慧光童子と文殊菩薩、九頭龍の梵字の痣を持つ真言密教僧殊慧。徳を積むべく無料で退魔を行っておる。退魔希望者は非公開コメントにてアドレスと名前を書くべし。


by shino11yoshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

■名指し出来無いシリーズ)僧侶を憑殺し大火災を招いた娼婦の怨霊!暴れれば県民皆死ぬ■祟【兇】四乃四四

 
e0103408_18273513.jpg
 
       ↑↑↑↑↑↑
 未だに浄仏しておらず徘徊する娼婦の怨霊。
 此の怨霊が何人もの僧侶を返り討ちにし憑き殺している。
 火災すら起こして住民を焼き殺すほど彊々な旡蹙(恨み)と寇恝(憎しみ)を持つ。
 其の大火災は昭和史に残るほど。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_184721100.jpg

      ↑↑↑↑↑↑
 窓から睨む娼婦の怨霊。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_18473781.jpg

      ↑↑↑↑↑↑
 窓から這出る幼女の娼婦の怨霊。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_1847556.jpg

      ↑↑↑↑↑↑
 内部の鏡から出来る娼婦の怨霊。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_18481230.jpg

     ↑↑↑↑↑↑
 此の郷土資料室(元娼館)に行くには桜並木を通るが其処にも幼女の娼婦の怨霊が蕩ろ歩く。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_18482888.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 同じく桜並木を歩く娼婦の怨霊。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_18484362.jpg

     ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 危険なため相当な暈かしを入れて一部しか出せない。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!











 三四四年前、徳川家康が江戸に幕府を開いてから五十八年……等と下らん講釈が入る寺、神社、教会の全てが贋物である。
 神仏の力が無いため開宗時期や政党やら学校を作り、また金さえ積めばカスでも成れる名誉博士を冀める。
 歴史が在っても、お脳が無い。
 金や狂人信者の獲得を競い合い中身など塵同然。
 そして徳も無いから怨霊が巣食う。
 金・権力・名声に圜礙(こだわり)て怨霊の相(かたち)も解らず、役にも立たない呻きに近い経や祝詞を上げ確りと帑に小銭と怨霊を溜め込むばかり。
 故に観光名所と言う神仏を侮蔑する『名』しか無い。
 能無しだから数千万匹の怨霊が取り憑いた器(もの)を祓うこと出来ず。



 さて今回は某県で昭和初期まで高級娼館を営業し現在は県庁郷土資料室として使われている建物の話しである。
 場所は県庁の所有物であり、「自分は大丈夫」と根拠の無い理屈を翳し住居不法侵入の刑法を犯して位牌や遺影を叩き壊す嗜好のアホカスクズ共の心霊スポットマニア共は『今は大人しい怨霊を刺激し街そのものに禍を巻き、己等が全員死ぬ』と記しても必ずや行くため教える訳には行かない。
 何故なら、アホカスクズ共は死んでも構わぬが、此の怨霊全て滅するには退魔専門の真言密教僧殊慧でも広範囲に亘り関係する怨霊全て探し出さねばならず此処の娼館の怨霊が一斉に暴れれば某県に住む者全て死ぬからである。
 此処の娼館は明治期~昭和初期まで10代に満たない幼女を人買いが貧しき家庭から買取り娼婦として一生働かせていた。
 娼婦は此処から逃げ出すことが出来ぬように扉の外側に鍵を掛け、窓には鉄格子を嵌め、屈強な男数人が夜間見張りに立つ徹底振り。
 逃げ出そうものなら日本刀で軽くて指、手足を斬り落していた。
 幼い娘を売る家が多いため娼婦達への見せしめとして平気で行なっていた訳である。
 此の娼館は最高級なため県の政治家も訪れ、目の前で幼女が殺されても警察には通報しない。
 正に娼婦にとっては地嶽。
 故に自死(自殺)する娼婦も多く、娼館として営業中から瞋蘊(怨む魂)が出る始末。
 其の後の昭和中期に別種で営業を始めたが従業員が続々と怨霊が出るため辞めて行き、余りの祟りに県庁も壊すことを躊躇い現在は郷土資料室として使われている。
 此処の職員も怨霊を見るため郷土資料室に送られることは「辞めろ」と言うパワーハラスメントだ。
 郷土史が好きであっても長続きしない。
 此の娼館の現在の写真は余りに祟りが強過ぎてヤフーで検索しても出て来ない。
 彊々な旡蹙(恨み)と寇恝(憎しみ)を持ち猖った娼婦の瞋蘊(怨む魂)を祓うために真言宗の徳ある僧も何人か死んでいる
 故に他宗では祓うことなど出来ず皆殺しに合うだろう。
 ある意味此の県は核爆弾以上に破壊力があり、非常に厄介な物を持っていると言える。
 昭和史に残る大火災も起こしている。

 




 此の県では未だに娼館の怨霊が都市伝説にまで入るほどである。
 未だに殆んどの娼婦の怨霊は浄仏しておらん。


 退魔専門の真言密教僧殊慧にとっては肩慣らし程度。






by 殊慧(しゅすい)





 
[PR]
by shino11yoshi | 2011-02-24 18:37 | ■名指し出来無い怨霊地帯ドン