慧光童子と文殊菩薩、九頭龍の梵字の痣を持つ真言密教僧殊慧。徳を積むべく無料で退魔を行っておる。退魔希望者は非公開コメントにてアドレスと名前を書くべし。


by shino11yoshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

■名指しシリーズ)パワースポットだのと訪れるバカは死ぬ!滝行で命を落す滝不動■黷れ度大【滅】四乃四四

 
e0103408_1945214.jpg
 
      ↑↑↑↑↑↑
 無人となって荒れ果てた本堂の中から覗く女の怨霊。
 此処に居った僧は身業の殺生[殺害・殺害したものを食す]と邪婬[猥らなことしかしない]を犯しておる。
 バカ坊主!
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_19582653.jpg

      ↑↑↑↑↑↑
 同じく本堂の柱に並ぶ生首怨霊。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_19584238.jpg

       ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 この他に2千匹ほど怨霊が居る。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!









e0103408_19585536.jpg

     ↑↑↑↑↑↑
 滝の岩に憑く鬼。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_1959444.jpg

     ↑↑↑↑↑↑
 同じく滝の岩に憑く鬼。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_19592098.jpg

     ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 水全てが子の怨霊の群。
 滝不動明王と言いながら滝にある石仏は不動明王では無い
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!







e0103408_19594587.jpg

     ↑↑↑↑↑↑
 地蔵の後ろで笑う子の怨霊。
 祟り度は高い。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_19595753.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 地蔵の後ろを通り過ぎる子の怨霊。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_2001193.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 此の地蔵に取り憑き厄介な元兇怨霊。
 撮影者を睨む。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_2002693.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 此の他にも100匹程の怨霊が居る。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!














 三四四年前、徳川家康が江戸に幕府を開いてから五十八年……等と下らん講釈が入る寺、神社、教会の全てが贋物である。
 神仏の力が無いため開宗時期や政党やら学校を作り、また金さえ積めばカスでも成れる名誉博士を冀める。
 歴史が在っても、お脳が無い。
 金や狂人信者の獲得を競い合い中身など塵同然。
 そして徳も無いから怨霊が巣食う。
 金・権力・名声に圜礙(こだわり)て怨霊の相(かたち)も解らず、役にも立たない呻きに近い経や祝詞を上げ確りと帑に小銭と怨霊を溜め込むばかり。
 故に観光名所と言う神仏を侮蔑する『名』しか無い。
 能無しだから数千万匹の怨霊が取り憑いた器(もの)を祓うこと出来ず。



 さて今回は此の場所で滝行すれば祟られる滝不動明王の話しである。
 場所は山形県上山市。
 マスメディアの癲狂記事によってアンポンタン共が「パワースポット」として訪れる。
 其の他に此の場所に来る者はアホカスクズ共心霊スポットマニアだけ。
 近隣の方は「祟り」を懼れて地蔵の汚れを落し、飾りつけるくらいである。
 其の地蔵にも確り怨霊が憑き、滝の岩には鬼が憑き、無人の本堂の中は百鬼夜行状態。
 此の場所で滝行すれば「徳」など得られず禍のみ。
 因縁に左右される五蘊(色(形)・受(情け)・想(思い)・行(行い)・識(考え))持たず、六情(喜・怒・哀・楽・愛・悪)持たず、七情(怒・喜・思・憂・悲・恐・驚)持たぬ退魔専門の真言密教僧殊慧には此の場所が何れほど禁忌であるか解る。
 六触身(眼触・耳触・鼻触・舌触・身触・意触)と呼ぶ外界との接触で此処を矚たれば色(かたち)に誑かされ己の命短くするもの也。






 本堂があり乍がら「僧が居ない」と言うことは僧の力でもどうにもならんと言うことを知れ!
 余程の羶(なまぐさ)が此の寺に居たこと明白。







by 殊慧(しゅすい)
[PR]
by shino11yoshi | 2011-04-04 19:49 | △名指しシリーズで晒し首ポン