慧光童子と文殊菩薩、九頭龍の梵字の痣を持つ真言密教僧殊慧。徳を積むべく無料で退魔を行っておる。退魔希望者は非公開コメントにてアドレスと名前を書くべし。


by shino11yoshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

■名指し出来無いシリーズ)祟りの雨霰!建設途中で放棄された第二シーサイド宮崎■祟り爆発【溺】四乃四四

 
e0103408_14481014.jpg
 
     ↑↑↑↑↑↑
 10年以上前に入水自殺した女の怨霊。
 こんな怨霊が憑けば建設員もバタバタ倒れるわ!
 長い間海に漂っていたため目玉がパンパン、舌がダランと出ておる。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_14592439.jpg

     ↑↑↑↑↑↑
 怨霊の群。
 溺死した者の群なので祟りはキツイ。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_14595050.jpg

     ↑↑↑↑↑↑
 柱に憑く溺死した怨霊。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_150517.jpg

     ↑↑↑↑↑↑
 岩が溺死した子の怨霊。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_1513876.jpg
   
     ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 此の場所に水死体を置かれた。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!


  




e0103408_152272.jpg
    
      ↑↑↑↑↑↑
 落ちているガラスの破片に同じ子の怨霊が映る。
 供養されていないため祟り度は高い。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_1522175.jpg

      ↑↑↑↑↑↑
 奥から覗く子の怨霊の群。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_1523442.jpg

      ↑↑↑↑↑↑
 地面から浮き出した子の怨霊の群。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_1525511.jpg

      ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 子の怨霊故に仏の言葉を聞かず好き放題やっておる。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!





e0103408_1531146.jpg
      
     ↑↑↑↑↑↑
 壁から覗く溺死した子の怨霊。
 此の場所が此れ等の怨霊の遊び場となり侵入者には容赦無き祟りを与える。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_1532615.jpg
  
    ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 赤い矢印に上記の怨霊が居る。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!





e0103408_1534613.jpg

     ↑↑↑↑↑↑
 問題の第二シーサイド宮崎の写真。
 夜の写真の方が勘ある者なら何れほど危険か解るだろう。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!



    








 紊れた人の五毒遏執により五悪趣(地獄・餓鬼・畜生・人間・天上の迷妄世界)の境が崩れ成仏した魍者も寇恝(憎しみ)に駈られ人間界へ出づる。
 居るべき枷寧より放たれた瞋蘊(怨む魂)は弑伐の赧熹(喜び)にて人の住む庵を食潰し、陽の射す霄を翳みで蔽う。
 術無き人は遏狂いて己の腸を咋うもの也。
 蜚び回る瞋蘊(怨む魂)は人凡て憑き殺しても其の旡蹙(恨み)晴れること無し。
 そして豸(ち)地嶽と果てたる。



 さて今回は建設途中で放棄されたシーサイド宮崎である。
 場所は宮崎県宮崎市木崎浜。
 第一シーサイド宮崎は2階であるが第二シーサイド宮崎は3階。
 然し建設途中で放棄されている。
 このような行楽施設は最初に頭金を払うか、若しくは全額払うかするため建設途中で放置されることは無い。
 巨大テーマパークであれば頭金を複数回に分けて支払う場合があるが件の建物は3階。
 エレベータも無く、部屋数も少ないため数百万~千万円の頭金で済む。
 何故途中で建設が放棄されたかは水死体を野晒しに出来ず何処かに一端安置しなくてはならないため、この場所に幾人もの水死体が置かれたため穢れた地となったためである。
 普通は遺族が来るまで「海の家」の下などに一次安置されるが、「海の家」の持主が拒否すれば空地に置かれることとなる。
 其れが此の場所だった。
 其れにより怨霊が棲み憑き祟りを無し建設員がバタバタと辞めて行き、此のようなコンクリート剥き出しの廃墟となった次第。
 溺死は尤も苦しむ死であるため瞋蘊(怨む魂)の寇恝(憎しみ)は強い。





 1回で其処等の僧侶や神主には祓えない。





by 殊慧(しゅすい)





 
[PR]
by shino11yoshi | 2011-02-11 14:53 | △名指しシリーズで晒し首ポン