慧光童子と文殊菩薩、九頭龍の梵字の痣を持つ真言密教僧殊慧。徳を積むべく無料で退魔を行っておる。退魔希望者は非公開コメントにてアドレスと名前を書くべし。


by shino11yoshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

■名指しシリーズ)「なんとかなるさケセラセラ」幸福の科学の言訳は愚!序に蘇我入鹿■一撃【滅】四乃四四

 
e0103408_12463682.jpg
 
     ↑↑↑↑↑↑
 蘇我入鹿の怨霊。
 今まで毎日奈良県に禍を齎してきた。
 奈良県には今や怨霊を祓える者一人も居ず。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_1313074.jpg

     ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 蘇我入鹿と一緒に討たれ、首を晒された従者の怨霊が無数に居る。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!










 仏を騙りし阿斗の認めたる律典其れ漫文に均し。
 血腥眼にて読み耽りしも不昧にて一地 歓喜地にすら至らず。
 其の蓋は猗の如く饕り止めず、能無き孱き蟲を如く立肌蹴る仏にすら瞋恚りを剥き出し、癲狂の屬の如く無痴と愚痴を零すのみ。
 帑の銭に圜礙りて人の物擽掏ね、名に圜礙りて人を妄辯にて誑し込み、権力に圜礙りて仏法に弑伐の赧熹を嗜みては豸紊す。
 誦む経は兇にて禍撒き。
 話す辯は黷にて真躙る。
 薨りに己の醜猖晒し万象の中より消え逝く。

 

 さて今回は蘇我入鹿(そがの いるか)首塚の話しである。
 場所は奈良県高市郡明日香村大字飛鳥。
 蘇我入鹿は大和朝廷の有力者であったが「大化の改新」前夜に討たれ、其の首は切り落とされ晒し者となったため今まで彊懦な旡蹙(恨み)と寇恝(憎しみ)を持つ怨霊と果てて様々な禍を齎してきた。
 如何なる理(ことわり)があれ魔障となれば退魔専門の真言密教僧殊慧は因縁に左右される五蘊(色(形)・受(情け)・想(思い)・行(行い)・識(考え))持たず、六情(喜・怒・哀・楽・愛・悪)持たず、七情(怒・喜・思・憂・悲・恐・驚)持たず一撃にて粉砕する。
 此れ真の慈である。





 幸福の科学のアホンダラ信者が言訳し、大川隆法を庇えば死ぬだけ。
 家族共々にな!
 お前等に生きる価値など仏は与えん。





by 殊慧(しゅすい)





 
[PR]
by shino11yoshi | 2011-03-30 12:52 | △名指しシリーズで晒し首ポン