慧光童子と文殊菩薩、九頭龍の梵字の痣を持つ真言密教僧殊慧。徳を積むべく無料で退魔を行っておる。退魔希望者は非公開コメントにてアドレスと名前を書くべし。


by shino11yoshi
カレンダー

2011年 02月 07日 ( 4 )

 
e0103408_1924319.jpg
 
    ↑↑↑↑↑↑
 完全無料退魔で能く出くわす怨霊。
 祟り度は凄いが退魔専門の真言密教僧殊慧にとって此のような怨霊が数兆匹居ようとも一撃粉砕。
 怨霊は全て皆殺し!
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!







 紊れた人の五毒遏執により五悪趣(地獄・餓鬼・畜生・人間・天上の迷妄世界)の境が崩れ成仏した魍者も寇恝(憎しみ)に駈られ人間界へ出づる。
 居るべき枷寧より放たれた瞋蘊(怨む魂)は弑伐の赧熹(喜び)にて人の住む庵を食潰し、陽の射す霄を翳みで蔽う。
 術無き人は遏狂いて己の腸を咋うもの也。
 蜚び回る瞋蘊(怨む魂)は人凡て憑き殺しても其の旡蹙(恨み)晴れること無し。
 そして豸(ち)地嶽と果てたる。


 
 さて今回は除霊浄霊と俗人が呼ぶ完全無料退魔で出くわした厄介な怨霊の紹介である。
 怨霊激増の昨今では珍しくも何とも無い真言密教僧殊慧であるが、此のような怨霊が各家々に棲み憑いておるのである。
 一匹ならず複数。
 最高で怨霊数百万匹!!
 真言密教僧殊慧にとって肩慣らしにもならんが並の僧侶や神主は逆に為溜ま叩き伸めされ昏倒。
 此れが今の世界の現状。





 怨霊一匹見たら30匹いると思え!





by 殊慧(しゅすい)
[PR]
by shino11yoshi | 2011-02-07 19:27 | ▼怨霊写真満載で且つ密教講座
 
e0103408_1635131.jpg
 
     ↑↑↑↑↑↑
 お堂の中におる水木シゲル先生が喜びそうな油スマシににた生首怨霊。
 愛くるしい顔をしていても怨霊のやることは一つ「祟る」だ。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_1647157.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 格子戸の外から見詰める怨霊達。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_16474255.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 金剛杭打てば何とかなるであろうが、本堂も全部退魔するとなると面倒臭い。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!












 三四四年前、徳川家康が江戸に幕府を開いてから五十八年……等と下らん講釈が入る寺、神社、教会の全てが贋物である。
 神仏の力が無いため開宗時期や政党やら学校を作り、また金さえ積めばカスでも成れる名誉博士を冀める。
 歴史が在っても、お脳が無い。
 金や狂人信者の獲得を競い合い中身など塵同然。
 そして徳も無いから怨霊が巣食う。
 金・権力・名声に圜礙(こだわり)て怨霊の相(かたち)も解らず、役にも立たない呻きに近い経や祝詞を上げ確りと帑に小銭と怨霊を溜め込むばかり。
 故に観光名所と言う神仏を侮蔑する『名』しか無い。
 能無しだから数千万匹の怨霊が取り憑いた器(もの)を祓うこと出来ず。



 さて今回も江戸大火災を起こした火元である大円寺の話しである。
 退魔依頼者は此の寺の前を通るたび烈しい吐き気や腹痛に悩まされて何回かに振り分けて撮影。
 其れにしても外に置かれたお堂にまで怨霊が居るとは大した堕落振り。
 水行の滝は怨霊だらけ。
 本堂の周りには芋虫怨霊。
 其のうち人を咋う鬼が生まれるだろうよ。
 此の寺には勿論「鬼」を滅する僧は居らん。






 手っ取り早い退魔方法は真言密教僧殊慧が火焔咒によって寺燃やすことだわ。





by 殊慧(しゅすい)
[PR]
by shino11yoshi | 2011-02-07 16:47 | △名指しシリーズで晒し首ポン
 
e0103408_1555569.jpg
 
      ↑↑↑↑↑↑
 昼間でも現れ人を襲う元兇怨霊。
 ガス状故に人をスッポリ包み込み祟る。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_1616728.jpg
    
     ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 一部分だけ、若しくは全体に靄状のものが写れば其れは怨霊。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!





e0103408_16162613.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 別な角度から撮影すれば草の中から怨霊が出る始末。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_16164528.jpg

   ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 何処からでも怨霊が湧き上がるためデンジャー。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!







e0103408_16173314.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 ハヨピラから崩れ落ちた残骸の撮影者を見詰める怨霊。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_16174826.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 怨霊の巣窟では如何なる場所にも怨霊が居る。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!





e0103408_1618742.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 夜のハヨピラの壁に憑く怨霊。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_1619623.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 同じく壁に憑く怨霊。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_16191970.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 この他にも無数に居る。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!




e0103408_162082.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 問題のハヨピラの写真。
 素人が鉄筋コンクリートで作ったため脆く非常に危険。
 地上からハヨピラ本体に繋がるコンクリート製階段の傾斜角はきつく転倒すれば彼の世逝き。
 ハヨピラ本体の中はスズメバチの巣だらけ。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

 







 紊れた人の五毒遏執により五悪趣(地獄・餓鬼・畜生・人間・天上の迷妄世界)の境が崩れ成仏した魍者も寇恝(憎しみ)に駈られ人間界へ出づる。
 居るべき枷寧より放たれた瞋蘊(怨む魂)は弑伐の赧熹(喜び)にて人の住む庵を食潰し、陽の射す霄を翳みで蔽う。
 術無き人は遏狂いて己の腸を咋うもの也。
 蜚び回る瞋蘊(怨む魂)は人凡て憑き殺しても其の旡蹙(恨み)晴れること無し。
 そして豸(ち)地嶽と果てたる。



 さて今回はハヨピラの話しである。
 場所は北海道沙流郡平取町の山の上。
 此のハヨピラが怨霊巣窟になる前は、1967年にUFO教団「CBA(COSMIC BROTHERHOOD ASSOCIATION=宇宙友好協会)」が建設したものである。
 癡かにもアイヌ人に文化を伝えたオキクルミカムイが「宇宙人とコンタクトしていたに違い無い」との考えにて素人達が鉄筋コンクリートで作ったものがハヨピラである。
 少々の智あらばアイヌ民族が縄文時代と呼ばれる刻の主であり、人間より高い知能を持った魍(もの)と親交があったなら「日本人と誇舞する朝鮮民族・中国四民族・モンゴル民族・原マレー民族の七民族」の侵略もされず高度な文明を築いていたことくらい解るはずである。
 詳しくは「シャイアンの戦い」を学ぶが宜しい。
 又、己等が蟻に自らの知識を与えることも無いことを客観視すれば、高い文明を築く異星の者が戦に明け暮れる者へ知識を与えるはずがなかろう。
 遏狂しておるから全く他の智を見ぬ。
 俗人は因縁に左右される五蘊(色(形)・受(情け)・想(思い)・行(行い)・識(考え))にて生きておるため真理を得ることが出来ず、己の妄念にて出鱈目を旁る不昧であることが窺える。
 故にハヨピラには数十年経っても一度もUFOが着陸した事実は無く、今や立派な怨霊の巣窟になっている。





 バカは死んでもバカ。




by 殊慧(しゅすい)


 
[PR]
by shino11yoshi | 2011-02-07 16:08 | △名指しシリーズで晒し首ポン
 
e0103408_23561344.jpg
 
    ↑↑↑↑↑↑
 来る者を襲う怨霊。
 「靄だ」と安心すれば死。
 支笏湖の水面ギリギリを高速で移動しボートを5m跳ね上げる靄状怨霊と同じ。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_085517.jpg
   
    ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 建物の周りは毎日のように靄状怨霊に包まれている。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!






e0103408_092367.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 建物を包み込む怨霊。
 無数の怨霊が固まり一匹の怨霊に見せておる。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_093739.jpg

   ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 望遠撮影しないと命が幾つあっても足りない。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!


 

e0103408_01031.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 玄関付近と停められたまま朽ちる送迎バス。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
 










 癲劇記事で煽るマスコミに容易く誑かされた癡かな俗人は己の足許を見ない。
 他人の不幸を垂れ流すスピーカに齧り付き、昼間の譚の種とし遏狂を省みず飄々と暮す。
 故に昔から忌譚とされている豸(ち)の曰くを雍れ享楽の侭に生きるものである。
 彊々な旡蹙(恨み)と寇恝(憎しみ)に凝り膠った瞋蘊(怨む魂)を「出たら面白い」と嘲け嗤い多くが祟られ掵を落す。
 憑き殺された者を懇ろに弔うこともせず拍車を掛ける礫とし囃騒ぐ。
 其の刳り返しが俗人の依估する文明である。
 最後は己の死にて幕を閉じる。




 さて今回は宮城県で最兇の廃ホテルたちかわの話しである。
 場所は宮城県本吉郡南三陸町と気仙沼市の間の田束山。
 田束山は「霊峰」とされ頂上に羽黒山清水寺、中腹に田束山寂光寺、北嶺に幌羽山金峰寺など在り、其れ故に田束山経塚が出土。
 奥州藤原氏に由来する事で此の地が荒廃したことを欷いた満海上人は即身仏となるため入山。
 其のような場所にホテルを建てるという宮城県人の傲付くには飽きれる次第。
 アホカスクズは日本の何処にでも居るが「霊峰」の中にホテルを立てる莫伽はいまい。
 極論で言うなら青樹ヶ原の樹海の奥地にマクドナルドを開店させるようなもの。
 そのようなことで長く経営は続かず廃墟と化すが、今は道路が樹木も自然に生えたため埋没状態となりコンパスとテント持参しないと行けない状態である。
 地元でも忘れ去られ、お年寄りは忌み嫌い場所は教えない。
 まずアホカスクズ共心霊スポットマニアを襲うのは靄状の怨霊である。何も持たずに行けば「死」である。
 件のホテルの周りには数千万匹の怨霊が居り必ず祟られる。

 




 まぁ~死にたいヤツは行けば良い。

 




by 殊慧(しゅすい)
[PR]
by shino11yoshi | 2011-02-07 00:02 | △名指しシリーズで晒し首ポン