慧光童子と文殊菩薩、九頭龍の梵字の痣を持つ真言密教僧殊慧。徳を積むべく無料で退魔を行っておる。退魔希望者は非公開コメントにてアドレスと名前を書くべし。


by shino11yoshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

■名指し)朝日新聞の料理写真に怨霊が写った事件!首を切られた女の腐乱中死体怨霊■破】四乃四四

 
e0103408_1612585.jpg
 
    ↑↑↑↑↑↑
 首を切られ弑された女の怨霊。
 死斑から腐敗が始まっている。
 此のような怨霊が写りながら料理写真として使う朝日新聞は頭が悪い。
 此の怨霊の女性の名前と埋められている場所は真言密教僧殊慧に解っておる
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人が無視した者が死亡しているためだ。

e0103408_163684.jpg
  
   ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 何れほど祟りを受けた者がいるか見当も付かん
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人が無視した者が死亡しているためだ。







 因縁に左右される五蘊(色(形)・受(情け)・想(思い)・行(行い)・識(考え))持たず、六情(喜・怒・哀・楽・愛・悪)持たず、七情(怒・喜・思・憂・悲・恐・驚)持たずれば如何なる不昧にも屈せぬもの也。
 光と言う「縁」にて色(かたち)見え、無くなれば色(かたち)失せ、誰も其れ昼と夜と呼び恐れておらん。
 故に紕懼(恐れ)も無く、憊汨(悲しみ)も無く、瑕苦(痛み)も無い。
 万象の理(ことわり)荼阿赧(体)に剞めば嵒(やま)の如く動かず。
 真言宗総本山金剛峯寺が焔煆に燃えようと「寺」に真理の圜礙(こだわり)在らず膏を塗って更に燃やす。
 鄙懐に感けた仏法の堕ち簸れ微塵も無し。
 悉多(心)一切無く金剛不壊とすれば根本四苦「生」「老」「病」「死」の煩悩も消え失せる。
 金・権力・名声などと婬けたことに現を吐かす事無し。
 「救い」を冀めぬ衆生は「仏」に縁無きとし慈悲施すことも無し。
 因業輪廻にて産れた有情(生きとし生けるもの)全て「悟る」まで丐辣(苦しみ)続く掟め也。
 抛ることも救うことも慈。
 圓(生)陰(死)関わらず差別(しゃべつ)せず。
 圀(くに)を衞るなどの柵非ずんば仏は死なず。
 寺を護るために居ず。
 幾く万もの蛆集りな躯在れど鼻根無く臭うこと無し。
 救いを冀めねば慈悲施すこと無し。
 此れ真言宗の基礎である。


 さて今回は朝日新聞の料理写真に怨霊が写った話しである。
 俗人の諸説は様々あるものの一番多かったのは「絵」。
 然し乍がら腐乱死体の絵を料理写真に掲載することなど常識的に有り得ないことを第一に考えぬ俗人とは真に無癡。
 態々此の日の料理写真で緻密な絵を描く予算が何処から出るのかすらも考えない。
 己の悉多(心)の孱さ故に「怨霊などいない」と俗人は癡かにも常識有耶無耶にさせて巾子付けしまうのである。
 そして待っているのは己が祟られ死ぬこと。
 以前に長崎原爆追悼式でロックバンドが演奏中に怨霊が相(すがた)を現し、日本中に放映された事件もあったが、其の後、ロックコンサートは中止になった。
 墓地の中で大音響を出してコンサートを開くアホは居まい。
 其れを許可し「アピールに繋げる」ことしか念頭に無かった長崎県庁も相当脳無しである。
 長崎は莫伽しか居らんのか?
 此のままの状態でおれば必ず此の彊々な寇恝(憎しみ)を持つ瞋蘊(怨む魂)は様々な場所で禍を齎す。
 怨霊が堂々と其の相(すがた)を見せることは多くの人に祟りを成す為である。
 其れほど厄介と言うことだ。




 
 周りでバタバタ人が死んでも「偶然」と安易に考える俗人。
 アホか!





by 殊慧(しゅすい)
[PR]
by shino11yoshi | 2011-06-12 16:27 | △名指しシリーズで晒し首ポン