慧光童子と文殊菩薩、九頭龍の梵字の痣を持つ真言密教僧殊慧。徳を積むべく無料で退魔を行っておる。退魔希望者は非公開コメントにてアドレスと名前を書くべし。


by shino11yoshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

■若い頃に怨霊に憑かれたまま意を操られ人生の大半を過した依頼者■縁無き者は救わず【滅】四乃四四

 
e0103408_1482137.jpg
 
     ↑↑↑↑↑↑
 依頼者に憑いて居った縁者の元兇怨霊。
 親戚が口に出来無い病で死亡。
 精神的病での狂死。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人が無視した者が死亡しているためだ。
e0103408_213241.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 元兇怨霊に惹き寄せられたシャクレ女の怨霊。
 シャクレが酷く恨み言は何言ってるのか解らん。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人が無視した者が死亡しているためだ。

e0103408_214390.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 依頼者の写真。
 上記の怨霊以外に無数に怨霊が憑いておった。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人が無視した者が死亡しているためだ。




 因縁に左右される五蘊(色(形)・受(情け)・想(思い)・行(行い)・識(考え))持たず、六情(喜・怒・哀・楽・愛・悪)持たず、七情(怒・喜・思・憂・悲・恐・驚)持たずれば如何なる不昧にも屈せぬもの也。
 光と言う「縁」にて色(かたち)見え、無くなれば色(かたち)失せ、誰も其れ昼と夜と呼び恐れておらん。
 故に紕懼(恐れ)も無く、憊汨(悲しみ)も無く、瑕苦(痛み)も無い。
 万象の理(ことわり)荼阿赧(体)に剞めば嵒(やま)の如く動かず。
 真言宗総本山金剛峯寺が焔煆に燃えようと「寺」に真理の圜礙(こだわり)在らず膏を塗って更に燃やす。
 鄙懐に感けた仏法の堕ち簸れ微塵も無し。
 悉多(心)一切無く金剛不壊とすれば根本四苦「生」「老」「病」「死」の煩悩も消え失せる。
 金・権力・名声などと婬けたことに現を吐かす事無し。
 「救い」を冀めぬ衆生は「仏」に縁無きとし慈悲施すことも無し。
 因業輪廻にて産れた有情(生きとし生けるもの)全て「悟る」まで丐辣(苦しみ)続く掟め也。
 抛ることも救うことも慈。
 圓(生)陰(死)関わらず差別(しゃべつ)せず。
 圀(くに)を衞るなどの柵非ずんば仏は死なず。
 寺を護るために居ず。
 幾く万もの蛆集りな躯在れど鼻根無く臭うこと無し。
 救いを冀めねば慈悲施すこと無し。
 此れ真言宗の基礎である。



 さて今回は怨霊に憑かれたまま気付かずにいた方の話しである。
 怨霊は十人十色のように祟りや障りが様々。
 取り憑き即死させる死魔や其れに準じる怨霊も居れば、事故や急病を起し嘲け嗤うだけの怨霊も居、そして憑きっ放しで人生を獰い方へ進ませる怨霊等々居る。
 横死(不意の死)の場合は苦は少ないが、取り憑いた侭人生を猖わせられれば苦の連続である。
 今回は今までと違い後者。
 引き戻せない齢になり孤独にさせるという五蓋の掉悔蓋[心躍らせ、後悔させる]と同じだ。
 其の元兇怨霊が縁者の瞋蘊(怨む魂)。
 故に生前に犯した罪を破地獄曼荼羅にて僧侶が被り綺麗な状態で送る葬式が望ましいのだ。
 因みに俗人の8割方は怨霊に憑かれた人生を送っておる。




 怨霊に憑かれ意を操られて人生を送る者多い。





by 殊慧(しゅすい)
[PR]
by shino11yoshi | 2011-07-08 01:52 | ▼怨霊写真満載で且つ密教講座