慧光童子と文殊菩薩、九頭龍の梵字の痣を持つ真言密教僧殊慧。徳を積むべく無料で退魔を行っておる。退魔希望者は非公開コメントにてアドレスと名前を書くべし。


by shino11yoshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

■如何なる聖人であろうとも命を持った以上魍(もの)である!物に憑き人を狂わす~呪いの絵■破】四乃四四

 
e0103408_19154598.jpg
 
    ↑↑↑↑↑↑
 絵から撮影者を睨む怨霊。
 此の絵を描いた作者である。
 複製品であろうとも同じ色(かたち)で相(かたち)なれば幾らでも魍(もの)は憑く
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人が無視した者が死亡しているためだ。

e0103408_1928162.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 問題の絵。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人が無視した者が死亡しているためだ。


e0103408_19282947.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 此れが実際の写真の明るさである。
 昼間でもあるのに絵の周りは真っ暗。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人が無視した者が死亡しているためだ。






 万物生まれ生まれ生まれ生まれて世の始まり冥渠く。
 三界(欲界・色界・無色界)の狂人遏狂わすこと識らず。
 四世(無常・苦・無我・不浄の此世を常・楽・我・浄と見誤る)の盲人盲廢なるを識らず。   
 五蘊(色(形)・受(情け)・想(思い)・行(行い)・識(考え))の俗人六根(眼根・耳根・鼻根・舌根・身根・意 根)惑かしを識らず。
 六情(喜・怒・哀・楽・愛・悪)の享人真を悟らず。       
 七情(怒・喜・思・憂・悲・恐・驚)の耽人癡かに気付かず。
 八苦を識らずんば根本四苦「生・老・病・死」の煩悩付き圜わり愛別離苦、怨憎会苦(おんぞうえく)、求不得苦(ぐふとっく)、五蘊盛苦に丐辣(苦しみ)て悩人孟らを覗かず。
 蒙昧に筆認め書く辯に意無し。
 万物死に死に死に死んで死の終わりに冥し。



 さて今回は絵に憑いて家を潰す怨霊の話しである。
 能く「〇〇億円で〇〇の絵が落札」と新聞を賑わせていたものであるが、器(もの)である以上其れを描いた者の魍(もの)が取り憑き人生を猖わせることを俗人は知らない。
 其れが空海であろうが、イエスであろうが、日蓮であろうが人間である限り真の「悟り」を得ずして魍(もの)と成る。
 魍(もの)は氣より細かく如何なる隙間をも潜り、汞より氾がりて全てを蔽う。
 其のような魍(もの)は書や絵に多く憑き、現代では本や家電製品に多く憑く。
 故に人は戦を好み、金を好み、女を好み、己の六煩悩(驕暴・慢心・邪心・貪欲・無癡・欺瞞)に気付かず、五毒(性欲・物欲・名声欲・自尊心・競争心)を貪り尽くし人の掵を「正義」と称して大量に奪う。
 光を言う縁を失い色(かたち)が闇になれば無限に大きくなり羅我(心の清浄を悪へと駆り立てる)にて人を狂わす。
 逝き付く先に躯が無い場所は無い。
 此の世は地獄である。
 紛れも無く地獄である。





 お脳が足りぬ人間は己が地獄に居ることすら知らん。





by 殊慧(しゅすい)
[PR]
by shino11yoshi | 2011-06-11 19:22 | ◎アホの為名指ししないシリーズ