慧光童子と文殊菩薩、九頭龍の梵字の痣を持つ真言密教僧殊慧。徳を積むべく無料で退魔を行っておる。退魔希望者は非公開コメントにてアドレスと名前を書くべし。


by shino11yoshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

■名指しシリーズ)九龍山より退魔依頼を受けた真言密教僧殊慧!禍齎す諸葛孔明の怨霊■楽勝【滅】四乃四四

 
e0103408_19545648.jpg
 
      ↑↑↑↑↑↑
 定軍山の古戦場に徘徊する諸葛孔明の怨霊。
 勉県以外でも相当な禍を齎していた怨霊中の怨霊であった。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_2064228.jpg

     ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 人の目にも解るほどクッキリ浮き出ている。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!






e0103408_207353.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 武候慕の慰霊に現れた諸葛孔明の怨霊。
 退魔専門の真言密教僧殊慧の介入を感じて威嚇。
 真言密教僧殊慧の手書きの護符には如何なる怨霊が数千兆匹襲い掛かっても破れること無し。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_2071340.jpg

   ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!







e0103408_2091165.jpg

   ↑↑↑↑↑↑
 諸葛孔明の躯が眠る寺。
 靄が掛かり怨霊塗れ。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!



















 仏を騙りし阿斗の認めたる律典其れ漫文に均し。
 血腥眼にて読み耽りしも不昧にて一地 歓喜地にすら至らず。
 其の蓋は猗の如く饕り止めず、能無き孱き蟲を如く立肌蹴る仏にすら瞋恚りを剥き出し、癲狂の屬の如く無痴と愚痴を零すのみ。
 帑の銭に圜礙りて人の物擽掏ね、名に圜礙りて人を妄辯にて誑し込み、権力に圜礙りて仏法に弑伐の赧熹を嗜みては豸紊す。
 誦む経は兇にて禍撒き。
 話す辯は黷にて真躙る。
 薨りに己の醜猖晒し万象の中より消え逝く。
 正道無きは地嶽也。



 さて今回は三国志で有名な諸葛孔明の躯が眠る武候慕の話しである。
 場所は陜西省勉県南方の定軍山の西側。
 此の諸葛孔明の瞋蘊(怨む魂)は人弑やめることに赧熹(喜び)ありて勉県以外でも禍を撒いていたため九龍山より退魔依頼が真言密教僧殊慧に巡ってきた次第。
 「一度に数百億の怨霊や西洋では悪魔を退治する」ことが世界中に広まり其処の国の寺や教会で処理出来ない場合は必ず真言密教僧殊慧の元に来る。
 真言宗の総本山たる金剛峯寺を通さず直接である
 「正義」と御大層に掲げて戦をするも其れ六煩悩(驕暴・慢心・邪心・貪欲・無癡・欺瞞)にて行なう人の羝羊住心(禽獣の如き心)。
 故に其のような者は全て怨霊と化す。
 撚って人は三毒(貧・瞋・痴)を捨て、五毒(性欲・物欲・名声欲・自尊心・競争心)を捨てて慈を持ち生きていかねば此の世は地嶽と果てる。






 アホンダラ教祖は神仏と怨霊の区別が付かん。




by 殊慧(しゅすい)
[PR]
by shino11yoshi | 2011-04-10 20:00 | △名指しシリーズで晒し首ポン