振り向いておれば死んでおったことだろう。
 人が見ていけないものだからである。
 当然乍がら此の死亡事故は新聞に載らなかった。
 因みに此の写真は謎のトンネル本道に繋がる小さいトンネルである。
 流石に謎のトンネル本道の写真は余りに祟りが強いやめ載せられない。

殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!









 搓褜(驕り)にて人は遏狂し、圀(くに)ともならば戦に嗜酔し狂喜して弑しを止めぬ。
 其の羅我(心の清浄を悪へと駆り立てる)にてマスコミの流す癲劇記事に齧り付き己の傲慢に猛りては掵玩び、俘虜の女子を弄びて地嶽と成す。
 善悪の隔てを思已業(善悪に分ける心の弱さ)と気付かず詭弁に「平和」と囃騒ぎて手に手に鉾鋒を持ち嬰児を衝き射す。
 各々が祀る神仏の名を嚶び弑し赧熹(喜び)に擲ち震え、血腥い酒を呑み、腸を焼いて喰う。
 其れが人の因業。
 辟けられぬ己の五毒(性欲・物欲・名声欲・自尊心・競争心)。
 悟り無き阿斗は如何なる戦も正当化し、己の鄙懐(卑しい思い)に惑溺するもの也。
 然し祟りにて朽ちる。



 さて今回は日本中の戦時中も含むトンネル工事記録に無い東京都の地下トンネルの話しである。
 地下鉄工事の削掘作業中に突然現れたトンネル。
 図面には其の場所にトンネルが掘られている跡は無い。
 全く不明。
 用途すら解らない。
 そして無数の魍者の声が谺し、瞋蘊(怨む魂)の群が通り過ぎる。
 この写真は偶然撮られたものである。
 件の地下鉄工事では新聞に載せられない死亡者が57名。
 其の場に居た工夫の殆どが死んでいる。
 多くの死亡者を出した意味の解らないトンネルを避けて工事は再開。
 今も其のトンネルは東京都の地下に存在する。
 何処から何処に通じているのか?長さは?など未だに不明。
 夜間に一見トラックであるが前部にセンサーを付け緩っくり走る特殊トラックが濬っそりと走る。
 此れは此のような全く不明なトンネルを探す意味もある。
 青い光を発しているので此の特殊トラックだと解る。





 東京都の下には無数の解らないトンネルがある。




by 殊慧(しゅすい)


 
[PR]
by shino11yoshi | 2011-02-28 00:50 | △名指しシリーズで晒し首ポン
 
e0103408_14105530.jpg
 
      ↑↑↑↑↑↑
 温泉にある巨石に憑いた無数の怨霊。
 注連縄を施しているが効果無し。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_14253164.jpg
 
     ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 赤い矢印に上記の怨霊が居る。
 こんな湯に入れば普通は昏倒するのだが、馬鹿は平気らしい。近いうちに死ぬまで。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!





e0103408_14255529.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 同じく注連縄を施した風呂に憑く此処で湯治して死んだ女の怨霊。
 癩病である。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_14261399.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 同じ風呂の湯の中から睨む男の怨霊。
 此処で自死(自殺)。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_14263486.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 赤い矢印に上記の怨霊が居る。
 其の他にも無数の怨霊が居る。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!






e0103408_14265333.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 風呂から手を伸ばす怨霊と無数の怨霊。
 此の手に掴まれたら確実死ぬ。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_14271331.jpg

     ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 赤い矢印に上記の怨霊が居る。
 この他にも数百匹の怨霊が居る。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!










 搓褜(驕り)にて人は遏狂し、圀(くに)ともならば戦に嗜酔し狂喜して弑しを止めぬ。
 其の羅我(心の清浄を悪へと駆り立てる)にてマスコミの流す癲劇記事に齧り付き己の傲慢に猛りては掵玩び、俘虜の女子を弄びて地嶽と成す。
 善悪の隔てを思已業(善悪に分ける心の弱さ)と気付かず詭弁に「平和」と囃騒ぎて手に手に鉾鋒を持ち嬰児を衝き射す。
 各々が祀る神仏の名を嚶び弑し赧熹(喜び)に擲ち震え、血腥い酒を呑み、腸を焼いて喰う。
 其れが人の因業。
 辟けられぬ己の五毒(性欲・物欲・名声欲・自尊心・競争心)。
 悟り無き阿斗は如何なる戦も正当化し、己の鄙懐(卑しい思い)に惑溺するもの也。
 然し祟りにて朽ちる。



 さて今回は其処等に在る廃墟・廃病院より怨霊の数が多い営業中の人気ある温泉宿の話しである。
 場所は関東。
 明治期の旧館と昭和中期の新館が中空の渡り廊下により繋がっている。
 此の温泉宿の敷地に入る前には五輪塔。
 そして風呂に置かれた巨石に注連縄。
 此の時点で直ぐどんな馬鹿でも「キャンセする」のであるが昨今の俗人は注連縄の意味も知らず、気にも留めず休日の際には何度も足繁く通う。
 そして祟りを受けるのである。
 元々此の温泉宿は湯治場であり病の悪化によって死んだ者が多い。
 故に風呂に憑く怨霊を鎮めるべく注連縄を使っている次第。
 然し乍がら注連縄の効果が薄く客に禍を齎す。
 体を癒すどころか心身を紊す禍により自死(自殺)する者も居る。
 此の宿の女将は知っているのであるが客の命より「金」を撰んだ。
 身近で死ななないため憂いなど無い。
 「世の中マネー!」と多くの俗人と同じ考え。
 其れを責めることなどお前等に出来まい。
 アホは温泉で疲れを貯めて満たされた享楽だけで帰って行く。





 昨今の俗人は命の危険のある場所に行っても勘が働かない。
 そして死ぬ。






by 殊慧(しゅすい)
[PR]
by shino11yoshi | 2011-02-27 14:18 | ■名指し出来無い怨霊地帯ドン
 
e0103408_035131.jpg
 
      ↑↑↑↑↑↑
 あやめヶ原の案内板の立つ道に憑く怨霊群。
 此の場所から取り憑き観光客が自殺。
 それを放置し隠匿するなど鬼畜より劣る。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_015593.jpg

     ↑↑↑↑↑↑
 同じく案内板の右後方の照明に憑く三匹の怨霊。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_016156.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 同じく案内板の後ろに憑く怨霊。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_0162894.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 赤い矢印に上記の怨霊が居る。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!







e0103408_0165027.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 放牧されている馬に憑く怨霊。
 馬鹿に使う「馬」は取り憑かれても解らないと言う意味もある。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_017580.jpg

   ↑↑↑↑↑↑
 同じ馬の尻尾の蔭に立つ女の怨霊。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_0172011.jpg

   ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 赤い矢印に上記の怨霊が居る。
 後ろの断崖絶壁から飛び込む自殺者は多い。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!






e0103408_0173590.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 おやめヶ原に行くために通る厚岸大橋に飛ぶ自殺者の顔の群。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_0174698.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 黒い矢印に上記の怨霊が居る。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!







e0103408_018534.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 厚岸大橋の根元に立つ少女の怨霊。
 此処で自死(自殺)。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_0181686.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 赤い矢印に上記の怨霊が居る。
 此処は夜来れば人魂の乱舞見られる。当然祟られる。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!










 搓褜(驕り)にて人は遏狂し、圀(くに)ともならば戦に嗜酔し狂喜して弑しを止めぬ。
 其の羅我(心の清浄を悪へと駆り立てる)にてマスコミの流す癲劇記事に齧り付き己の傲慢に猛りては掵玩び、俘虜の女子を弄びて地嶽と成す。
 善悪の隔てを思已業(善悪に分ける心の弱さ)と気付かず詭弁に「平和」と囃騒ぎて手に手に鉾鋒を持ち嬰児を衝き射す。
 各々が祀る神仏の名を嚶び弑し赧熹(喜び)に擲ち震え、血腥い酒を呑み、腸を焼いて喰う。
 其れが人の因業。
 辟けられぬ己の五毒(性欲・物欲・名声欲・自尊心・競争心)。
 悟り無き阿斗は如何なる戦も正当化し、己の鄙懐(卑しい思い)に惑溺するもの也。
 然し祟りにて朽ちる。




 さて今回は自殺で有名な観光地「あやめヶ原」の話しである。
 住所は厚岸郡厚岸町あやめヶ原。
 此処は其の名の通り「菖蒲」が一面に割く北海道観光の目玉でもある。
 然し乍がら花の後ろは原生林、そして前は断崖絶壁。
 この崖で投身自殺は絶えないのであるが観光で喰う能力しか無い北海道は「お祓い」と言う考えも沸かず只管「隠匿」。
 故に「死にたくない者」も彊々な旡蹙(恨み)と寇恝(憎しみ)に滾る瞋蘊(怨む魂)に惹き寄せられ死ぬ。
 此の断崖だけでなく『あやめヶ原』へ行くために渡らなければならない厚岸大橋も自殺が多く二重の祟り場となっている。
 故に観光バスの運転手やツアーガイドは徹底した何時「自殺」の氣を放つ者が出ても直ぐに対応出来るよう訓練されておる。
 そのようなところに力を漑ぐしか北海道の人間に脳は無い。
 所謂「バカだらけ」。
 死ねや!
 議員全員法術で消してやろか?子も孫も全部含めてな。
 あぁ~!!





 これから北海道の観光資源を徹底して潰していく。
 怨霊による犠牲者が多過ぎるからのぉ~。







by 殊慧(しゅすい)
[PR]
by shino11yoshi | 2011-02-27 10:26 | △名指しシリーズで晒し首ポン
  
e0103408_18395656.jpg
  
     ↑↑↑↑↑↑
 人死が絶えぬガード下。
 人の旁りし二元論に隔てる思已業(二元に分ける心の弱さ)にて死んだ者の瞋蘊(怨む魂)が巣食う。
 文明とは利以上に禍を生み出す。
 身を持って知るが宜し
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!










 今までご丁寧に退魔専門の真言密教僧殊慧が場所や巣食っておる彊々な旡蹙(恨み)と寇恝(憎しみ)を滾らす瞋蘊(怨む魂)を紹介したが、今度は逆に「怨霊側の立場」にならにゃーならん。
 此の豸(ち)は人のみに在らずなのでな。
 差別(しゃべつ)相を寰くこと即ち傲慢。
 さぁ~オートマチック拳銃でのロシアンルーレットだ!
 瑣末な情報のみは慈悲にて教えてやろう。
 此処に足を踏み入れれば確実「死」。
 莫然乍がらも直ぐ目の前に在るやもしれん。
 「弾が入って無い」じゃなく「不発弾があるか?ないか?」と言う毎日が死に直面するゲーム。
 其処を目指して駈けずり回る『死』を物疾しない兵(つわもの)はいるかね?



 さて今回は「死のガード下」の話しである。
 場所も言わなければ、駅、線路下、道路下は疎か繁華街なのか外なのかも一切言わない。
 此れ人の傲慢無癡を正す唯一の方法である。
 欲塗れにて正道を歩まぬ者が如何に文明に依估し「楽惟」と言う利便にか考えず、身を切る苦労を買って出ない癡か者に対する罰。
 人は「絶えられぬ瑕苦(痛み)」や「死ぬほどの丐辣(苦しみ)」を味合わなければ己を省みることをしない。
 故に祟られて死ぬは己の罪。
 




 アホカスクズ共が居る限り善悪・貧富・秀愚・神魔の隔たりを作る思已業(二元に分ける心の弱さ)にて戦を止めず、五毒(性欲・物欲・名声欲・自尊心・競争心)を慎むことも無く世が乱れるばかり。





by 殊慧(しゅすい)
[PR]
by shino11yoshi | 2011-02-26 18:44 | ◎アホの為名指ししないシリーズ
   
e0103408_16552568.jpg
   
     ↑↑↑↑↑↑
 毎日数万から数十万匹の怨霊を吐き出すダム穴。
 怨霊が出てくる写真。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_1711363.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 赤い矢印に上記の怨霊が居る。
 貯め水にも霞みが薄っすら掛かり無数の怨霊が蠢く。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!








 搓褜(驕り)にて人は遏狂し、圀(くに)ともならば戦に嗜酔し狂喜して弑しを止めぬ。
 其の羅我(心の清浄を悪へと駆り立てる)にてマスコミの流す癲劇記事に齧り付き己の傲慢に猛りては掵玩び、俘虜の女子を弄びて地嶽と成す。
 善悪の隔てを思已業(善悪に分ける心の弱さ)と気付かず詭弁に「平和」と囃騒ぎて手に手に鉾鋒を持ち嬰児を衝き射す。
 各々が祀る神仏の名を嚶び弑し赧熹(喜び)に擲ち震え、血腥い酒を呑み、腸を焼いて喰う。
 其れが人の因業。
 辟けられぬ己の五毒(性欲・物欲・名声欲・自尊心・競争心)。
 悟り無き阿斗は如何なる戦も正当化し、己の鄙懐(卑しい思い)に惑溺するもの也。
 然し祟りにて朽ちる。



 さて今回は花山ダムにあるダム穴の話しである。
 場所は宮城県栗原市迫川上流。
 抑もダム穴は余分な水を下流に放流するために設けられたローリーホール(余水吐き穴)であり、見た目は『奈落』である。
 花山ダム建設は、1932年(昭和7年)の迫川河水改良事業に捷水路整備と称し蛇行を修正する河道整備を行ない、その所為で改修前より川幅が狭くなり結果として河水の流下が阻害されると共に1947年(昭和22年)のカスリーン台風や1948年(昭和23年)のアイオン台風により狭窄部から洪水が起こって流域の人家や農地が壊滅的被害を受けたからである。
 地形、広域で言えば自然は其の地に適した相(かたち)を創るため決して人が手を触れていけないものであるが、傲慢無癡な「知識こそ全て」と癲狂を惹羅化す人は目触で鐫えるだけの数字にて森羅の邃さを侮る。
 そして自ら魔窟を旁りて禍を生ませるのである。
 件のダム穴は毎日数万~数十万匹の瞋蘊(怨む魂)を吐き出し周りに被害を齎している。
 宮城県内陸型地震を起され多くの者が路頭に迷ったことは記憶に新しい
 この穴を塞がない限り又大きな天災に見舞われる。





 
 人の知識で自然に敵うと思うバカが多過ぎる。
 此れからは更なる被害が世界を襲う。
 気付かねば人類滅亡。







by 殊慧(しゅすい)





 
[PR]
by shino11yoshi | 2011-02-26 16:59 | △名指しシリーズで晒し首ポン
 
e0103408_20121667.jpg
 
     ↑↑↑↑↑↑
 人の顔の三倍の大きさの顔の芋虫怨霊。
 見付った中では最大級。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_20211792.jpg

     ↑↑↑↑↑↑
 芋虫怨霊。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_20213182.jpg

     ↑↑↑↑↑↑
 成女の顔をした芋虫怨霊。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_20214918.jpg

     ↑↑↑↑↑↑
 木の上から睨む魍(もの)。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_20226100.jpg

     ↑↑↑↑↑↑
 観光客の後ろに居る魍(もの)。
 此のように堂々と相(すがた)を出す時点で此の神社は此岸(欲塗れの岸)。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_20222155.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 赤い矢印に上記の怨霊が居る。
 芋虫怨霊の巣を見つけたのだが、余りに邪気を放つため掲載は控えた。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!






e0103408_20225511.jpg

   ↑↑↑↑↑↑
 人込の中に紛れる怨霊。
 赤い矢印部分。
 此の元写真は怨霊数が余りにも多いため掲載を控えた。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!







e0103408_20232148.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 三輪山へ登る道にある社の下に憑く女の怨霊。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_20233890.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 赤い矢印に上記の怨霊が居る。
 既に三輪山は魍(もの)の巣。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!







e0103408_20241731.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 御神木に憑く女の怨霊。
 此の怨霊は囮である
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_20243499.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 御神木に憑く女の元兇怨霊。
 此の怨霊一匹祓える神主は日本にいない。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_20244688.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 御神木の根元に憑く男。
 自死(自殺)。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_202515.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 御神木の柵の間から睨む二匹の女の怨霊。
 自死(自殺)。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_2025234.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 赤い矢印に上記の怨霊が居る。
 柵を設けたのは「祟る」からに他ならない。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!




    


e0103408_20253781.jpg

   ↑↑↑↑↑↑
 灯篭のある場所に憑く赤子の生首怨霊と女の怨霊。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_20254863.jpg
    
    ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 赤い矢印に上記の怨霊が居る。
 このようにどこを撮影しても怨霊が写るクソ神社である。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!













 三四四年前、徳川家康が江戸に幕府を開いてから五十八年……等と下らん講釈が入る寺、神社、教会の全てが贋物である。
 神仏の力が無いため開宗時期や政党やら学校を作り、また金さえ積めばカスでも成れる名誉博士を冀める。
 歴史が在っても、お脳が無い。
 金や狂人信者の獲得を競い合い中身など塵同然。
 そして徳も無いから怨霊が巣食う。
 金・権力・名声に圜礙(こだわり)て怨霊の相(かたち)も解らず、役にも立たない呻きに近い経や祝詞を上げ確りと帑に小銭と怨霊を溜め込むばかり。
 故に観光名所と言う神仏を侮蔑する『名』しか無い。
 能無しだから数千万匹の怨霊が取り憑いた器(もの)を祓うこと出来ず。



 さて今回は「パワースポット!!」と雑い加減な話題を流弊するマスコミにまんまと騙されて己の心身すら黷れさすアホしか行かん大神神社の話しである。
 場所は奈良県桜井市三輪。
 退魔専門の真言密教僧殊慧が一言「なんじゃこりゃ?」である。
 此のように穢れた場所が神社と称しアホな参拝客や観光客を集まるなど人殺しと同じ。
 芋虫怨霊どころか其れが澱にて孵った魍(もの)まで客の間から堂々と其の相(すがた)を現し、御神木は怨霊だらけ。
 此の場所に何度も行くこと自体『魔障に惹き寄せられている』証拠。
 凡そ其の者は六煩悩(驕暴・慢心・邪心・貪欲・無癡・欺瞞)塗れで仏すら慈悲を施さん屬であろう。
 行きたいヤツは行って心身の黷れを其の相(すがた)に変えれば宜し。
 化物は化物と俗人に解り易いように見た目も醜悪になれ!






 がはは!
 んな場所には神仏などおらんわ。







by 殊慧(しゅすい)
[PR]
by shino11yoshi | 2011-02-25 20:15 | △名指しシリーズで晒し首ポン
 
e0103408_153924.jpg
 
     ↑↑↑↑↑↑
 新興宗教のアホ共の狂乱で外縛が解けて這い出す源義経の怨霊
 完全に枷が取れた場合は日本など簡単に滅ぼす。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!







e0103408_1516301.jpg
    
     ↑↑↑↑↑↑ 
 昭和8年に新聞掲載された「義経の首洗い井戸」に写った義経の怨霊。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_151644100.jpg

     ↑↑↑↑↑↑
 新聞に掲載された当時の写真。
 赤い矢印に義経の怨霊が居る。
 其の他にも義経と共に弑された者の怨霊が写っておる。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!







e0103408_15165638.jpg
 
     ↑↑↑↑↑↑
 退魔専門の真言密教僧殊慧が楽に滅した将門の怨霊。
 源義経の怨霊から比べれば将門など屁みたいなもんだ
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!










 衆生の認めたる律典など阿斗の戯言に均し。
 故に血腥眼にて読み耽りしも仏の悟りには至らん。
 其の律典に獅噛み付くは悉多(心)を搓褜(驕り)にて五毒(性欲・物欲・名声欲・自尊心・競争心)を嗾けて此の世黷すもの也。
 真の律典は霄に無く、豸に無く、墨で書く法(もの)で無く、己の中に無く、楼梦に無く。
 然るべき枷寧にて衆生の悟り甚だ一地の歓喜地より遁れられず迷妄の中徨うもの也。
 帑の銭に圜礙(こだわり)し、無明(物事の真実を知らない)の名に圜礙(こだわり)し、豸擘く権力に圜礙(こだわりして弑伐の赧熹(喜び)を嗜みて永劫に傲慢無癡を晒す。
 衆生誑かす惑かし辯産みて真非ず。
 莫伽が新宗開き悦に入りて世を紊すばかり也。
 此の世を地嶽と言わんや。



 さて今回は「将門の怨霊」より遥かに始末が獰い源義経の怨霊の話しである。
 源義経と言えば五条大橋で弁慶と大立ち回りをした牛若丸として俗人に知られておるが、此の義経は平将門の瞋蘊(怨む魂)より凄まじい旡蹙(恨み)と寇恝(憎しみ)に凝り膠り、暴れ出せば日本すら滅ぼす魍(もの)である。
 平清盛に女子供まで斬り弑され、実母を陵辱された義経の瞋恚(怒り)烈しく平家一門を滅亡。
 其の力にて実兄の源頼朝からも庇護しておった藤原家からも疎まれて持仏堂で肚を裂き自害。
 骸は夜な夜な旡蹙(恨み)を嚶びて岷草に禍を齎したことから比叡山で修行した関白藤原道隆の子孫「鬼若丸(幼少名)」が首を切り落とした。
 其の名はご存知の弁慶。
 斬った首を洗った場所が現在の藤沢本町に存在する。
 然し乍がら禍は留まらず、現在は歴史学者でも知られていない場所に封印されている。
 昨今のアホカスクズ共新興宗教の狂乱にて五毒(性欲・物欲・名声欲・自尊心・競争心)で正道を捻じ曲げ、其の邪念により五悪趣(地獄・餓鬼・畜生・人間・天上の迷妄世界)の境が失せ怨霊激増。
 其の結果、封印されていた源義経の瞋蘊(怨む魂)が這い出てくる始末。
 コヤツが枷を解けば日本など簡単に地嶽とするところであったが、退魔専門の真言密教僧殊慧が一撃にて三世(過去世・現世・未来世)から消し去った
 アホカスクズ共新興宗教のドアホ教祖は此のことを知らん。
 三毒妄念に浸るバカだからな。





 アホカスクズ共新興宗教は己等が起こしていることなど考える頭も無い。
 未だに教祖は一地 歓喜地(煩悩を断ち切る仏道に入れたのを喜ぶため)の手前。
 全員死ねや!







by 殊慧(しゅすい)
 
[PR]
by shino11yoshi | 2011-02-25 15:08 | △名指しシリーズで晒し首ポン
 
e0103408_18273513.jpg
 
       ↑↑↑↑↑↑
 未だに浄仏しておらず徘徊する娼婦の怨霊。
 此の怨霊が何人もの僧侶を返り討ちにし憑き殺している。
 火災すら起こして住民を焼き殺すほど彊々な旡蹙(恨み)と寇恝(憎しみ)を持つ。
 其の大火災は昭和史に残るほど。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_184721100.jpg

      ↑↑↑↑↑↑
 窓から睨む娼婦の怨霊。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_18473781.jpg

      ↑↑↑↑↑↑
 窓から這出る幼女の娼婦の怨霊。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_1847556.jpg

      ↑↑↑↑↑↑
 内部の鏡から出来る娼婦の怨霊。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_18481230.jpg

     ↑↑↑↑↑↑
 此の郷土資料室(元娼館)に行くには桜並木を通るが其処にも幼女の娼婦の怨霊が蕩ろ歩く。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_18482888.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 同じく桜並木を歩く娼婦の怨霊。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_18484362.jpg

     ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 危険なため相当な暈かしを入れて一部しか出せない。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!











 三四四年前、徳川家康が江戸に幕府を開いてから五十八年……等と下らん講釈が入る寺、神社、教会の全てが贋物である。
 神仏の力が無いため開宗時期や政党やら学校を作り、また金さえ積めばカスでも成れる名誉博士を冀める。
 歴史が在っても、お脳が無い。
 金や狂人信者の獲得を競い合い中身など塵同然。
 そして徳も無いから怨霊が巣食う。
 金・権力・名声に圜礙(こだわり)て怨霊の相(かたち)も解らず、役にも立たない呻きに近い経や祝詞を上げ確りと帑に小銭と怨霊を溜め込むばかり。
 故に観光名所と言う神仏を侮蔑する『名』しか無い。
 能無しだから数千万匹の怨霊が取り憑いた器(もの)を祓うこと出来ず。



 さて今回は某県で昭和初期まで高級娼館を営業し現在は県庁郷土資料室として使われている建物の話しである。
 場所は県庁の所有物であり、「自分は大丈夫」と根拠の無い理屈を翳し住居不法侵入の刑法を犯して位牌や遺影を叩き壊す嗜好のアホカスクズ共の心霊スポットマニア共は『今は大人しい怨霊を刺激し街そのものに禍を巻き、己等が全員死ぬ』と記しても必ずや行くため教える訳には行かない。
 何故なら、アホカスクズ共は死んでも構わぬが、此の怨霊全て滅するには退魔専門の真言密教僧殊慧でも広範囲に亘り関係する怨霊全て探し出さねばならず此処の娼館の怨霊が一斉に暴れれば某県に住む者全て死ぬからである。
 此処の娼館は明治期~昭和初期まで10代に満たない幼女を人買いが貧しき家庭から買取り娼婦として一生働かせていた。
 娼婦は此処から逃げ出すことが出来ぬように扉の外側に鍵を掛け、窓には鉄格子を嵌め、屈強な男数人が夜間見張りに立つ徹底振り。
 逃げ出そうものなら日本刀で軽くて指、手足を斬り落していた。
 幼い娘を売る家が多いため娼婦達への見せしめとして平気で行なっていた訳である。
 此の娼館は最高級なため県の政治家も訪れ、目の前で幼女が殺されても警察には通報しない。
 正に娼婦にとっては地嶽。
 故に自死(自殺)する娼婦も多く、娼館として営業中から瞋蘊(怨む魂)が出る始末。
 其の後の昭和中期に別種で営業を始めたが従業員が続々と怨霊が出るため辞めて行き、余りの祟りに県庁も壊すことを躊躇い現在は郷土資料室として使われている。
 此処の職員も怨霊を見るため郷土資料室に送られることは「辞めろ」と言うパワーハラスメントだ。
 郷土史が好きであっても長続きしない。
 此の娼館の現在の写真は余りに祟りが強過ぎてヤフーで検索しても出て来ない。
 彊々な旡蹙(恨み)と寇恝(憎しみ)を持ち猖った娼婦の瞋蘊(怨む魂)を祓うために真言宗の徳ある僧も何人か死んでいる
 故に他宗では祓うことなど出来ず皆殺しに合うだろう。
 ある意味此の県は核爆弾以上に破壊力があり、非常に厄介な物を持っていると言える。
 昭和史に残る大火災も起こしている。

 




 此の県では未だに娼館の怨霊が都市伝説にまで入るほどである。
 未だに殆んどの娼婦の怨霊は浄仏しておらん。


 退魔専門の真言密教僧殊慧にとっては肩慣らし程度。






by 殊慧(しゅすい)





 
[PR]
by shino11yoshi | 2011-02-24 18:37 | ■名指し出来無い怨霊地帯ドン
 
e0103408_151312.jpg
    
      ↑↑↑↑↑↑
 撮影で女の怨霊に取り憑かれた撮影者。
 階段で既に己の相(すがた)を晒す取り憑いた女の怨霊
 徐々にエスカレートし自らの存在をアピール。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁

e0103408_15163844.jpg

      ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 赤い矢印に上記の怨霊が居る。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁






e0103408_15173988.jpg
    
     ↑↑↑↑↑↑
 階段と同じ女の怨霊。
 此の部屋で女が死んでいる。
 取り憑くときなので少し控え目に写る
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁

e0103408_1518396.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 赤い矢印に上記の怨霊が居る。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁





 
e0103408_15183324.jpg

e0103408_151845100.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 怨霊の影と生首怨霊が同時に写った写真。子供の生首怨霊も写っておる。
 撮影者は取り憑かれた事に気付いておらん。
 不自然な影が見えておってもお構い無し。アホだからか?!
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁

e0103408_1519346.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 赤い矢印に上記の怨霊が居る。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁











 癲劇記事で煽るマスコミに容易く誑かされた癡かな俗人は己の足許を見ない。
 他人の不幸を垂れ流すスピーカに齧り付き、昼間の譚の種とし遏狂を省みず飄々と暮す。
 故に昔から忌譚とされている豸(ち)の曰くを雍れ享楽の侭に生きるものである。
 彊々な旡蹙(恨み)と寇恝(憎しみ)に凝り膠った瞋蘊(怨む魂)を「出たら面白い」と嘲け嗤い多くが祟られ掵を落す。
 憑き殺された者を懇ろに弔うこともせず拍車を掛ける礫とし囃騒ぐ。
 其の刳り返しが俗人の依估する文明である。
 最後は己の死にて幕を閉じる。



 さて今回は大火災を出したホテルと同じ名の廃ホテル「ホテルニュージャパン」の話しである。
 場所は北海道苫小牧市。現在は解体され無い。
 何故今は無い解体された廃ホテルを出すかは、撮影した者が取り憑かれる様子を克明に写しているからである。
 怨霊が取り憑くことは本人には殆ど気付かなく最後は悲惨な死を遂げる。
 故にアホカスクズ共心霊スポットマニアの友人や知り合いが居り誘われても行かないことを退魔専門の真言密教僧殊慧はお薦めする。
 仲間に辟けられても命を奪われるよりマシ。





 アホは悲惨な死を遂げる。






by 殊慧(しゅすい)
[PR]
by shino11yoshi | 2011-02-23 15:06 | △名指しシリーズで晒し首ポン
    
e0103408_14174583.jpg
  
      ↑↑↑↑↑↑
 このアリスの森の女の元兇怨霊。
 全く違う県で病死しておるが因縁にて此の地に憑いた。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_14334713.jpg
      
      ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 色を濃くし回転させただけで相(すがた)を見せるほど人を憑き殺しておる。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!






e0103408_14341167.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 実体化した生首怨霊。
 全て女である。
 水面には映っていない。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_14342445.jpg
 
    ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 赤い矢印に上記の怨霊が居る。
 此のように岩と水が合わさった場所には必ず怨霊が居る。
 アリスの森では大工が禁忌する三隣亡を平気で破った訳だ。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!





e0103408_14344364.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 ビニール袋に憑く女の怨霊達。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_1435275.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 テーブルの女の怨霊の群。
 誰かが拭いた。若しくは水を零したように思えても廃墟で其のようなアホなことをするヤツはアホカスクズ心霊スポットマニアですらいない。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_14351722.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 椅子の後ろから覗く女の怨霊。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_14353323.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 赤い矢印に上記の怨霊が居る。
 其の他にも無数の怨霊が居る。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!






e0103408_14355478.jpg

      ↑↑↑↑↑↑
 草木で覆われ完全なる怨霊の棲家と化したアリスの森。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
 











 癲劇記事で煽るマスコミに容易く誑かされた癡かな俗人は己の足許を見ない。
 他人の不幸を垂れ流すスピーカに齧り付き、昼間の譚の種とし遏狂を省みず飄々と暮す。
 故に昔から忌譚とされている豸(ち)の曰くを雍れ享楽の侭に生きるものである。
 彊々な旡蹙(恨み)と寇恝(憎しみ)に凝り膠った瞋蘊(怨む魂)を「出たら面白い」と嘲け嗤い多くが祟られ掵を落す。
 憑き殺された者を懇ろに弔うこともせず拍車を掛ける礫とし囃騒ぐ。
 其の刳り返しが俗人の依估する文明である。
 最後は己の死にて幕を閉じる。



 さて今回は「アリスの森」の話しである。
 場所は栃木県常陸大宮市上小瀬。
 「ふれあい牧場」や「アスレチック」を前面に出して1989年に開園した遊園地なのだが全てが何処にでもあるキャッチコピーだったため数ヶ月も経つと入場者数も激減して経った4年の1993年に廃業。
 廃墟となれば当然のこと乍がら怨霊が棲み憑き、今や栃木県の中でもトップ3に入る怨霊屋敷となった。
 アホカスクズ共心霊スポットマニアは挙って訪れ、祟られた者は多い。
 中でも事故死がダントツである。
 其れでも「人の死」を軽んじる野次馬根性は収まらず毎年多くのアホ共が犠牲になっておる。
 丸で自ら死を望む生贄だ。
 




 
 アホは数十億匹死んでも地球は回り続ける。





by 殊慧(しゅすい)
[PR]
by shino11yoshi | 2011-02-23 14:23 | △名指しシリーズで晒し首ポン