慧光童子と文殊菩薩、九頭龍の梵字の痣を持つ真言密教僧殊慧。徳を積むべく無料で退魔を行っておる。退魔希望者は非公開コメントにてアドレスと名前を書くべし。


by shino11yoshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

■ 真の仏に「救い」を冀めずクズ新興宗教に傾倒し赤子に怨霊憑かせるアホ■一家死滅【業】四乃四四

 
e0103408_12575492.jpg
 
   ↑↑↑↑↑↑
 赤子に憑いた怨霊。
 此れは手先にて此の上に元兇怨霊が家に棲み憑く。
 此の怨霊は滅し無い限り一生離れない。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_1394478.jpg

   ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 旦那の全体に光の蔭があるので旦那の先祖の因縁である。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!











 紊れた人の五毒遏執により五悪趣(地獄・餓鬼・畜生・人間・天上の迷妄世界)の境が崩れ成仏した魍者も寇恝(憎しみ)に駈られ人間界へ出づる。
 居るべき枷寧より放たれた瞋蘊(怨む魂)は弑伐の赧熹(喜び)にて人の住む庵を食潰し、陽の射す霄を翳みで蔽う。
 術無き人は遏狂いて己の腸を咋うもの也。
 蜚び回る瞋蘊(怨む魂)は人凡て憑き殺しても其の旡蹙(恨み)晴れること無し。
 そして豸(ち)地嶽と果てたる。



 さて今回は赤子に憑く怨霊の話しである。
 赤子に憑く瞋蘊(怨む魂)は旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)彊懦にて、且つ、奸知に長け一家を根絶やしにする。
 此れ仏の庇護無き証拠。
 仏に縋ることもせず、仏の辯も聴かず、惚けたように等閑に手を合わすだけ。
 仏に「救い」を冀めれば慈悲も施されようが其れ望まぬ。
 其処には簡単に済ますアンポンタンな新興宗教への傾倒も在る。
 線香3本立てるだけで先祖供養と吐かす伊勢白山道は尤もたる例だろう。
 結局、血の繋がる者全てと嫌厭し一切の菩薩(精進を惜しまぬ僧)を寄せ付けぬのだ。
 此の写真の瞋蘊(怨む魂)は其の上に居る瞋蘊(怨む魂)の手先。
 故に元兇たる瞋蘊(怨む魂)を滅し無い限り因縁消えること無し。
 退魔専門の真言密教僧殊慧は「縁切り法」にて此の家族を縁者から切り離す。







 普段から仏を真に拝めば此のようなことは無いのであるが、今や仏に尻を向け享楽に耽る慣習にて因縁断ち切れること非ず。





by 殊慧(しゅすい)




 
[PR]
by shino11yoshi | 2011-03-24 13:03 | ▼怨霊写真満載で且つ密教講座