慧光童子と文殊菩薩、九頭龍の梵字の痣を持つ真言密教僧殊慧。徳を積むべく無料で退魔を行っておる。退魔希望者は非公開コメントにてアドレスと名前を書くべし。


by shino11yoshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

■名指し)WHO(世界保健機構)の組織IARCが「携帯電話使用で脳腫瘍を起す」と発表!首塚■毒【業】四乃四四

 
e0103408_15183416.jpg
 
e0103408_15292423.jpg

     ↑↑↑↑↑↑
 首塚大明神の鳥居横に積まれた石に憑いている怨霊の群。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人が無視した者が死亡しているためだ。

e0103408_1530639.jpg
   
    ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人が無視した者が死亡しているためだ。




  
e0103408_15302386.jpg

   ↑↑↑↑↑↑
 同じく鳥居の横の石に憑いている怨霊の群。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人が無視した者が死亡しているためだ。

e0103408_15303126.jpg

   ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。異蘊(魂)を滅しているが残った恨みが留まっておるのでコピー厳禁。残った旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)を鎮めるのは其処等の僧侶の役目であるため退魔専門の真言密教僧殊慧はしない。既に10万人が無視した者が死亡しているためだ。








 衆生の旁りし法は仏法を躙りし、衆生の旁りし器(もの)は凡そ兇矛と匳り、其れ翳して衆生は搓褜(驕り)して自らの仏心を弑すもの也。
 臠(にく)の固蔓り付いた鐵を駈り、血腥い槃特を嗜み、己の清浄を羝羊住心(禽獣の如き心)に換え饕り饕り。
 衆生は癡かな知識にて藉口を嚶び、其の嬌声たるや有情(生きとし生けるもの)総てを拒みて靉宙を黷れさす。
 冀めるものは金。
 充たすものは欲。
 纛の権力に獅噛み付き、裘に名声を貼り付けて逍を雍ぐ。
 撚って衆生の生む器(もの)全てが己を亡ぼす鉾鋒である。


 さて今回は首塚大明神の話しである。
 場所は京都府京都市右京区大枝山。
 此処は平安時代に源頼光等によって征伐された酒呑童子の首が埋められた場所として有名であるが、真言密教僧殊慧が何度も言うておるように鬼と呼ぶ魍(もの)では無く、鬼と貶められた蝦夷(日本先住民族であるアイヌ人)である。
 其れが大量に埋まっているのが大枝山。
 祟りが頻々に起ったため首塚大明神を建てて数百人もの蝦夷の瞋蘊(怨む魂)を鎮めた次第。
 然し、高が神主のお祓いで祟りが収まる事無く、大枝山の周りは廃墟だらけ。
 そして今でも祟りは続いている。











e0103408_15304720.jpg
 
   ↑↑↑↑↑↑
 パソコンの正面からは日本の電磁波基準値内の電磁波。
 真言密教僧殊慧は形態電話を持っていないので日本製のパソコンで電磁波測定。

e0103408_153057100.jpg

   ↑↑↑↑↑↑
 横を測定すると針が振り切れるほどの電磁波が出ている。
 此れは日本製の家電や輸入されている家電製品全てが此のような状態である。



 
 さてさてタイトルで挙げた携帯電話の電磁波は2011年5月31日にWHO(世界保健機構)の組織IARC(国際ガン研究機関)が「携帯電話の頻繁な利用によって特定の脳腫瘍が引き起こされるリスクが高まる恐れがある」と発表した。
 真言密教僧殊慧は前々から言うておるが携帯電話の波長は旧ソ連が作った電磁波兵器と同じであり、初期携帯電話のモトローラー社通話チェック員全てが耳に重度の腫瘍が出来たほど危険。
 携帯電話を使用すれば一秒間に脳味噌を8億回震動させるため、何の障害も出ないことなど有り得ない。
 現在の携帯電話は多くの付加価値を付けており「携帯電話無しでは生きていけない」と言う携帯が体の一部として使われている方には厳しい選択を強いられる。
 ① 携帯電話を使い続け脳腫瘍によって横死(不意の死)。
 ② 携帯電話を放棄して脳腫瘍を防ぐ。

 然し乍がら携帯電話を捨てても携帯電話中継基地や至る所に建てられた携帯電話用巨大鉄塔からの電磁波が脳を直撃するため、電磁波シールドを窓に貼らなければならない。
 知人の多くは携帯電話用巨大鉄塔が出来てから「近くでパニック障害や鬱病患者が増えた」と言っている。
 日本の交差点では車のエンジンすら止める電磁波を出している場所多数。
 車のエンジンを止めるほどであるから、数μVの僅かな電気により脳内伝達をしている人間に多大な被害を及ぼしていることは言うまでも無い。
 文明は此のように害を成すものでしかないである。






 此の世に「安全な物」など一つもないと知れ!








by 殊慧(しゅすい)


 
[PR]
by shino11yoshi | 2011-06-02 15:25 | △名指しシリーズで晒し首ポン