慧光童子と文殊菩薩、九頭龍の梵字の痣を持つ真言密教僧殊慧。徳を積むべく無料で退魔を行っておる。退魔希望者は非公開コメントにてアドレスと名前を書くべし。


by shino11yoshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

■名指しシリーズ)道建設の三隣亡を犯したため怨霊の巣窟!苦竹インター■供養塔は無駄【笑】四乃四四

 
e0103408_1644317.jpg
 
      ↑↑↑↑↑↑
 トラックの窓に怨霊がビッシリ。
 道を作る際にやってはならぬ三隣亡を犯したため怨霊の巣窟。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_16553772.jpg
     
     ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 他にも車に憑いた怨霊が居る。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!







 
e0103408_16555081.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 夜間に新幹線を運ぶトレーラーの周りに人魂が群れる。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!













 紊れた人の五毒遏執により五悪趣(地獄・餓鬼・畜生・人間・天上の迷妄世界)の境が崩れ成仏した魍者も寇恝(憎しみ)に駈られ人間界へ出づる。
 居るべき枷寧より放たれた瞋蘊(怨む魂)は弑伐の赧熹(喜び)にて人の住む庵を食潰し、陽の射す霄を翳みで蔽う。
 術無き人は遏狂いて己の腸を咋うもの也。
 蜚び回る瞋蘊(怨む魂)は人凡て憑き殺しても其の旡蹙(恨み)晴れること無し。
 そして豸(ち)地嶽と果てたる。



 さて今回は怨霊無制限地帯の通称『苦竹インター』の話しである。
 場所は宮城県仙台市宮城野区。国道4号線と国道45号線が交差する所。
 此処では怨霊による事故が多発し近くの歩道橋を歩く怨霊の目撃談が尽きない。
 此の禍根は道の旁りにある。
 決して行なってはならぬ三隣亡を犯し、結果として怨霊を招く場所となった。
 故に怨霊による被害は供養塔を建てるだけでは済まない。
 既に数百億匹の怨霊が群ており昨今の怨霊激増により死亡事故が急激に増えるであろう。






 アホが工事設計者が行なえば簡単に怨霊の巣窟を作れることと知れ。






by 殊慧(しゅすい)
[PR]
by shino11yoshi | 2011-03-11 16:48 | △名指しシリーズで晒し首ポン