慧光童子と文殊菩薩、九頭龍の梵字の痣を持つ真言密教僧殊慧。徳を積むべく無料で退魔を行っておる。退魔希望者は非公開コメントにてアドレスと名前を書くべし。


by shino11yoshi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

■一家死別の家!真言密教僧殊慧の結界内で禍撒く者は汚物にて粉砕■破【浄化】四乃四四

 
e0103408_2081530.jpg
 
   ↑↑↑↑↑↑
 車庫の下から辺りを窺う一家死別をさせた女の怨霊。
 真言密教僧殊慧の結界の中の汚物は粉砕。
 此処の者が全て死に絶えても真言密教僧殊慧に関係は無い
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人が無視した者が死亡しているためだ。

e0103408_20222525.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 真言密教僧殊慧の家に来た者であれば、此の家を見ている。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人が無視した者が死亡しているためだ。






 因縁に左右される五蘊(色(形)・受(情け)・想(思い)・行(行い)・識(考え))持たず、六情(喜・怒・哀・楽・愛・悪)持たず、七情(怒・喜・思・憂・悲・恐・驚)持たずれば如何なる不昧にも屈せぬもの也。
 光と言う「縁」にて色(かたち)見え、無くなれば色(かたち)失せ、誰も其れ昼と夜と呼び恐れておらん。
 故に紕懼(恐れ)も無く、憊汨(悲しみ)も無く、瑕苦(痛み)も無い。
 万象の理(ことわり)荼阿赧(体)に剞めば嵒(やま)の如く動かず。
 真言宗総本山金剛峯寺が焔煆に燃えようと「寺」に真理の圜礙(こだわり)在らず膏を塗って更に燃やす。
 鄙懐に感けた仏法の堕ち簸れ微塵も無し。
 悉多(心)一切無く金剛不壊とすれば根本四苦「生」「老」「病」「死」の煩悩も消え失せる。
 金・権力・名声などと婬けたことに現を吐かす事無し。
 「救い」を冀めぬ衆生は「仏」に縁無きとし慈悲施すことも無し。
 因業輪廻にて産れた有情(生きとし生けるもの)全て「悟る」まで丐辣(苦しみ)続く掟め也。
 抛ることも救うことも慈。
 圓(生)陰(死)関わらず差別(しゃべつ)せず。
 圀(くに)を衞るなどの柵非ずんば仏は死なず。
 寺を護るために居ず。
 幾く万もの蛆集りな躯在れど鼻根無く臭うこと無し。
 救いを冀めねば慈悲施すこと無し。
 此れ真言宗の基礎である。



 さて今回は「一家死別の家」の話しである。
 場所は真言密教僧殊慧の住む家の近く。
 此処の禍の始まりは母親の自死(自殺)から始まった。
 糖尿病疾患でありながらご飯の上に黒砂糖を掛けて食う奇行に赱り、数ヵ月後に自宅の車庫で首吊り。
 そして娘が失恋と母親の自死(自殺)に鬱状態に陥り精神病院に入院していたが2年後に退院し、誰彼構わず「彼女がいるんでしょ?」と虚ろな目をして聞く奇行を行い、自宅から到底歩いて行けない山の中の鉄橋から飛び降り。
 警察に捜索願いを出したが家から現場までどうやって行ったのか解らずに6ヶ月。
 川の増水で土手が崩れた際に工事をしていた方が白骨死体を発見。
 歯形の照合から失踪していた娘さんと警察は断定し殺人事件も視野に入れて捜査するも先に述べたように「どうやって行ったのか?」が解らず突発的な自死(自殺)として処理。
 高さ30m程の鉄橋から落下して首の骨が折れていたものの他の骨に損傷は無かったために殺人事件も視野に入れた次第。
 それから13年経ち長男が韓国で勿き成りの心臓発作にて死亡。
 今は90歳になる龕箱に片足突っ込んだ父親だけとなり、死ねば一族が絶えるのである。
 そろそろ死ぬので更地になる。
 獄は消えるべし。

 さてさて母親の奇行の原因は長男にあり、塾の講師していたものの通う幼女に性的悪戯をし、其の後に家庭教師をしたのだが其処でも幼女に性的悪戯をして警察沙汰にならぬように慰謝料にて示談。
 大学生の時には優しく接してくれた女性を彼女と思い込み、今で言うストーカー行為を刳り返して其の女性の彼氏に咎められたことを理解出来ずに半殺しの目に合わせて逮捕。
 然し、一時的心身喪失として無罪となる。
 其の後は駅で自分の好みを女性を付回して強姦未遂を何度も行う。
 普通であれば精神病院に叩き込むのが親であるが、「此の子は天才」と両親が甚だ勘違いをし長男の起す事件を金で解決。
 其の回数は尋常では無く、母親の心労も限界にきて自死(自殺)。
 此の禍の原因は父親の女癖の悪さが生んだもの。
 結局は禍根である父親は親戚から疎まれ、近所からも疎まれ、孤独の中に死ぬのである。






 退魔依頼は無いものの真言密教僧殊慧の結界内の汚物は排除せねばならんので粉砕。





by 殊慧(しゅすい)
[PR]
by shino11yoshi | 2011-07-02 20:13 | ▼怨霊写真満載で且つ密教講座