慧光童子と文殊菩薩、九頭龍の梵字の痣を持つ真言密教僧殊慧。徳を積むべく無料で退魔を行っておる。退魔希望者は非公開コメントにてアドレスと名前を書くべし。


by shino11yoshi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

■「災い」の字に「火」が入っていることで魔障にとっては格好の器(もの)■火災激増【蔡】四乃四四

 
e0103408_1561343.jpg
 
    ↑↑↑↑↑↑
 炎に包まれた家の中で笑う女の怨霊。
 右横に巨大な怨霊の顔がある。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人が無視した者が死亡しているためだ
e0103408_1515158.jpg

   ↑↑↑↑↑↑
 火事を起した女の怨霊。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人が無視した者が死亡しているためだ
e0103408_1515911.jpg

   ↑↑↑↑↑↑
 火事を起した男の怨霊。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人が無視した者が死亡しているためだ
e0103408_15151866.jpg

   ↑↑↑↑↑↑
 炎に包まれた家の中にいる子の怨霊の群。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人が無視した者が死亡しているためだ

e0103408_15152916.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人が無視した者が死亡しているためだ






 逍に邨が出来、軈て圀(くに)となりて器(もの)が増える也。
 圀(くに)になりたるは衆生の搓褜(驕り)にて衆生を竸堕させ躯に堕ち簸れる。
 器(もの)を旁る火は、衆生の業なる羅我(心の清浄を悪へと駆り立てる)にて戦の具とす。
 思已業(分ける弱心)にて善悪に隔て、己の五毒の名声と競争が善悪と気付かず。
 此れ陰魔(色・受・想・行・識の五蘊の瞋恚(いかり)から出づる)と言う。
 そして衆生全て火に呑込まれ煤と果てたる。



 さて今回は怨霊激増による昨今増えるであろう火災の話しである。
 三密(身密・口密・意密) なければ火は人にとって禍でしかないことを何度も真言密教僧殊慧は言った。
 火もまた『即(そく)=繋ぐ素』、『瑪(ま)=動く素』、『和(わ)=止る素』の三素から旁られる魍(もの)であり仏を宿さなければ兇贋でしか無い。
 故に火が灯るところに必ず闕蘊(彷う魂)や瞋蘊(怨む魂)が居るのである。
 そして人は火を生み出す器(もの)を家中に這わせ常に魔障から狙われた獲物。
 「災い」と言う字に「火」が入っていることからも窺える。
 撚って火災に見舞われないよう結界や御札が必要である。






 今日も何処かで人間バーベキュー!






by 殊慧(しゅすい)




 
[PR]
by shino11yoshi | 2011-06-12 15:10 | ▼怨霊写真満載で且つ密教講座