慧光童子と文殊菩薩、九頭龍の梵字の痣を持つ真言密教僧殊慧。徳を積むべく無料で退魔を行っておる。退魔希望者は非公開コメントにてアドレスと名前を書くべし。


by shino11yoshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:▼怨霊写真満載で且つ密教講座( 460 )

 
e0103408_13502187.jpg
 
e0103408_13503346.jpg
 
    ↑↑↑↑↑↑
 押入に憑いていた女の怨霊。
 全身は写っておるものの写真で俗人に見えるのは顔のみだろう。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人の無視視したアホタレ者が死亡しているためだ。

e0103408_1463187.jpg

   ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人の無視視したアホタレ者が死亡しているためだ。






e0103408_1464263.jpg

   ↑↑↑↑↑↑
 押入から見詰める子の怨霊の目。
 獣の瞋蘊(怨む魂)も憑いておるため祟り度は強い。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人の無視視したアホタレ者が死亡しているためだ。

e0103408_1465022.jpg

   ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 クソ霊能者には祓えず返り討ちに合う。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人の無視視したアホタレ者が死亡しているためだ。






 因縁に左右される五蘊(色(形)・受(情け)・想(思い)・行(行い)・識(考え))持たず、六情(喜・怒・哀・楽・愛・悪)持たず、七情(怒・喜・思・憂・悲・恐・驚)持たずれば如何なる不昧にも屈せぬもの也。
 光と言う「縁」にて色(かたち)見え、無くなれば色(かたち)失せ、誰も其れ昼と夜と呼び恐れておらん。
 故に紕懼(恐れ)も無く、憊汨(悲しみ)も無く、瑕苦(痛み)も無い。
 万象の理(ことわり)荼阿赧(体)に剞めば嵒(やま)の如く動かず。
 真言宗総本山金剛峯寺が焔煆に燃えようと「寺」に真理の圜礙(こだわり)在らず膏を塗って更に燃やす。
 鄙懐に感けた仏法の堕ち簸れ微塵も無し。
 悉多(心)一切無く金剛不壊とすれば根本四苦「生」「老」「病」「死」の煩悩も消え失せる。
 金・権力・名声などと婬けたことに現を吐かす事無し。
 「救い」を冀めぬ衆生は「仏」に縁無きとし慈悲施すことも無し。
 因業輪廻にて産れた有情(生きとし生けるもの)全て「悟る」まで丐辣(苦しみ)続く掟め也。
 抛ることも救うことも慈。
 圓(生)陰(死)関わらず差別(しゃべつ)せず。
 圀(くに)を衞るなどの柵非ずんば仏は死なず。
 寺を護るために居ず。
 幾く万もの蛆集りな躯在れど鼻根無く臭うこと無し。
 救いを冀めねば慈悲施すこと無し。
 此れ真言宗の基礎である。


 さて今回は押入やクローゼット、天井裏等に棲み憑く怨霊の話しである。
 世界中から、又は宗派を超えてカソリックのエグゾシストの手に負えない怨霊や悪鬼の退魔依頼が山のように来る真言密教僧殊慧であるが、人に物理的危害を加える瞋蘊(怨む魂)は殆んどの場合其の相(すがた)を見せない。
 此処で言う怨霊とは、死魔では無く性質の獰い怨霊のことである。
 其等が潜む場所は押入やクローゼット、天井裏や地下室等の陽が当たらず、頻々に使われていない場所が多い。
 今や世界は怨霊激増にて横死(不意の死)が流行病の如く日に数百万~数千万人死んでおるが、癡かな虚栄文明により人の旁りし法を罷り通すため怨霊にとっては此の地は天嶽。
 金や権力・名声に圜礙(こだわり)して五毒(性欲・物欲・名声欲・自尊心・競争心)を嗾ける新興宗教は既に悉多(心)が羅我(心の清浄を悪へと駆り立てる)にて魔障と行いを共にし更なる人死にを増やす。
 此の警世な地を「良かれ」とする者は真言密教僧殊慧と縁を結べずに朽ちて逝くもの也。
 紊れた逍を獅噛み付く者に「怨霊が憑いてます」と言ったところで聞く耳持たず、仏は無明(物事の真実を知らない)な者を救わない。
 故に多くの人は其の虚栄文明と共に死す。

 



 莫伽に「バカ」と言っても右から左に抜けるだけ。
 




by 殊慧(しゅすい)


 
[PR]
by shino11yoshi | 2011-08-21 13:57 | ▼怨霊写真満載で且つ密教講座
 
e0103408_1816242.jpg
 
    ↑↑↑↑↑↑
 依頼者の親に憑いた怨霊。
 此れは蛇を殺生し「筋」となり鎮めようとして憑き殺された縁者の怨霊。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人の無視視したアホタレ者が死亡しているためだ。

e0103408_18292755.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 映り込みに見えても取り憑かれた者と此れは明かに違う。
 取り憑かれた方は口を閉じておるが、テーブルの其れは口を開き呪いの言葉を吐いておった。
 プライバシーのため目を隠しているが全くテーブルの目と違う。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人の無視視したアホタレ者が死亡しているためだ。




 因縁に左右される五蘊(色(形)・受(情け)・想(思い)・行(行い)・識(考え))持たず、六情(喜・怒・哀・楽・愛・悪)持たず、七情(怒・喜・思・憂・悲・恐・驚)持たずれば如何なる不昧にも屈せぬもの也。
 光と言う「縁」にて色(かたち)見え、無くなれば色(かたち)失せ、誰も其れ昼と夜と呼び恐れておらん。
 故に紕懼(恐れ)も無く、憊汨(悲しみ)も無く、瑕苦(痛み)も無い。
 万象の理(ことわり)荼阿赧(体)に剞めば嵒(やま)の如く動かず。
 真言宗総本山金剛峯寺が焔煆に燃えようと「寺」に真理の圜礙(こだわり)在らず膏を塗って更に燃やす。
 鄙懐に感けた仏法の堕ち簸れ微塵も無し。
 悉多(心)一切無く金剛不壊とすれば根本四苦「生」「老」「病」「死」の煩悩も消え失せる。
 金・権力・名声などと婬けたことに現を吐かす事無し。
 「救い」を冀めぬ衆生は「仏」に縁無きとし慈悲施すことも無し。
 因業輪廻にて産れた有情(生きとし生けるもの)全て「悟る」まで丐辣(苦しみ)続く掟め也。
 抛ることも救うことも慈。
 圓(生)陰(死)関わらず差別(しゃべつ)せず。
 圀(くに)を衞るなどの柵非ずんば仏は死なず。
 寺を護るために居ず。
 幾く万もの蛆集りな躯在れど鼻根無く臭うこと無し。
 救いを冀めねば慈悲施すこと無し。
 此れ真言宗の基礎である。


 さて今回は一匹の瞋蘊(怨む魂)が一族を滅亡させる話しである。
 クソ霊能者は元兇怨霊の氣すら感じること無く、雑魚な怨霊を追い祓うだけで何も解決しない。
 金に圜礙(こだわり)して贅に贅を重ね有漏(煩悩を有する)にて仏の力を授からないからである。
 無明(物事の真実を知らない)にて禍根を一撃のもと滅することが出来ず、数千兆匹の怨霊すら滅することも出来ず徒々奸知な瞋蘊(怨む魂)に弄ばれ自ら魍(もの)と化すもの也。
 金に圜礙(こだわり)すことが何よりの証拠。
 六触身(眼触・耳触・鼻触・舌触・身触・意触)と呼ぶ外界との接触にて理(ことわり)を偸えることを棄て去れず臠(にく)にて得る事(ことなり)等何の足しにもならん。
 金だけ摂り何もなさない詐欺と同じ。
 故に怨霊の数は減らん。

 



 クソ霊能者狩りでも行うか。
 暇潰しに。
 たった3000万人しか狩れんがな。
 死にたくなければ真言密教僧殊慧に牙を剥け。
 剥けば大陸ごと全住民諸共海に沈めてやる。

・゜゜・└(´〆。。〆`)┐ ウッシャッシャッシャッシャ




by 殊慧(しゅすい)
[PR]
by shino11yoshi | 2011-08-20 18:22 | ▼怨霊写真満載で且つ密教講座
 
e0103408_17262812.jpg
 
     ↑↑↑↑↑↑
 真言密教僧殊慧が教えた簡単な儀を行わず怨霊に引っ張られている子。
 左手が異様に伸び、足も関節が在らぬ方向に変形。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人の無視視したアホタレ者が死亡しているためだ。





 因縁に左右される五蘊(色(形)・受(情け)・想(思い)・行(行い)・識(考え))持たず、六情(喜・怒・哀・楽・愛・悪)持たず、七情(怒・喜・思・憂・悲・恐・驚)持たずれば如何なる不昧にも屈せぬもの也。
 光と言う「縁」にて色(かたち)見え、無くなれば色(かたち)失せ、誰も其れ昼と夜と呼び恐れておらん。
 故に紕懼(恐れ)も無く、憊汨(悲しみ)も無く、瑕苦(痛み)も無い。
 万象の理(ことわり)荼阿赧(体)に剞めば嵒(やま)の如く動かず。
 真言宗総本山金剛峯寺が焔煆に燃えようと「寺」に真理の圜礙(こだわり)在らず膏を塗って更に燃やす。
 鄙懐に感けた仏法の堕ち簸れ微塵も無し。
 悉多(心)一切無く金剛不壊とすれば根本四苦「生」「老」「病」「死」の煩悩も消え失せる。
 金・権力・名声などと婬けたことに現を吐かす事無し。
 「救い」を冀めぬ衆生は「仏」に縁無きとし慈悲施すことも無し。
 因業輪廻にて産れた有情(生きとし生けるもの)全て「悟る」まで丐辣(苦しみ)続く掟め也。
 抛ることも救うことも慈。
 圓(生)陰(死)関わらず差別(しゃべつ)せず。
 圀(くに)を衞るなどの柵非ずんば仏は死なず。
 寺を護るために居ず。
 幾く万もの蛆集りな躯在れど鼻根無く臭うこと無し。
 救いを冀めねば慈悲施すこと無し。
 此れ真言宗の基礎である。


 さて今回は世界中で起っている怨霊による憑き殺しの増加の話しである。
 数千件の退魔依頼を抱えておる真言密教僧殊慧は徳を積むべく一切無料。護符は依頼者の「業」や「怨霊」によって最適な璽を手書きし、送料も真言密教僧殊慧もち。
 此れが真の神仏に遣える者の勤め。
 金に圜礙(こだわり)しては徳を失うもの也。
 徳がなければ如何に「何十年も神仏に遣えておる」と虚勢を張ったところで金と言う人の旁りし最大の魔障の手先となり神仏の力を得ない。
 さてさて怨霊が激増しておる昨今に於いて真言密教僧殊慧が退魔依頼を受け護符を送り「教えた簡単な儀」を行わなければ拿応護摩壇に文殊菩薩除魔除禍真言護符で包み、須弥壇に身代わり人形を祀っておっても怨霊に憑かれ死は免れはするものの一生不具者となるやもしれん。
 写真の子は簡単な儀を行わないときが多く「怨霊に引っ張られている」状態。
 不思議な病に罹り医者に看てもらっても「異常無し」で追い返されたそうだ。
 怨霊を理由付けでしかない科学や医学ではどうすることも出来無い。
 真言密教僧殊慧と縁あって御守に入れる札を書いて送ったが親には送らない。
 其れ此の子の親は慈悲を施すほど駄楽気てしまうからである。
 此れも仏の慈悲。

 



 縁無き者は何十億匹死んでも真言密教僧殊慧に呵責は無し。





by 殊慧(しゅすい)
[PR]
by shino11yoshi | 2011-08-12 17:33 | ▼怨霊写真満載で且つ密教講座
 
e0103408_22421935.jpg
 
    ↑↑↑↑↑↑
 己の弱さに陰魔(色・受・想・行・識の五蘊の苦しみから出づる)を生み瞋蘊(怨む魂)を惹き寄せ自死(自殺)したカスの怨霊。
 カス故に憑き殺されたことにも気付かず、己が死んだことすら知らん。
 全くのクズ!
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人が無視した者が死亡しているためだ。
e0103408_2256452.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 急拵えの献花台に憑く憑き殺した瞋蘊(怨む魂)。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人が無視した者が死亡しているためだ。

e0103408_22565941.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 上記の怨霊以外に無数に怨霊が居る。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人が無視した者が死亡しているためだ。






 妄物に圜礙(こだわり)す屬の悉多(心)孱く硝子の如し。
 其れ憊汨(悲しみ)や瞋恚(怒り)にて狂癲すれば嗜暴にて自死(自殺)を柬ぶ。
 四魔(煩悩魔・陰魔・死魔・天魔)に憑かれ丐辣(苦しみ)して所撰ばず。
 癡かにも救いを仏に冀めず、血を臠を辺りに散ら撒く贄と成り豸(ち)垢すもの也。
 衆生の不幸を矚付ける烱眼を愉しませるだけにて己の無癡を晒す。
 此れ竸堕の極み也。


 さて今回は「自殺の自殺」と言う話しである。
 懦い者の中の悉多(心)に陰魔(色・受・想・行・識の五蘊の苦しみから出づる)が生まれ自ら瞋蘊(怨む魂)を惹き寄せ自死(自殺)する。
 此れを「自殺の自殺」と言う。
 其れから遁れるには仏の道に進むしか無い。
 俗人の悉多(心)は真に孱く、目の前に不摧の壁が立肌蹴れば右往左往し自壊するからである。
 又、アホンダラが群成す新興宗教に赱り己を狂人とする。
 クソ新興宗教には真の仏の悟りが無いため「自殺の自殺」が多い。
 所謂、「楽」「お気楽」を撰ぶ懦い者は堂々巡り。
 真の仏道は金剛不壊。
 己の中から因縁に左右される五蘊(色(形)・受(情け)・想(思い)・行(行い)・識(考え))を捨て、六情(喜・怒・哀・楽・愛・悪)を捨て、七情(怒・喜・思・憂・悲・恐・驚)を捨て悉多(心)に翳る惑わしも出来ぬ。
 仏に遣えると言うことは己の全てを棄て去ること也。





 アホカスクズ共新興宗教は善悪の思已業(分ける弱心)にて敵と味方を作り、其れを攻撃することによって己の兇気を保つカス!





by 殊慧(しゅすい)
[PR]
by shino11yoshi | 2011-08-02 22:49 | ▼怨霊写真満載で且つ密教講座
 
e0103408_1858883.jpg
 
     ↑↑↑↑↑↑
 自死(自殺)若しくは事故死した女の縁者の怨霊。
 右肩に手を置いているが、首を常に絞めている。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人が無視した者が死亡しているためだ。
e0103408_19124639.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 上記の女の怨霊が惹き寄せた男の怨霊。
 直立した男の怨霊と顔だけの怨霊の2匹。
 どちらも病死。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人が無視した者が死亡しているためだ。
e0103408_19125849.jpg

   ↑↑↑↑↑↑
 依頼者の頭を蔽う骸骨。
 依頼者に頭痛を与える。
 此の侭放置しておけば脳の病にて倒れていたであろう。
 最悪「死」。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人が無視した者が死亡しているためだ。

e0103408_1913886.jpg

   ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 彊々な旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を持つ瞋蘊(怨む魂)に取り憑かれておる場合は写真が暈ける。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人が無視した者が死亡しているためだ。






 因縁に左右される五蘊(色(形)・受(情け)・想(思い)・行(行い)・識(考え))持たず、六情(喜・怒・哀・楽・愛・悪)持たず、七情(怒・喜・思・憂・悲・恐・驚)持たずれば如何なる不昧にも屈せぬもの也。
 光と言う「縁」にて色(かたち)見え、無くなれば色(かたち)失せ、誰も其れ昼と夜と呼び恐れておらん。
 故に紕懼(恐れ)も無く、憊汨(悲しみ)も無く、瑕苦(痛み)も無い。
 万象の理(ことわり)荼阿赧(体)に剞めば嵒(やま)の如く動かず。
 真言宗総本山金剛峯寺が焔煆に燃えようと「寺」に真理の圜礙(こだわり)在らず膏を塗って更に燃やす。
 鄙懐に感けた仏法の堕ち簸れ微塵も無し。
 悉多(心)一切無く金剛不壊とすれば根本四苦「生」「老」「病」「死」の煩悩も消え失せる。
 金・権力・名声などと婬けたことに現を吐かす事無し。
 「救い」を冀めぬ衆生は「仏」に縁無きとし慈悲施すことも無し。
 因業輪廻にて産れた有情(生きとし生けるもの)全て「悟る」まで丐辣(苦しみ)続く掟め也。
 抛ることも救うことも慈。
 圓(生)陰(死)関わらず差別(しゃべつ)せず。
 圀(くに)を衞るなどの柵非ずんば仏は死なず。
 寺を護るために居ず。
 幾く万もの蛆集りな躯在れど鼻根無く臭うこと無し。
 救いを冀めねば慈悲施すこと無し。
 此れ真言宗の基礎である。


 さて今回は縁者が瞋蘊(怨む魂)となり禍を起こす話しである。
 能く人を「忘れる動物である」と謂われておるが、何代も前の身内の公に出来無い酷死を匿す余り忘れてしまうケースが多い。
 死に方は様々であるが、其の旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)、憊汨(悲しみ)は縁者に矛先を向け心身に重篤な瑕苦(痛み)を齎す。
 不幸にして掵薨った亡者にとって雍念の中にも消されてしまえば「身内からも捨てられた」と瞋恚(いかり)滾らすのは当然。
 恐らく墓は無縁墓地の有様。
 其の旡蹙(恨み)で最悪なものは横死(不意の死)に至らしめ、其れが一人では無く一族全てに降り掛かる。
 此のような性質の獰い瞋蘊(怨む魂)と化した場合は退魔専門の真言密教僧に相談するしか無い。
 何故なら縁者一匹の瞋蘊(怨む魂)では無く無数の瞋蘊(怨む魂)を惹き込んでおるからだ。




 忘れて良いものなど無い。
 「忘れる」こと即ち法謗罪の「仏の説かれた仏道を謗る行いをすること」である。





by 殊慧(しゅすい)
[PR]
by shino11yoshi | 2011-08-01 19:05 | ▼怨霊写真満載で且つ密教講座
 
e0103408_21263856.jpg
 
     ↑↑↑↑↑↑
 浴室の壁に浮ぶ悪狐。
 コヤツが元兇にて他から怨霊を惹き寄せていた。
 依頼者の家の近くの社から出入りしている。
 恐らく此の社に退魔依頼者が手を合わせたことだろう
 社の90%は半端な陰陽師が放った式神が憑いているため手を合わせれば「縁」を結ぶこととなる。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人が無視した者が死亡しているためだ。

e0103408_2140478.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人が無視した者が死亡しているためだ。







e0103408_2141839.jpg

   ↑↑↑↑↑↑
 キッチンに棲み憑いた怨霊の群。
 悪狐が家に憑けば1日で怨霊塗れになる。
 悪臭を放つ場所であり、其の臭いはキッチンと気付かない。
 何故なら臭いは家主に付いて回るからだ。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人が無視した者が死亡しているためだ。

e0103408_21422572.jpg

   ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人が無視した者が死亡しているためだ。








e0103408_21424367.jpg

   ↑↑↑↑↑↑
 ベッドに実体化した女の生首怨霊。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人が無視した者が死亡しているためだ。

e0103408_2143027.jpg
   
   ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人が無視した者が死亡しているためだ。







e0103408_21431724.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 テレビの画面に映る女の怨霊。
 テレビ回線から怨霊が侵入する。携帯電話からも同じく怨霊が侵入するケースが増えている。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人が無視した者が死亡しているためだ。

e0103408_21433280.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人が無視した者が死亡しているためだ。






e0103408_21434898.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 布団に憑く怨霊の群。
 此れでは疲れも取れまい。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人が無視した者が死亡しているためだ。

e0103408_2144250.jpg
 
   ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人が無視した者が死亡しているためだ。








 紊れた人の五毒遏執により五悪趣(地獄・餓鬼・畜生・人間・天上の迷妄世界)の境が崩れ成仏した魍者も寇恝(憎しみ)に駈られ人間界へ出づる。
 居るべき枷寧より放たれた瞋蘊(怨む魂)は弑伐の赧熹(喜び)にて人の住む庵を食潰し、陽の射す霄を翳みで蔽う。
 術無き人は遏狂いて己の腸を咋うもの也。
 蜚び回る瞋蘊(怨む魂)は人凡て憑き殺しても其の旡蹙(恨み)晴れること無し。
 そして豸(ち)地嶽と果てたる。


 さて今回は先ほど済ませたばかりの退魔の話しである。
 まだ退魔の儀を行っていないが怨霊共は退魔専門の真言密教僧殊慧が使う特殊な須弥壇に具えた左袖机の外縛壇に括りつけておるので見る分には「障り」や「祟り」は無い。
 信心軽深関わらず、徳を積んだ僧侶の家にさえ怨霊が棲み憑く昨今に於いて「怨霊が居ない庵」など退魔専門の真言密教僧以外無い。
 棲み憑いた怨霊の寇恝(憎しみ)や旡蹙(恨み)で家主の心身への影響は異なり、一般的には羅我(心の清浄を悪へと駆り立てる)に陥り正常な事(ことなり)考えられず、最悪のケースは横死(不意の死)が立続けに起り一家没落。
 此れは日本のみならず世界中で起きていることである。
 今回は近くに社があり其処から悪狐が出入りし怨霊塗れになった。
 無闇矢鱈に社に手を合わせれば祟ることあると知れ。
 パワースポットなどと言うアホンダラ共は怨霊の餌食。





 何処も此処も怨霊だらけ!
 其れを生み出したのは人である。





by 殊慧(しゅすい)
[PR]
by shino11yoshi | 2011-07-30 21:34 | ▼怨霊写真満載で且つ密教講座
 
e0103408_18347100.jpg
 
     ↑↑↑↑↑↑
 リビングでは無い部屋に神棚を祀り、其の下に化粧台を置き飛び出した悪狐。
 鏡は蟒見(蛇を見る道具)であり其の上に神棚を祀ればどうなるか解ると思うのだが。
 因みに依頼者は離婚・病魔のダブルパンチ。
 無癡とは此のように自らを破滅させる。

殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人が無視した者が死亡しているためだ。

e0103408_18501469.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 此のように真言密教僧殊慧が注意書きをする。
 何故なら此処の家の住民は文章で理解出来るお脳が無いからである。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人が無視した者が死亡しているためだ。





 紊れた人の五毒遏執により五悪趣(地獄・餓鬼・畜生・人間・天上の迷妄世界)の境が崩れ成仏した魍者も寇恝(憎しみ)に駈られ人間界へ出づる。
 居るべき枷寧より放たれた瞋蘊(怨む魂)は弑伐の赧熹(喜び)にて人の住む庵を食潰し、陽の射す霄を翳みで蔽う。
 術無き人は遏狂いて己の腸を咋うもの也。
 蜚び回る瞋蘊(怨む魂)は人凡て憑き殺しても其の旡蹙(恨み)晴れること無し。
 そして豸(ち)地嶽と果てたる。



 さて今回は自らの粗雑さが招いた魔の話しである。
 退魔依頼をする方の中には常識が欠如しておる者も居る。
 此れ超核家族化が生んだ弊害であるが、其れにしても酷過ぎるのである。
 まず「枕の位置が窓に向いていない」から始まり、気の澱みを無くする窓を塞ぐようにラックや箪笥を起き、リビング以外の部屋にある化粧台の上に神棚を祀る等々鐫えればキリが無い。
 喩えれば『何処ぞから拾ってきた水子地蔵を風呂の洗い場に置く』と同じ。
 此の場合の退魔は依頼者が真言密教僧殊慧の指示に従い、部屋の整理をしてから行う。
 其れが済むまで退魔はしない。
 癡かな俗人の内部から治していかなければ同じことだからだ。
 嫌なら更にバカを磨くアホカスクズ共が集まる新興宗教に入れば宜し。女子供含めて全員法術で始末するのでバカを正す必要も無くなる




 40才過ぎても常識無しのバカ多数。
 無駄な人生とは此のこと也。





by 殊慧(しゅすい)




 
[PR]
by shino11yoshi | 2011-07-29 18:41 | ▼怨霊写真満載で且つ密教講座
 
e0103408_22485135.jpg
 
     ↑↑↑↑↑↑
 殺人事件を引き起こした子の怨霊が警察に憑く。
 此の警察官は不祥事を起しておる。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人が無視した者が死亡しているためだ。
e0103408_2382785.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 運び出された腐った遺体を見て嗤う女の怨霊。
 殺人事件を起こした元兇怨霊である。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人が無視した者が死亡しているためだ。

e0103408_2383895.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人が無視した者が死亡しているためだ。






 妄物に圜礙(こだわり)す屬の悉多(心)孱く硝子の如し。
 其れ憊汨(悲しみ)や瞋恚(怒り)にて狂癲すれば嗜暴にて自死(自殺)を柬ぶ。
 四魔(煩悩魔・陰魔・死魔・天魔)に憑かれ丐辣(苦しみ)して所撰ばず。
 癡かにも救いを仏に冀めず、血を臠を辺りに散ら撒く贄と成り豸(ち)垢すもの也。
 衆生の不幸を矚付ける烱眼を愉しませるだけにて己の無癡を晒す。
 此れ竸堕の極み也。 
 隠忍に左右される五蘊(色(形)・受(情け)・想(思い)・行(行い)・識(考え))持たず、六情(喜・怒・哀・楽・愛・悪)持たず、七情(怒・喜・思・憂・悲・恐・驚)持たぬ真言密教僧殊慧には闕蘊(彷う魂)に掛ける慈悲など無し。

  

 
 さて今回は久しぶりの殺害現場の話しである。
 此処で殺害された方は一人暮らしであり、様子を見に来る親族すら居なかったため腐敗が激しく辺りに臭いが立ち込めて発見された。
 殺害されて2ヵ月。
 此れは超核家族化が齎した弊害であり、其の者もまた耄れれば親族から見捨てられ肥しにもならない骸を晒す。
 此れの何処が平和であろうか?
 五毒の自尊心凄まじく人全て鬼と化す。
 薨りの日は互いに罵り合い、其の悉多(心)の醜さを見せ惹羅化すだろう。





 まだまだ大天災の序章。
 此れからが人の犯したる罪を禊める大天災が間断無く降り注ぐ。





by 殊慧(しゅすい)
[PR]
by shino11yoshi | 2011-07-28 22:59 | ▼怨霊写真満載で且つ密教講座
 
e0103408_2212401.jpg
 
    ↑↑↑↑↑↑
 震災で死んだ子の柩で泣き崩れる母親の後ろから出る子の怨霊。
 3匹おる。
 怨霊激増は人の慾念により起り、其れにて様々な禍を呼んでいることなどアホンダラは知らん。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人が無視した者が死亡しているためだ。
e0103408_22323111.jpg

e0103408_22325383.jpg

   ↑↑↑↑↑↑
 大きな憊汨(悲しみ)を嘲け笑い出てくる怨霊。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人が無視した者が死亡しているためだ。

e0103408_2233553.jpg

   ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 上記の怨霊以外に無数に怨霊が居る。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人が無視した者が死亡しているためだ。





 仏の誡めを無碍にし三毒妄念にて赤子の頃より咋うことを止めず、己の思考を拒む輩に瞋恚(怒り)を曝け出し、癡かにも「自分が!自分が!」と廉恥在らず嚶ぶこと止めず。
 己の五毒(性欲・物欲・名声欲・自尊心・競争心)を「家族を食べさせるため」「家のローンがあるため」と癡かな私利を藉口で正当化し友すら弑す。
 衆生は畜生でも仲を弑さぬのに己を王と甚だしくも驕りて弑しを続け傲慢無癡にて生きるもの也。
 是幾万年経ちても省み懺悔未だ無き。
 宛ら此の世は地嶽。
 其れ衆生気付くこと非ず。
 其れを数千年正すこと無き人神もまた禍根に気付くこと非ず。


 さて今回は余りにも俗人のお脳の足りなさについてだ。
 死んでしまった者の柩に泣き縋っても生き返ることは無し。
 彊々な憊汨(悲しみ)は亡者の闕蘊(彷う魂)を惹き寄せて此の地に留まる。
 怨霊激増の昨今は彊々な赧熹(喜び)や憊汨(悲しみ)すら持つこと赦さず。
 何故なら人の慾念が地獄道を彼方此方に開けてしまい、又、五悪趣(地獄・餓鬼・畜生・人間・天上の迷妄世界)の境を無くし怨霊激増させ、其のような行為をすらば街や国、星すら滅ぼすからである。
 然すれば星一つだけ消し去るだけでは済まず、銀河一つ滅ぼさせばならん。
 汝等の憊汨(悲しみ)は汝等の犯した罪への罰と思え!




 因みに日本の原発全て法術で破壊することは、核廃棄物で核兵器を作る計画があるからである。
 アホンダラが核兵器を持てばどうなるか解るだろう。





by 殊慧(しゅすい)




 
[PR]
by shino11yoshi | 2011-07-17 22:23 | ▼怨霊写真満載で且つ密教講座
 
e0103408_2130488.jpg
 
    ↑↑↑↑↑↑
 頭から後方に出てきた悪鬼。
 仏力・法術無し僧侶の笑える末路。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人が無視した者が死亡しているためだ。
e0103408_21521315.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 死体に憑く怨霊。
 僧侶の死体は嘸や旨かろう。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人が無視した者が死亡しているためだ。

e0103408_21522616.jpg
 
   ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人が無視した者が死亡しているためだ。





  万物生まれ生まれ生まれ生まれ乍がらも圓(生)も無く陰(死)も無し。
 天へ左手(毘盧舎那)劈くば圓と成り。
 右手(荼吉悉那)擘くば陰と成り。
 老いも無く、病も無く相(すがた)在れど、其処に在らず。
 異蘊(魂)を棄て三界(欲界・色界・無色界)を解脱すらば涅槃に向い。
 四世(無常・苦・無我・不浄の此世を常・楽・我・浄と見誤る)と堕ち簸れば此岸(欲に塗れた岸)に辿り着く。
 有情(生きとし生けるもの)の全て因業輪廻にて丐辣(苦しみ)を負い、法謗罪の中で藻掻くもの也。
 悟りたるは因縁にされる五蘊(色(形)・受(情け)・想(思い)・行(行い)・識(考え))を持たず、六情(喜・怒・哀・楽・愛・悪)持たず、七情(怒・喜・思・憂・悲・恐・驚)持たず仏の意に遵う。
 真の仏道とは六触身(眼触・耳触・鼻触・舌触・身触・意触)と呼ぶ外界との接触も喪いて得ることも喪うことの無し。
 何にも圜礙(こだわり)しなければ悉多(心)は金剛不壊にて如何なる艱難も丐辣(苦しみ)に成らず。
 真言密教僧殊慧の両手は星すら貫く剣也。



 さて今回は仏力や法術の使えない神仏に遣える者の末路の話しである。
 天地自在に操れぬ徳無し僧侶や聖職者は此の世にいらん。
 何故なら天地操地など基本中の基本にて世界中に怨霊激増した昨今に於いて何の役にも立たないからである。
 役に立たない = 死。
 故に此のチベット僧のようなケツを出しながら怨霊を出すと言う惨めな骸を晒す。




 仏力も法術も使えん僧は怨霊に憑き殺される前に慈悲にて真言密教僧殊慧が彼の世に送ってくれるわ。
 数十億匹役立たずが居なくなっても困らん。






by 殊慧(しゅすい)
[PR]
by shino11yoshi | 2011-07-17 21:39 | ▼怨霊写真満載で且つ密教講座