慧光童子と文殊菩薩、九頭龍の梵字の痣を持つ真言密教僧殊慧。徳を積むべく無料で退魔を行っておる。退魔希望者は非公開コメントにてアドレスと名前を書くべし。


by shino11yoshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

■「繁栄は揺るがない」と言うは、休み無い地震で倒壊する事実を楽観!それ死を笑う魔と変わらん■四乃四四

 
e0103408_1431716.jpg
 
   ↑↑↑↑↑↑ 
 人を轢いた車の中から笑う子の怨霊。
 此の怨霊が運転手に事故を起こさせた。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_253110.jpg

   ↑↑↑↑↑↑
 死亡した女性の屍に憑き血を流して笑う女の怨霊。
 此の怨霊が女性に取り憑いていた。
 上の怨霊と互いに役割分担していることが解かる。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_254346.jpg

   ↑↑↑↑↑↑
 同じく死亡した女性に蘇生術を行なう隊員の隙間から覗く女児の怨霊。
 こちらも笑っておる。
 此の怨霊は上の女の怨霊と行動をともにしていた。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_264662.jpg

   ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!










 衆生の旁りし法は仏法を躙りし、衆生の旁りし器(もの)は凡そ兇矛と匳り、其れ翳して衆生は搓褜(驕り)して自らの仏心を弑すもの也。
 臠(にく)の固蔓り付いた鐵を駈り、血腥い槃特を嗜み、己の清浄を羝羊住心(禽獣の如き心)に換え饕り饕り。
 衆生は癡かな知識にて藉口を嚶び、其の嬌声たるや有情(生きとし生けるもの)総てを拒みて靉宙を黷れさす。
 冀めるものは金。
 充たすものは欲。
 纛の権力に獅噛み付き、裘に名声を貼り付けて逍を雍ぐ。
 撚って衆生の生む器(もの)全てが己を亡ぼす鉾鋒である。



 さて今回は事故現場第10弾である。
 どこぞのアホンダラ新興宗教が「日本の繁栄は揺るがない」と吐かしておるのと同じに彊々な寇恝(憎しみ)よ旡蹙(恨み)を持つ瞋蘊(怨む魂)は「我々を祓えない」と理(ことわり)在らず無癡にて祟りを起こしているのである。
 命より繁栄=金、祟り=成であり、どちらも仏に背く罪。
 人の旁りし法でアホンダラ宗教を裁けるものの怨霊は「科学的に説明不可」な為に範疇外にて野放し状態。
 其処等の僧侶では1匹~10匹1日祓えれば良い方で怨霊激増にて毎日数兆匹単位を滅しなければならぬ昨今では足手纏い。
 其の違いは一般的な仏教は九地 善慧地(人を説いていく)が最高の境地であり 、つまり平たく言えば『創唱宗教の勧誘』が主な訳なのに対して秘密宗教の仏教では十地 法雲地(世に法雨を降らす)が最高の境地であり仏の力を得て事(ことなり)を鎮静すると言う法嵯である。
 始りの一地 歓喜地(煩悩を断ち切る仏道に入れたのを喜ぶ)は同じであっても次の二地 無垢地(身口意の三密における十業が全て清らかであるため)で既に逍が違うのだ
 故に怨霊が数千兆匹居っても、其れを「1匹」に出来無い。
 さてさて交通事故は何度も退魔専門の真言密教僧殊慧が言うように全て怨霊の所為であり、喩え其れが人の旁りし法で「飲酒」「惰眠」「脇見」等と巾子付け罪にしても根の真相を糺せず同じ場所での事故を防げない。
 立て看板を置いたところで瞋蘊(怨む魂)にとっては何の効果も無いのである。
 其の顕著な例がトンネルである。
 旧トンネルを拡張工事をせず怨霊の巣窟と果て新規に掘らなければならない。
 秘密宗教の仏教の基本は因縁に左右される五蘊(色(形)・受(情け)・想(思い)・行(行い)・識(考え))持たず、六情(喜・怒・哀・楽・愛・悪)持たず、七情(怒・喜・思・憂・悲・恐・驚)持たぬので「救い」が無ければ慈悲を施さない。
 其処には俗人全て三毒(貧・瞋・痴)、解かり易く言うなら『赤子の頃より咋うことを止めず、己の思考を拒む輩に瞋恚(怒り)を曝け出し、癡かにも「自分が!自分が!」と廉恥在らず叫ぶ』の業にて「悟る」=「救い」を冀めぬ限り因業輪廻させることを縁とするからである。
 即ち人の業は己が気付かぬ限り真に正すこと出来ず

 




 己の全てを棄てると言うことは五蘊(色(形)・受(情け)・想(思い)・行(行い)・識(考え))も六情(喜・怒・哀・楽・愛・悪)も七情(怒・喜・思・憂・悲・恐・驚)も棄て、六触身(眼触・耳触・鼻触・舌触・身触・意触)と呼ぶ外界との接触すら消すことである。
 




by 殊慧(しゅすい)



 
 
 
[PR]
by shino11yoshi | 2011-04-26 01:51 | ▼怨霊写真満載で且つ密教講座