慧光童子と文殊菩薩、九頭龍の梵字の痣を持つ真言密教僧殊慧。徳を積むべく無料で退魔を行っておる。退魔希望者は非公開コメントにてアドレスと名前を書くべし。


by shino11yoshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■ アンポンタン教祖を盲信す信者は全て死ぬ!怨霊2千兆匹の棲む東京都の祟り花見■激増【凋】四乃四四

 
e0103408_1252373.jpg
 
    ↑↑↑↑↑↑
 怨霊激増で2千兆匹が棲む東京都で花見をして退魔依頼者に憑いた怨霊。
 東京都で怨霊に憑かれる可能性は90%以上
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_140225.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 退魔依頼者の目が既に本人のものでは無くなっている。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_1401252.jpg

     ↑↑↑↑↑↑
 左手に重なるように怨霊の手が実体化。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_1403480.jpg

e0103408_140474.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 退魔依頼者を囲む怨霊の群。
 東京都の現在取り憑かれるケースでは1匹の怨霊だけで無く最低数百匹、最高で数千万匹である。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_14127.jpg
    
    ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 小さく写った怨霊も合わせれば数万匹にも達する。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!










 仏の誡めを無碍にし三毒妄念にて赤子の頃より咋うことを止めず、己の思考を拒む輩に瞋恚(怒り)を曝け出し、癡かにも「自分が!自分が!」と廉恥在らず嚶ぶこと止めず。
 己の五毒(性欲・物欲・名声欲・自尊心・競争心)を「家族を食べさせるため」「家のローンがあるため」と癡かな私利を藉口で正当化し友すら弑す。
 衆生は畜生でも仲を弑さぬのに己を王と甚だしくも驕りて弑しを続け傲慢無癡にて生きるもの也。
 是幾万年経ちても省み懺悔未だ無き。
 宛ら此の世は地嶽。
 其れ衆生気付くこと非ず。



 さて今回は花見で取り憑かれた方の話しである。
 場所は怨霊激増で2千兆匹の怨霊巣食う東京都。
 退魔依頼中継者を通して送られてきた依頼者の写真であるが、依頼者ご本人は「顔が歪んで写っているので見て欲しい」とのこと。
 此れが俗人の六触身(眼触・耳触・鼻触・舌触・身触・意触)と呼ぶ外界との接触での一般的な思考である。
 既に此の依頼者には怨霊が取り憑いており其処等の寺で祓えば30万円~数百万円掛かるレベル。
 命の危険も当然乍がら「取り憑かれた者」「祓う者」にもある。
 然し乍がら此の程度の怨霊など退魔専門の真言密教僧殊慧からすれば纏めて数十万件やっても物足りない程度。
 こんな怨霊に何時間も掛けるクソ霊能者や僧の脳無しは嗤える。
 其の程度の力で更に増え続ける怨霊をどうやって祓うのか?
 其のアホンダラを奉る者は己が死ぬことを知らん。
 薨りの時に「騙された」と気付き、嘸や欷きは計りきれぬほど大きく己の無癡を知るのだろうな。
 此れ五蓋の掉悔蓋[心躍らせ、後悔させる]である。






 東京都はそろそろ沈む。
 此れを避ける手段など無い。
 一四六三尊の仏の梵字の痣を授かった半佛人(半分人で半分仏)に救いを冀めよ。







by 殊慧(しゅすい)
[PR]
by shino11yoshi | 2011-04-15 01:29 | ▼怨霊写真満載で且つ密教講座