慧光童子と文殊菩薩、九頭龍の梵字の痣を持つ真言密教僧殊慧。徳を積むべく無料で退魔を行っておる。退魔希望者は非公開コメントにてアドレスと名前を書くべし。


by shino11yoshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

■名指しシリーズ) 一見大人しく見えても祟りは陰惨!網走市の能取港の電話BOX■一撃【滅】四乃四四

 
e0103408_12333377.jpg
 
    ↑↑↑↑↑↑
 電話ボックスの中に棲み憑く女の怨霊。
 自死(自殺)。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_12434298.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 電話ボックスの外に転がる子の生首怨霊。
 上の怨霊は母親。
 母親の気が触れて暴れるのも構わず入水自殺。
 此の場合殺人だ。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_12435486.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!












 癲劇記事で煽るマスコミに容易く誑かされた癡かな俗人は己の足許を見ない。
 他人の不幸を垂れ流すスピーカに齧り付き、昼間の譚の種とし遏狂を省みず飄々と暮す。
 故に昔から忌譚とされている豸(ち)の曰くを雍れ享楽の侭に生きるものである。
 彊々な旡蹙(恨み)と寇恝(憎しみ)に凝り膠った瞋蘊(怨む魂)を「出たら面白い」と嘲け嗤い多くが祟られ掵を落す。
 憑き殺された者を懇ろに弔うこともせず拍車を掛ける礫とし囃騒ぐ。
 其の刳り返しが俗人の依估する文明である。
 最後は己の死にて幕を閉じる。



 さて今回は能取港の電話ボックスの話しである。
 場所は北海道網走市能取港。
 「大したことが無い」ように見えるが此の怨霊の旡蹙(恨み)は凄まじい。
 電話ボックスの中の女の怨霊と電話ボックスの外に転がる子の生首怨霊は母子。
 此の港で自死(自殺)。
 一見穏やかに見えても子と母の怨霊が祟るのであるから厄介。
 其の親子の絆は「祟る」業が数段彊いため取り憑かれれば一生禍に丐辣(苦しみ)にて藻掻く。
 一見大人しそうに見えて莫伽にすれば後悔することとなる。
 故に俗人が心霊スポットと呼ぶ場所に行くこと、即ち死を覚悟して行くことである。





 アホカスクズ共心霊スポットマニアは何れ全て祟られ死ぬ。





by 殊慧(しゅすい)
[PR]
by shino11yoshi | 2011-04-25 12:37 | △名指しシリーズで晒し首ポン