慧光童子と文殊菩薩、九頭龍の梵字の痣を持つ真言密教僧殊慧。徳を積むべく無料で退魔を行っておる。退魔希望者は非公開コメントにてアドレスと名前を書くべし。


by shino11yoshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

■名指し) 封印を半分解いた悪狐が禍を撒いて近くで首吊り多発!静岡の大淵小僧の真実■楽【滅】四乃四四

 
e0103408_23444931.jpg
 
   ↑↑↑↑↑↑
 大淵小僧のお堂の中に浮ぶ青年の怨霊。
 此の付近で首吊り。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人が無視した者が死亡しているためだ。

e0103408_074467.jpg

   ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人が無視した者が死亡しているためだ。




e0103408_07576.jpg

   ↑↑↑↑↑↑
 お堂の前に礎石に浮ぶ自死(自殺)者の怨霊。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人が無視した者が死亡しているためだ。

e0103408_08594.jpg
  
   ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人が無視した者が死亡しているためだ。





e0103408_082590.jpg

   ↑↑↑↑↑↑
 悪狐を封じた石柱に浮ぶ悪狐。
 未だに禍を撒き近くでは自死(自殺)が絶えない。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人が無視した者が死亡しているためだ。

e0103408_083312.jpg

   ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 大淵小僧のお堂はガキが悪戯しないようにした囮。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人が無視した者が死亡しているためだ。






 癲劇記事で煽るマスコミに容易く誑かされた癡かな俗人は己の足許を見ない。
 他人の不幸を垂れ流すスピーカに齧り付き、昼間の譚の種とし遏狂を省みず飄々と暮す。
 故に昔から忌譚とされている豸(ち)の曰くを雍れ享楽の侭に生きるものである。
 彊々な旡蹙(恨み)と寇恝(憎しみ)に凝り膠った瞋蘊(怨む魂)を「出たら面白い」と嘲け嗤い多くが祟られ掵を落す。
 憑き殺された者を懇ろに弔うこともせず拍車を掛ける礫とし囃騒ぐ。
 其の刳り返しが俗人の依估する文明である。
 最後は己の死にて幕を閉じる。


 さて今回は封印されていずに暴れ回る悪狐の塚「大淵小僧」の話しである。
 場所は静岡県富士市大渕。
 此処は悪狐を封じた場所であるが余りにも禍を撒くために堂が建てられたものの未だに人死が絶えない。
 民間伝承と違うのはガキが悪さをして封印を解いて町を壊滅させぬように最初のお堂は囮。
 半分解かれた悪狐封じは同じ封印では効かず、其の癰蘊(穢れた魂)を切り剞みて火焔にて燃やすしか無いのである。
 今は此の道は使われておらんため死ぬ者は年間10名にも満たないが、その分アホカスクズ共心霊スポットマニアが挙って行くため餌には困らないようである。
 餌が無くなれば人里に降りて赤子を咋い、毒を吐き続けて静岡県は人の住む場所では無くなる。
 故に退魔専門の真言密教僧殊慧が一撃にて悪狐含めた瞋蘊(怨む魂)を粉砕。
 此の程度の魍(もの)に梃子摺るとは僧の質も落ちたものよのぉ~。
 だから高が地震すら止められ無い。
 人死にの山。





 退魔依頼を受ければ真言密教僧殊慧は赤子の怨霊ですら一匹残らず情け容赦無く手足を引き千切り口に三鈷剣を突き刺して瞋蘊(怨む魂)ごと粉砕。

 真言密教僧殊慧の強さの秘訣は因縁に左右される五蘊(色(形)・受(情け)・想(思い)・行(行い)・識(考え))持たず、六情(喜・怒・哀・楽・愛・悪)持たず、七情(怒・喜・思・憂・悲・恐・驚)持たぬためである。
 地球すら楽に一撃にて粉砕出来る。





by 殊慧(しゅすい)
[PR]
by shino11yoshi | 2011-06-30 23:56 | △名指しシリーズで晒し首ポン