慧光童子と文殊菩薩、九頭龍の梵字の痣を持つ真言密教僧殊慧。徳を積むべく無料で退魔を行っておる。退魔希望者は非公開コメントにてアドレスと名前を書くべし。


by shino11yoshi
カレンダー

2011年 07月 31日 ( 3 )

 
e0103408_18454253.jpg
 
e0103408_18553451.jpg
 
    ↑↑↑↑↑↑
 自衛隊戦闘機の主翼に憑いていた怨霊。
 左右に憑けばエレベータやフラップが使えず墜落するわな!
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人が無視した者が死亡しているためだ。

e0103408_18554617.jpg

   ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人が無視した者が死亡しているためだ。




 仏を騙りし阿斗の認めたる律典其れ漫文に均し。
 血腥眼にて読み耽りしも不昧にて一地にすら至らず。
 其の蓋は猗の如く饕り止めず、能無き孱き蟲を如く立肌蹴る仏にすら瞋恚りを剥き出し、癲狂の屬の如く無痴と愚痴を零すのみ。
 帑の銭に圜礙りて人の物擽掏ね、名に圜礙りて人を妄辯にて誑し込み、権力に圜礙りて仏法に弑伐の赧熹を嗜みては豸紊す。
 誦む経は兇にて禍撒き。
 話す辯は黷にて真躙る。
 薨りに己の醜猖晒し万象の中より一切の真理を知らぬ侭消え逝くもの也。


 さて今回はまたまた自衛隊機墜落の話しである。
 怨霊激増昨今に於いては人の旁りし器(もの)などガラクタと同じで怨霊1匹に掛かれば数十億円も税金を投入した戦闘機でなど無惨な撃墜姿を晒す。
 此れ人が正道を進む事無く仏を足蹴にした罰。
 此れからも人の旁りし器(もの)は悉く炎を噴き上げ鉄屑となる。
 





e0103408_1856380.gif

    ↑↑↑↑↑↑
 文殊菩薩と慧光童子・九頭龍の梵字の痣を体に授かった真言密教僧殊慧。
 仏を宿す者は必ず体に仏の梵字の痣を授かる。
 痣を得た其の仏力は十地 法雲地を軽く地中に放っただけで地球内部を完全粉砕。
 一四六三尊の仏の梵字の痣を授かる半佛人(半分人で半分仏)は既に揃っておる。中には他の星の者もおる。
 大川隆法と幸福の科学は大宇宙其のものに牙を剥いたバカの塊な訳だ。
殊慧は三毒妄念にて五毒(性欲・物欲・名声欲・自尊心・競争心)を嗾けるアホンダラ新興宗教を粉砕する。






 さてさて文殊菩薩の名前を使ったアホンダラ集団の幸福の科学への仏罰は終っておらん。
 幸福の科学が聖地とする四国、意味不明なベガと言う星を粉砕しクルクルパーな大川隆法が口にした物全て破壊してアホンダラの希望の一欠片も与えない。
 幸福の科学の信者が大切にするもの全て奪う。
 女子供の命ですら慈悲施さず。
 失意の中で己の傲慢無癡に欷き皆死ね。





 アホンダラ幸福の科学に一片の希望も与えない。




y 殊慧(しゅすい)
[PR]
by shino11yoshi | 2011-07-31 18:50 | △名指しシリーズで晒し首ポン
 
e0103408_1611548.jpg
 
   ↑↑↑↑↑↑
 店の中に棲み憑く怨霊の群。
 従業員と客の数の100倍の怨霊数。
 こうなってしまっては其処等の僧侶が経を上げても無意味。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人が無視した者が死亡しているためだ。

e0103408_16134865.jpg

   ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 上記の怨霊以外に無数に怨霊が居る。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人が無視した者が死亡しているためだ。





   

e0103408_1614617.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 バスの中に犇く怨霊達。
 気分が悪くなるのは当然。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人が無視した者が死亡しているためだ。
e0103408_16142021.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 マンションの窓から撮影者を窺う怨霊達。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人が無視した者が死亡しているためだ。
e0103408_16143374.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 影が子供の怨霊。
 踏めば死が付く都!
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人が無視した者が死亡しているためだ。

e0103408_16144487.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人が無視した者が死亡しているためだ。





 因縁に左右される五蘊(色(形)・受(情け)・想(思い)・行(行い)・識(考え))持たず、六情(喜・怒・哀・楽・愛・悪)持たず、七情(怒・喜・思・憂・悲・恐・驚)持たずれば如何なる不昧にも屈せぬもの也。
 光と言う「縁」にて色(かたち)見え、無くなれば色(かたち)失せ、誰も其れ昼と夜と呼び恐れておらん。
 故に紕懼(恐れ)も無く、憊汨(悲しみ)も無く、瑕苦(痛み)も無い。
 万象の理(ことわり)荼阿赧(体)に剞めば嵒(やま)の如く動かず。
 真言宗総本山金剛峯寺が焔煆に燃えようと「寺」に真理の圜礙(こだわり)在らず膏を塗って更に燃やす。
 鄙懐に感けた仏法の堕ち簸れ微塵も無し。
 悉多(心)一切無く金剛不壊とすれば根本四苦「生」「老」「病」「死」の煩悩も消え失せる。
 金・権力・名声などと婬けたことに現を吐かす事無し。
 「救い」を冀めぬ衆生は「仏」に縁無きとし慈悲施すことも無し。
 因業輪廻にて産れた有情(生きとし生けるもの)全て「悟る」まで丐辣(苦しみ)続く掟め也。
 抛ることも救うことも慈。
 圓(生)陰(死)関わらず差別(しゃべつ)せず。
 圀(くに)を衞るなどの柵非ずんば仏は死なず。
 寺を護るために居ず。
 幾く万もの蛆集りな躯在れど鼻根無く臭うこと無し。
 救いを冀めねば慈悲施すこと無し。
 此れ真言宗の基礎である。


 さて今回は関東直下型巨大地震で瓦礫と死体の山になるあきる野市の話しである。
 此処は建物や乗物に憑き「祟る」タイプの怨霊が多い。
 故に不可解な死が続く街。
 怨霊を嗅ぎ分ける者なら絶対住まないだろう。

 



 住むと「生きる」ことに飽きるので死!
ε=/。。r`) プッ




by 殊慧(しゅすい)
[PR]
by shino11yoshi | 2011-07-31 16:06 | □日本全国怨霊マップに脱糞
 
e0103408_15343218.jpg
 
     ↑↑↑↑↑↑
 石碑の後ろから睨む生首怨霊。
 死体を晒し者にするアホンダラ学者には呆れるばかり。
 己等の墓を穿り返され「晒し者」になったことを考えぬ。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人が無視した者が死亡しているためだ。

e0103408_15455975.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人が無視した者が死亡しているためだ。







e0103408_15463484.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 鳥居型をした博物館の出入口で女の怨霊に取り憑かれた来場者。
 右手を握られておるのが解るであろうが、此のような場合は確実「命を奪うサイン」であるため退魔をしなければ死ぬ。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人が無視した者が死亡しているためだ。
e0103408_15464611.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 窓から覗く怨霊。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人が無視した者が死亡しているためだ。

e0103408_1547135.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人が無視した者が死亡しているためだ。







e0103408_15471515.jpg

     ↑↑↑↑↑↑
 展望台の周りを飛ぶ女の生首怨霊。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人が無視した者が死亡しているためだ。
e0103408_15472684.jpg

     ↑↑↑↑↑↑
 同じく展望台のゴミ箱から覗く男の生首怨霊。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人が無視した者が死亡しているためだ。

e0103408_15473830.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人が無視した者が死亡しているためだ。







e0103408_15475329.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 近くに展示されている古民家の中で叫ぶ古墳の怨霊。
 既に古墳に関係しない場所にまで祟りを齎していることが解る一枚である。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人が無視した者が死亡しているためだ。

e0103408_1548473.jpg

     ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人が無視した者が死亡しているためだ。





 万物生まれ生まれ生まれ生まれ乍がらも圓(生)も無く陰(死)も無し。
 天へ左手(毘盧舎那)劈くば圓と成り。
 右手(荼吉悉那)擘くば陰と成り。
 老いも無く、病も無く相(すがた)在れど、其処に在らず。
 異蘊(魂)を棄て三界(欲界・色界・無色界)を解脱すらば涅槃に向い。
 四世(無常・苦・無我・不浄の此世を常・楽・我・浄と見誤る)と堕ち簸れば此岸(欲に塗れた岸)に辿り着く。
 有情(生きとし生けるもの)の全て因業輪廻にて丐辣(苦しみ)を負い、法謗罪の中で藻掻くもの也。
 悟りたるは因縁にされる五蘊(色(形)・受(情け)・想(思い)・行(行い)・識(考え))を持たず、六情(喜・怒・哀・楽・愛・悪)持たず、七情(怒・喜・思・憂・悲・恐・驚)持たず仏の意に遵う。
 真の仏道とは六触身(眼触・耳触・鼻触・舌触・身触・意触)と呼ぶ外界との接触も喪いて得ることも喪うことの無し。
 何にも圜礙(こだわり)しなければ悉多(心)は金剛不壊にて如何なる艱難も丐辣(苦しみ)に成らず。


 さて今回は昨日公開した退魔依頼中の話しの続きである。
 真言密教僧殊慧がコメント欄にて「社」「鳥居」と書いていたが、其の一つが入口が鳥居型をしている『紀伊風土記の丘』である。
 場所は和歌山県和歌山市市岩橋57-1。
 此処は国の特別史跡の認定を受けた岩橋千塚古墳群。
 問題は其の公開方法が屍を晒し者にしていることである。
 故に訪れた者は見境無く祟られる。
 更に件の『紀伊風土記の丘』はお祓いが不十分にて近隣に禍を齎している。




 アホンダラ学者は祟りの恐ろしさを知らん。
 其れを知るときは死ぬ時!






by 殊慧(しゅすい)
[PR]
by shino11yoshi | 2011-07-31 15:40 | △名指しシリーズで晒し首ポン