慧光童子と文殊菩薩、九頭龍の梵字の痣を持つ真言密教僧殊慧。徳を積むべく無料で退魔を行っておる。退魔希望者は非公開コメントにてアドレスと名前を書くべし。


by shino11yoshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

■ 轢き殺された少女の怨霊が浮ぶ花束に他の怨霊がビッシリ取り憑く!殺人現場■既に禍地【業】四乃四四

 
e0103408_1914108.jpg
 
    ↑↑↑↑↑↑
 花束に轢き殺された少女の怨霊。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_19252737.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 花束には他で死んだ者の怨霊がビッシリ憑く。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_19254121.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 実体化した路上に憑いた怨霊。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_19255161.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!










 さて今回は殺人現場PART8である。
 人は何故?「瞋恚(怒り)にて殺人を起こすか?」は五毒(性欲・物欲・名声欲・自尊心・競争心)に駈られているからである。
 其の五毒遏執を生み出す根源は拝金主義。
 競争社会其のものが畜生道であり、今までラマ教以外は取って付けた『主観な仏法』にて正道とし罷り通していたに過ぎない。
 故に幾ら文明が進もうと其の悉多(心)は羅我(心の清浄を悪へと駆り立てる)。
 一日足りとも諍いや戦が止らぬこと其の証拠である。
 人は孱く、脆く、己一人で生きて行けぬ為体は己の悉多(心)に住まわれる観自在菩薩を驚覚(仏心を呼び覚ます)しておらぬため饕りを止めない。
 丸で獣。
 撚って此の地は紊れに紊れ、五悪趣(地獄・餓鬼・畜生・人間・天上の迷妄世界)の境を無くす始末。
 今日も己の欲に感けた殺人を行ない寇恝(憎しみ)と旡蹙(恨み)に凝り膠った怨霊を何万匹も生み出す。
 真に癡か也や。




 
 人を恨む悉多(心)を生ませる競争社会。






by 殊慧(しゅすい)
[PR]
by shino11yoshi | 2011-04-11 19:19 | ▼怨霊写真満載で且つ密教講座