慧光童子と文殊菩薩、九頭龍の梵字の痣を持つ真言密教僧殊慧。徳を積むべく無料で退魔を行っておる。退魔希望者は非公開コメントにてアドレスと名前を書くべし。


by shino11yoshi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

■名指しシリーズ)怨霊激増の今、此処に真言密教僧殊慧の手彫の金剛杭を打つしかない■屍塚【兇】四乃四四

 
e0103408_18232357.jpg
 
     ↑↑↑↑↑↑
 殺された百姓や商衆の生首怨霊。
 此の写真は怨霊の顔が絶えず変る。
 恨み度は高い。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_18474694.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 同じく苦しむ女と百姓の男の苦痛の表情を浮かべる怨霊達。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_1848514.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 碑全部に生首怨霊の顔。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!









e0103408_18483538.jpg

     ↑↑↑↑↑↑
 陽の高いときに撮影して際に写った木に取り憑く生首怨霊。
 全て武士では無い。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_18485298.jpg

     ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 昼でも撮影すると時々此のように遮が掛かったように暗い。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!







e0103408_18492033.jpg

     ↑↑↑↑↑↑
 叫ぶ生首怨霊。
 此の叫び声は回りから怨霊を惹き寄せる。
 また自死(自殺)する者も惹き寄せる。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_18494033.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 朝方撮影すれば多くの場合靄が掛かったように撮れる。
 此の靄も怨霊。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!







e0103408_1849568.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 烈しい寇恝(憎しみ)を剥き出しにし、逆に笑う怨霊達。
 笑う = 祟る。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_18501154.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 靄や遮が無い綺麗に写った写真であるが、怨霊から直視されているため祟りを其のまま受ける。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!











 三四四年前、徳川家康が江戸に幕府を開いてから五十八年……等と下らん講釈が入る寺、神社、教会の全てが贋物である。
 神仏の力が無いため開宗時期や政党やら学校を作り、また金さえ積めばカスでも成れる名誉博士を冀める。
 歴史が在っても、お脳が無い。
 金や狂人信者の獲得を競い合い中身など塵同然。
 そして徳も無いから怨霊が巣食う。
 金・権力・名声に圜礙(こだわり)て怨霊の相(かたち)も解らず、役にも立たない呻きに近い経や祝詞を上げ確りと帑に小銭と怨霊を溜め込むばかり。
 故に観光名所と言う神仏を侮蔑する『名』しか無い。
 能無しだから数千万匹の怨霊が取り憑いた器(もの)を祓うこと出来ず。



 さて今回は屍塚の話しである。
 場所は長崎県更北地区八幡原史跡公園内。
 此処は日本史に残る川中島の合戦において武田軍の海津城主高坂弾正が激戦場となった場所。
 此の場所で死んだ者の数は6000人余り。
 其の躯を高坂弾正が敵味方の別なく集めて葬った塚の一つ。
 此の塚を屍塚と呼ぶ。
 此処で死んだ者は武士だけでは無く女子供も容赦無く斬り・刺し殺された。
 故に6000人を遥かに上回るため此の合戦で死んだ者を弔う碑が相当数あるのは当り前。
 故に祟り度が多く、此の屍塚は昼夜撮影しても暗く、又、霞みが掛かったように撮れる。運良く綺麗に撮影出来れば彊々な旡蹙(恨み)と寇恝(憎しみ)に凝り膠った瞋蘊(怨む魂)が撮れるのだから始末が悪い。
 アホカスクズ共心霊スポットマニアですら此の碑に悪戯をする者は居ない。
 何故なら必ず祟りがあるからである。





 此の怨霊数万匹を鎮めるには退魔専門の真言密教僧殊慧の手彫りした金剛杭を打つしか無い。
 早めに手を打たなければ昨今の怨霊激増で住民の横死(不意の死)増えるだけ。


 救いを求め「縁」を繋がない限り慈悲を施さんのが真言宗。

 因縁に左右される五蘊(色(形)・受(情け)・想(思い)・行(行い)・識(考え))持たず、六情(喜・怒・哀・楽・愛・悪)持たず、七情(怒・喜・思・憂・悲・恐・驚)持たぬ真言密教僧殊慧は何十億人死のうと「救い」を求めぬ限り慈悲は無い。


  




by 殊慧(しゅすい)
[PR]
by shino11yoshi | 2011-04-03 18:27 | △名指しシリーズで晒し首ポン