慧光童子と文殊菩薩、九頭龍の梵字の痣を持つ真言密教僧殊慧。徳を積むべく無料で退魔を行っておる。退魔希望者は非公開コメントにてアドレスと名前を書くべし。


by shino11yoshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

■名指しシリーズ)ピアノに憑いた狂った少女の怨霊が火災の原因!ホワイトハウス■楽に滅す【擲】四乃四四

 
e0103408_15473126.jpg
 
     ↑↑↑↑↑↑
 ピアノに憑いていた狂った少女の元兇怨霊。
 狂っているから仏の言葉も聞かにため真言密教僧殊慧は雷鄭により一撃にて粉砕。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_16075.jpg

     ↑↑↑↑↑↑
 同じくピアノに憑いていた女。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_1601779.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 ピアノに憑いていた女。
 元兇怨霊に事故死させられた。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_1603467.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 赤い矢印に上記の怨霊が居る。
 他にも多数の怨霊が居る。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!






e0103408_1612090.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 何故かエロ本が散乱する部屋に憑く生首怨霊。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_1613419.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 同じ部屋の窓から覗く男の怨霊。
 扉を塞ぐ役。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_1615455.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 エロ本に憑く生首怨霊の群。
 触れれば祟られる。
 其処が怨霊の奸知に長けたところだ。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_16278.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 何かを掴んで見ている黒服の少女の怨霊。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_1622143.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 赤い矢印に上記の怨霊が居る。
 其の他にも怨霊が千匹ほど居る。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!








e0103408_1624951.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 外の非常階段?の横の壁に憑く笑う少年の怨霊。
 笑う = 祟る である。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_163564.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 階段の横の庇部分に憑く笑う女の怨霊。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_1632150.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 赤い矢印に上記の怨霊が居る。
 其の他にも雑魚怨霊が無数に居る。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!







e0103408_1633864.jpg
 
     ↑↑↑↑↑↑
 窓から顔を出す焼死した少女の怨霊。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_1635761.jpg
   
      ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 赤い矢印に上記の怨霊が居る。
 強い旡蹙(恨み)を持つ怨霊の巣窟のため違う県から怨霊を惹き寄せている。それが無数の人魂である。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!










 癲劇記事で煽るマスコミに容易く誑かされた癡かな俗人は己の足許を見ない。
 他人の不幸を垂れ流すスピーカに齧り付き、昼間の譚の種とし遏狂を省みず飄々と暮す。
 故に昔から忌譚とされている豸(ち)の曰くを雍れ享楽の侭に生きるものである。
 彊々な旡蹙(恨み)と寇恝(憎しみ)に凝り膠った瞋蘊(怨む魂)を「出たら面白い」と嘲け嗤い多くが祟られ掵を落す。
 憑き殺された者を懇ろに弔うこともせず拍車を掛ける礫とし囃騒ぐ。
 其の刳り返しが俗人の依估する文明である。
 最後は己の死にて幕を閉じる。



 さて今回は俗称「ホワイトハウス」の話しである。
 場所は茨城県ひたちなか市大字田彦。
 退魔専門の真言密教僧殊慧が瞋蘊(怨む魂)を読むとピアノに憑いていた狂った少女が原因で火災になっておる。
 原因が定かでない火災や病死の9割が怨霊に仕業故に軽んじていると「死」若しくは「死ぬほど痛い目」に合う。
 昨今は怨霊と言う魍(もの)に俗人は醜い悉多(心)を満たす道具でしかないようだ。
 其の傲慢無癡な五蘊(色(形)・受(情け)・想(思い)・行(行い)・識(考え))が身を滅ぼし、クズ霊能者にケツの毛まで抜かれるアホ多し。
 器(もの)に憑いた怨霊は退魔せねば其の器(もの)に永久に取り憑き禍を齎す。
 即ち器(もの)と一緒に怨霊が移動するのである。
 今回の場合は彊々な鄙懐(卑しい思い)を持つ瞋蘊(怨む魂)が憑いたピアノが燃えてしまったので此の場所に訪れるアホカスクズ共心霊スポットマニア以外祟られることは無い。
 器(もの)への強い圜礙(こだわり)は呪詛と同じ。
 永劫に晴れることは無い。





 万物の本質を知らねば死ぬ。
 本質を見ないものを馬鹿と呼ぶ。








by 殊慧(しゅすい)
[PR]
by shino11yoshi | 2011-03-01 15:51 | △名指しシリーズで晒し首ポン