慧光童子と文殊菩薩、九頭龍の梵字の痣を持つ真言密教僧殊慧。徳を積むべく無料で退魔を行っておる。退魔希望者は非公開コメントにてアドレスと名前を書くべし。


by shino11yoshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

■名指ししないシリーズ)毎日がロシアンルーレット!あるものから禍を知り回避可!穴■破【吽】四乃四四

 
e0103408_19284063.jpg
 
    ↑↑↑↑↑↑
 穴に憑く陵辱後に殺害された叫ぶ女の怨霊。
 此の近くに埋められている。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人が無視した者が死亡しているためだ。
e0103408_19385970.jpg

   ↑↑↑↑↑↑
 同じく殺害された女の怨霊。
 此れもまた近くに埋められている。
 撲殺。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人が無視した者が死亡しているためだ。
e0103408_19391632.jpg

   ↑↑↑↑↑↑
 近くの木で首を吊った男の怨霊。
 女の怨霊に惹き込まれてしまい墓はあっても瞋蘊(怨む魂)は此処に釘付け。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人が無視した者が死亡しているためだ。

e0103408_19392657.jpg
  
   ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人が無視した者が死亡しているためだ。




 今までご丁寧に退魔専門の真言密教僧殊慧が場所や巣食っておる彊々な旡蹙(恨み)と寇恝(憎しみ)を滾らす瞋蘊(怨む魂)を紹介したが、今度は逆に「怨霊側の立場」にならにゃーならん。
 此の豸(ち)は人のみに在らずなのでな。
 差別(しゃべつ)相を寰くこと即ち傲慢。
 さぁ~オートマチック拳銃でのロシアンルーレットだ!
 瑣末な情報のみは慈悲にて教えてやろう。
 此処に足を踏み入れれば確実「死」。
 莫然乍がらも直ぐ目の前に在るやもしれん。
 「弾が入って無い」じゃなく「不発弾があるか?ないか?」と言う毎日が死に直面するゲーム。
 其処を目指して駈けずり回る『死』を物疾しない兵(つわもの)はいるかね?


 さて今回は久々に■名指ししないシリーズ)である。
 場所は「知っている者」以外教え無い。
 見ての通りの人工的穴であるが死体が埋められておるため彊々な寇恝(憎しみ)と旡蹙(恨み)に凝り膠った瞋蘊(怨む魂)が祟りを成す。
 どうやら此処で女性が陵辱されて殺害。
 普段は人が来ないため「運んで別な場所に埋める」より手近な此処に埋めたと考えるべき。
 陵辱されて殺された女性は既に仏の言葉も聞けぬ八難の畜生になりて喚き散らすだけで諌めること出来ず一撃粉砕するしか無かった次第。
 このように殺害された者が埋められている人工的な穴や自然の穴は無数にあり、全てが怨霊の巣窟となっている。

 




e0103408_19395440.jpg

   ↑↑↑↑↑↑
 大きな地震が起るときには夜中の空が血のような赤色に染まることがある。
 此れだけでは「何かが起る」と言う漠然なものでしかない。
 修行を積めば「どこでどの程度の地震がくるか」等を楽に知ることが出来る。



 さて巨大地震が起る前には必ずあるものに変化がある。
 其れを知るには少しばかり厳しい修行が必要。
 最低一回は命を落すだろうが。
 瑣末な禍ですら其の修行を積めば正確な位置も特定出来る。
 十地 法雲地(世に法雨を降らす)を1日数十万打っ放せる真言密教僧殊慧のように地球其の物を体に入れることは無理であろうが、その方法を身に付ければ如何なる禍も回避出来るであろう。
 殆んどの方は其れに気付かない。
 目の前にあっても気付かない。
 誠に癡かなことである。






 「簡単に出来る」ものなど役に立たない。
 アホンダラが書く本を読むとかね。






by 殊慧(しゅすい)



 
[PR]
by shino11yoshi | 2011-06-02 19:34 | ◎アホの為名指ししないシリーズ