慧光童子と文殊菩薩、九頭龍の梵字の痣を持つ真言密教僧殊慧。徳を積むべく無料で退魔を行っておる。退魔希望者は非公開コメントにてアドレスと名前を書くべし。


by shino11yoshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

■名指ししないシリーズ)毎日がロシアンルーレット!怨霊渦巻く開かずの病室がある病院■死【業】四乃四四

e0103408_1544887.jpg
 
    ↑↑↑↑↑↑
 捨て置かれた毛布に憑く自死(自殺)した看護婦の怨霊。
 壁に御札を貼っておるため此の病室から出られない。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_15164960.jpg

     ↑↑↑↑↑↑
 同じく床に憑く自死(自殺)した看護婦の怨霊。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_1517326.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 ベッドから笑う生首怨霊。
 此処で病死。祟りによる。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_15172282.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 長い首を持つ此処で自死(自殺)した女の患者の怨霊。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_15173135.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 ベッドの下から覗く子の怨霊。
 此処で発作を起こし死亡。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_15174083.jpg

   ↑↑↑↑↑↑
 同じくベッドの下から覗く子の怨霊。
 病死。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_15175798.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!











 今までご丁寧に退魔専門の真言密教僧殊慧が場所や巣食っておる彊々な旡蹙(恨み)と寇恝(憎しみ)を滾らす瞋蘊(怨む魂)を紹介したが、今度は逆に「怨霊側の立場」にならにゃーならん。
 此の豸(ち)は人のみに在らずなのでな。
 差別(しゃべつ)相を寰くこと即ち傲慢。
 さぁ~オートマチック拳銃でのロシアンルーレットだ!
 瑣末な情報のみは慈悲にて教えてやろう。
 此処に足を踏み入れれば確実「死」。
 莫然乍がらも直ぐ目の前に在るやもしれん。
 「弾が入って無い」じゃなく「不発弾があるか?ないか?」と言う毎日が死に直面するゲーム。
 其処ひ入院し、『死』を物疾しない兵(つわもの)はいるかね?



 さて今回は巨大病院にある開かずの病室の話しである。
 場所は疎か国立やら市立すら教えない。
 問題の「開かずの病室」は丁度「墓」と「火葬場」の延長線で交差する場所にあり最初から「祟られる」場であった。
 故に此処では入院患者の死亡が高く、そして看護士(当時は看護婦)が二人首吊りを起こし病室を閉鎖した次第。
 此の右横の病室は各階にある受付に変り、左横は倉庫となっている。
 見た目は壁ながら年に一度の供養があるため倉庫側に出入口を設けておるため、各階を見れば不自然な作り。
 然し入院患者や見舞いに来る者は誰一人解らないでいる。
 夜中に瞋蘊(怨む魂)達の叫び声や泣声がするものの病院なため気にされていない。
 俗人の五蘊の識(考え)が己自身に無意味な安寧を与えていると言える。
 俗人とはそういうものだ。






 此の病室が怨霊過密で弾ければ入院患者は皆死ぬ。







by 殊慧(しゅすい)
[PR]
by shino11yoshi | 2011-04-11 15:10 | ◎アホの為名指ししないシリーズ