慧光童子と文殊菩薩、九頭龍の梵字の痣を持つ真言密教僧殊慧。徳を積むべく無料で退魔を行っておる。退魔希望者は非公開コメントにてアドレスと名前を書くべし。


by shino11yoshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

■名指ししないシリーズ)毎日がロシアンルーレット!怨霊が巣食う厨房■腐汁の味はどうよ?【因】四乃四四

 
e0103408_18531078.jpg
 
     ↑↑↑↑↑↑
 撮影された厨房内の一部。
 全部の写真には怨霊がビッシリ。
 ンナところの料理など食えば死ぬわな。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!








 今までご丁寧に退魔専門の真言密教僧殊慧が場所や巣食っておる彊々な旡蹙(恨み)と寇恝(憎しみ)を滾らす瞋蘊(怨む魂)を紹介したが、今度は逆に「怨霊側の立場」にならにゃーならん。
 此の豸(ち)は人のみに在らずなのでな。
 差別(しゃべつ)相を寰くこと即ち傲慢。
 さぁ~オートマチック拳銃でのロシアンルーレットだ!
 瑣末な情報のみは慈悲にて教えてやろう。
 此処に足を踏み入れれば確実「死」。
 莫然乍がらも直ぐ目の前に在るやもしれん。
 「弾が入って無い」じゃなく「不発弾があるか?ないか?」と言う毎日が死に直面するゲーム。
 其処を目指して肢を棒にして駈けずり回る『死』を物疾しない兵(つわもの)はいるかね?



 さて今回は無数の怨霊が巣食う厨房の話しである。
 場所は疎かファミレスなのか一流レストランなのかは一切言わん。
 国内か国外かも教えない。
 撮影者は怪異が頻発する此の場所の写真を撮って退魔専門の真言密教僧殊慧に写真を送り、退魔依頼をしないまま退職してしまったのでな。
 怨霊との関り合いを拒み其の後の連絡は無い。
 此処の怨霊の祟る矛先は『客』。
 最低で不治の病、最悪で死。
 其れが必ず起きておる。
 然し店は怨霊が客を惹き寄せておるため繁盛しておる。





 アホは死ぬ!
 只それだけだ。





by 殊慧(しゅすい)





 
 

 
[PR]
by shino11yoshi | 2011-02-19 18:58 | ◎アホの為名指ししないシリーズ