慧光童子と文殊菩薩、九頭龍の梵字の痣を持つ真言密教僧殊慧。徳を積むべく無料で退魔を行っておる。退魔希望者は非公開コメントにてアドレスと名前を書くべし。


by shino11yoshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

■名指し)住吉大社内の老年星社で怨霊に取り憑かれる瞬間の少女!依頼範疇外■金剛不壊【堅】四乃四四

 
e0103408_15463931.jpg
 
    ↑↑↑↑↑↑
 少女に取り憑く瞬間の女と少年の怨霊。
 腕を伸ばしておるため既に少女の悉多(心)を掴んでおる。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_162940.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 少女を物陰から見詰める男の怨霊。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_1622292.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 撮影者を睨んでおるようで実は少女を見る女の怨霊。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_1623557.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!












 三四四年前、徳川家康が江戸に幕府を開いてから五十八年……等と下らん講釈が入る寺、神社、教会の全てが贋物である。
 神仏の力が無いため開宗時期や政党やら学校を作り、また金さえ積めばカスでも成れる名誉博士を冀める。
 歴史が在っても、お脳が無い。
 金や狂人信者の獲得を競い合い中身など塵同然。
 そして徳も無いから怨霊が巣食う。
 金・権力・名声に圜礙(こだわり)て怨霊の相(かたち)も解らず、役にも立たない呻きに近い経や祝詞を上げ確りと帑に小銭と怨霊を溜め込むばかり。
 故に観光名所と言う神仏を侮蔑する『名』しか無い。
 能無しだから数千万匹の怨霊が取り憑いた器(もの)を祓うこと出来ず。



 さて今回は住吉大社内にある老年星(おいとぼし)社で少女が怨霊に取り憑かれる瞬間の話しである。
 場所は以前に紹介したので割愛する。
 此の少女が触れている物はオモカル石と言い「軽く感じれば可、重く感じれば否」と謂れがある。
 然し乍がら石自体に何の禊めの効果は無い。
 故に怨霊が巣食えば只の祟り器(もの)。
 乞食行を貫く退魔専門の真言密教僧殊慧に全国・世界から退魔依頼中継者を通してくる完全無料退魔が多いため依頼者個人の命に関わる退魔は先に行ない建物の退魔依頼は写真の数が多いので早くて1週間、遅くて1ヶ月以上掛かる。
 そのため住吉神社の退魔の枠で真言密教僧殊慧が扱うため此処に写っている少女若しくは親からの退魔依頼で非ず命が失われても呵責は無い。
 名も知らぬ者は其処等に転がる石と同じだからだ。
 石に慈をして一面に広がる道を通らぬ莫伽は居まい。
 因縁に左右される五蘊(色(形)・受(情け)・想(思い)・行(行い)・識(考え))持たず、六情(喜・怒・哀・楽・愛・悪)持たず、七情(怒・喜・思・憂・悲・恐・驚)持たぬ真言密教僧殊慧は金剛不壊にて何事にも動じない。
 住吉大社の怨霊を全て滅したことで此れ以上の被害者は出ない。




 
 最近は「御札さえ貰えれば良い」と考える退魔依頼者がおるが己を正さない限り仏の慈悲は減少すると知れ。
 己等の犯した十悪(意業[三毒(貧・瞋・痴]、口業[綺語・両舌・悪口・妄語]、身業[殺生・偸盗・邪婬]や五毒(性欲・物欲・名声欲・自尊心・競争心)を真言密教僧殊慧が背負うが、其の後の罪は己等に降り掛かる。
 故に日々懺悔すべし。
 そして驚覚(仏心を呼び覚ます)にて縁ある器(もの)を救い徳を積むべし。
 其れ金に非ず、行ないに非ず、言葉に非ず。







by 殊慧(しゅすい)
[PR]
by shino11yoshi | 2011-05-11 15:54 | △名指しシリーズで晒し首ポン