慧光童子と文殊菩薩、九頭龍の梵字の痣を持つ真言密教僧殊慧。徳を積むべく無料で退魔を行っておる。退魔希望者は非公開コメントにてアドレスと名前を書くべし。


by shino11yoshi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

■名指しシリーズ)此処の怨霊は霧状にて其の姿知る者今まで居ず~埼玉県の顔振峠■一撃粉砕【楽】四乃四四

 
e0103408_1519582.jpg
 
      ↑↑↑↑↑↑
 霧状の怨霊。
 其の本質は今まで高徳の僧侶すら掴めなかった。
 真に修行不足。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_1531539.jpg

     ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!







e0103408_15312355.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 同じく霧状の怨霊2匹。
 包まれれば怨霊の腸の中に居るのと同じで俗人には成す術は無い。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_15313810.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!







e0103408_15315478.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 同じく霧状の怨霊2匹。
 霧状であるから如何なる相(すがた)をも人に見せ誑かす。
 「動けぬ」ようにさせる役と「祟る」役に分かれて居る。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_15321173.jpg

     ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!





   
   
e0103408_1533299.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 同じく霧状の木に齧り付く怨霊。
 此の木には巨大な歯型が残されている。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_15341081.jpg

   ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!






e0103408_15342794.jpg

   ↑↑↑↑↑↑
 峠の入口で動かぬ此の山の元兇怨霊。
 其の面妖から如何に性質が悪いか解かると思う。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_15344059.jpg

   ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!















 癲劇記事で煽るマスコミに容易く誑かされた癡かな俗人は己の足許を見ない。
 他人の不幸を垂れ流すスピーカに齧り付き、昼間の譚の種とし遏狂を省みず飄々と暮す。
 故に昔から忌譚とされている豸(ち)の曰くを雍れ享楽の侭に生きるものである。
 彊々な旡蹙(恨み)と寇恝(憎しみ)に凝り膠った瞋蘊(怨む魂)を「出たら面白い」と嘲け嗤い多くが祟られ掵を落す。
 憑き殺された者を懇ろに弔うこともせず拍車を掛ける礫とし囃騒ぐ。
 其の刳り返しが俗人の依估する文明である。
 最後は己の死にて幕を閉じる。


 さて今回は顔振峠の話しである。
 場所は埼玉県飯能市と越生町にある峠。
 奥武蔵グリーンラインの中でも別格に眺望が愉しめ、天気が良い日は新宿が見える。
 さてさて此の顔振峠は「訪れる者の殆どが「振り返る」」ことから顔振りと名付けられた次第。
 此の峠の怨霊は霧状。
 キョロキョロ辺りを窺っても己の周り全て怨霊に包まれているのであるから見付けることなど無理。
 此れ六触身(眼触・耳触・鼻触・舌触・身触・意触)と呼ぶ外界との接触にて物を知る俗人には様々な相(かたち)や聲(おと)で謀られて其れを知るものの本質が解かる者は居ない。
 能く「狸に化かされた」と言うが、正に此の峠の怨霊は人を包み込んで虚像を見せる。
 然し怨霊であるから「障り」「祟り」を齎すのは当然。
 今まで抛っておいたのは高徳の僧侶ですら本質を見抜けなかったからである。





 己の欲で進み死ぬのは勝手。
 仏は欲にて死する者救わず。






by 殊慧(しゅすい)
[PR]
by shino11yoshi | 2011-04-30 15:24 | △名指しシリーズで晒し首ポン