慧光童子と文殊菩薩、九頭龍の梵字の痣を持つ真言密教僧殊慧。徳を積むべく無料で退魔を行っておる。退魔希望者は非公開コメントにてアドレスと名前を書くべし。


by shino11yoshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

■東日本大震災が微弱に思える此れから起る世界大天災!真言密教僧殊慧の金剛杭内だけ生存■滅】四乃四四

 
e0103408_16315313.jpg
 
e0103408_16321190.jpg

e0103408_16323936.jpg

e0103408_16325535.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 ある地区の東西南北に打たれた真言密教僧殊慧の一刀彫りの金剛杭
 特殊な真言を同時に三つ唱えて彫らなければ効果は無い。
 真言密教僧殊慧の金剛杭の作り方を真言宗総本山金剛峯寺に教える義無いため作れない。
 用途によって剞まれる璽が違う。
 日本で作れる者は仏の痣を体に授かった半佛人(半分人で半分仏)32名のみ。世界では1463人しかいない。
文殊菩薩と慧光童子・九頭龍の梵字の痣を体に授かった真言密教僧殊慧は縁無き者は救わない。




 因縁に左右される五蘊(色(形)・受(情け)・想(思い)・行(行い)・識(考え))持たず、六情(喜・怒・哀・楽・愛・悪)持たず、七情(怒・喜・思・憂・悲・恐・驚)持たずれば如何なる不昧にも屈せぬもの也。
 光と言う「縁」にて色(かたち)見え、無くなれば色(かたち)失せ、誰も其れ昼と夜と呼び恐れておらん。
 故に紕懼(恐れ)も無く、憊汨(悲しみ)も無く、瑕苦(痛み)も無い。
 万象の理(ことわり)荼阿赧(体)に剞めば嵒(やま)の如く動かず。
 真言宗総本山金剛峯寺が焔煆に燃えようと「寺」に真理の圜礙(こだわり)在らず膏を塗って更に燃やす。
 鄙懐に感けた仏法の堕ち簸れ微塵も無し。
 悉多(心)一切無く金剛不壊とすれば根本四苦「生」「老」「病」「死」の煩悩も消え失せる。
 金・権力・名声などと婬けたことに現を吐かす事無し。
 「救い」を冀めぬ衆生は「仏」に縁無きとし慈悲施すことも無し。
 因業輪廻にて産れた有情(生きとし生けるもの)全て「悟る」まで丐辣(苦しみ)続く掟め也。
 抛ることも救うことも慈。
 圓(生)陰(死)関わらず差別(しゃべつ)せず。
 圀(くに)を衞るなどの柵非ずんば仏は死なず。
 寺を護るために居ず。
 幾く万もの蛆集りな躯在れど鼻根無く臭うこと無し。
 救いを冀めねば慈悲施すこと無し。
 此れ真言宗の基礎である。



 さて今回は結界を張る真言密教僧殊慧が特殊な真言を同時に三つ唱えながら一刀彫りした金剛杭の話しである。
 金剛杭は東西南北に打ち込むことで距離は関係無く所有禍や天災から最小限度の被害にするものである。
 此の事は2011年3月11日(金)に発生した東北地方太平洋沖地震の直撃を受けても600世帯全てが存命していることで解る。
 真言密教僧殊慧が一刀彫りする金剛杭は真言宗総本山金剛峯寺も知らぬものであり、其の用途によって金剛杭に刻む璽が変わる。
 まず同時に3っつの真言を唱えられる者は日本であれば仏の梵字の痣を授かった半佛人(半分人で半分仏)32名だけ。
 故に真似しても其の効果は無い。
 金剛杭を打っていない地域は此れから訪れる世界を襲う大天災によって滅ぶ。
 既に人の本性たる羅我により食糧争奪が行われ多くの者が死に絶えている地獄。人が人を咋う有様を「天上界だ!」と言うものは居まい。
 更なる食糧危機により地獄に流される者全て魔障。
 魔障は一人残らず滅す。

 




   
 死ぬ者は死ぬ。
 只それだけのこと。







by 殊慧(しゅすい)












 
[PR]
by shino11yoshi | 2011-07-05 16:49 | ▼怨霊写真満載で且つ密教講座