慧光童子と文殊菩薩、九頭龍の梵字の痣を持つ真言密教僧殊慧。徳を積むべく無料で退魔を行っておる。退魔希望者は非公開コメントにてアドレスと名前を書くべし。


by shino11yoshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

■名指しシリーズ)明治期の内務省神社局では一宮扱い!然し乍がら怨霊塗れの氷川神社■燃やせ【焔】四乃四四

 
e0103408_21123989.jpg
 
    ↑↑↑↑↑↑
 社の階段に憑く氷川神社で最兇の怨霊。
 真言密教僧殊慧はコヤツに『魍魎丸』と名を付けた。
 将門、お岩、累を楽に粉砕した真言密教僧殊慧が名を付けるということは如何に厄介な怨霊か解るだろう。
 並みの僧侶100人居っても返り討ちに合い皆死ぬ
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_21254065.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 魍魎丸を支える女の怨霊。
 コヤツも厄介。
 数百年以上禍を東京に齎しておる。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_2126272.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 上記の怨霊の凄さに蔭が薄くなった芋虫怨霊。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_21261577.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 屋根の上を飛び回る赤い人魂。
 赤 = 祟り が強い。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_212634100.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 人柱か生贄か解らぬが此の下に埋められておる少女の怨霊。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_2126482.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 至る場所に性質の獰い怨霊がおるが余りの数に上記しか載せられない。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!








e0103408_2127619.jpg
    
    ↑↑↑↑↑↑
 此の社の中に封印されておる魍(もの)。
 注連縄の結界など無意味。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_21271999.jpg
   
    ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 赤い矢印に上記の怨霊が居る。
 此の社に触れただけで心身に重篤な影響が出る。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!







e0103408_21273341.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 御神木の一本に人面が浮び上がる。
 既に御神木と言うより祟りの木。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_21274721.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 赤い矢印に上記の人面が写っておる。
 其の他にも無数の人面がある。
 此の下に骸が埋まっている可能性は高い。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!











 三四四年前、徳川家康が江戸に幕府を開いてから五十八年……等と下らん講釈が入る寺、神社、教会の全てが贋物である。
 神仏の力が無いため開宗時期や政党やら学校を作り、また金さえ積めばカスでも成れる名誉博士を冀める。
 歴史が在っても、お脳が無い。
 金や狂人信者の獲得を競い合い中身など塵同然。
 そして徳も無いから怨霊が巣食う。
 金・権力・名声に圜礙(こだわり)て怨霊の相(かたち)も解らず、役にも立たない呻きに近い経や祝詞を上げ確りと帑に小銭と怨霊を溜め込むばかり。
 故に観光名所と言う神仏を侮蔑する『名』しか無い。
 能無しだから数千万匹の怨霊が取り憑いた器(もの)を祓うこと出来ず。



 さて今回は氷川神社の話しである。
 場所は京都豊島区池袋本町3丁目14 番1号。
 ヤフーで検索を掛ければHPに入る前に「氏神さまにお参りしよう」と書かれているが此の神社に神など居らん。
 居るのは祟りを成す退魔専門の真言密教僧殊慧が名付けた『魍魎丸』だ。
 検索の下の方には『スピリチュアルカウンセラー佐野』なるドアホが「始まりの地」と吐かしておるものの此処で命を落とす。
 正に時代が生んだアホ
 さてさて氷川神社もチェーン店展開した神社の一つであり、総本社は埼玉県さいたま市大宮区高鼻町一丁目にある氷川神社が始まりだ。
 武州六大明神の一つとされ明治期には内務省神社局が薦める神社だった。
 其の理由は室町時代の大日本国一宮記で一宮とされ、時代を遡ること遥か「景行天皇の皇子日本武尊が東征の際に負傷し夢枕に現れた老人の教えに従って当社へ詣でた」と書かれておるからである。
 日本国家 = 天皇主権 の象徴と言えよう。
 然し乍がら宮司や禰宜が惰け者なのか神社内は怨霊だらけ。
 雑魚怨霊など喰われてしまい居るのは性質の獰い怨霊。
 こんな場所では何の徳も無く身上を潰す。
 東京都と言う巨大な魔窟が生んだ地嶽へ通ずる門と言えよう。





 んな神社など燃やしてしまえ!
 退魔専門の真言密教僧殊慧が東京へ赴くときは真っ先に法術にて焼き払ってくれるわ。
 そのときは東京が灰燼と化す。








by 殊慧(しゅすい)
[PR]
by shino11yoshi | 2011-02-22 21:25 | △名指しシリーズで晒し首ポン