慧光童子と文殊菩薩、九頭龍の梵字の痣を持つ真言密教僧殊慧。徳を積むべく無料で退魔を行っておる。退魔希望者は非公開コメントにてアドレスと名前を書くべし。


by shino11yoshi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

■名指しシリーズ) 簡単に子を堕ろす現代の殺人風習! 廃家常産婦人科■子の怨霊【業障】四乃四四

 
e0103408_9481978.jpg
 
     ↑↑↑↑↑↑
 件の産婦人科の壁で泣き叫ぶ赤子の怨霊。
 其の声は雨の日にハッキリ聞こえる。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_1065225.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 木の後ろから睨む赤子の怨霊群。
 小学生低学年並に成長しておる。
 此のように成長しても頭の中に知識無く旡蹙(恨み)と寇恝(憎しみ)しか渦巻いていない。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_1073228.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 庇の下に憑く赤子の怨霊。
 此れも成長しておる。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_1074979.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 窓に並ぶ無数の赤子の怨霊。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_10881.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 赤い矢印に上記の怨霊が居る。
 其の他にも無数の赤子の怨霊が憑いて居る。
 既に入口を塞ぐように駐車場になっている
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!





e0103408_1082982.jpg
  
    ↑↑↑↑↑↑
 正面玄関の奥に潜む怨霊。
 此処で亡くなった母親の怨霊も居るし、子を堕ろして死した女の怨霊も居る。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_1084955.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 子を堕ろし病死した女の怨霊が木に憑く。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_10101598.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 病室の窓から覗く此処で死んだ女の怨霊。

e0103408_10103256.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 赤い矢印に上記の怨霊が居る。
 其の他にもガス状の歩く怨霊も居る。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!





e0103408_1011298.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 裏口の近くに転がる赤子の生首怨霊。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_10111682.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 赤い矢印に上記の怨霊が居る。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!




e0103408_10141497.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 件の病院の正面写真。
 昼間なのにも関らず薄暗い。
 此れは怨霊が多く、又は旡蹙(恨み)の強い怨霊が居る証拠である。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!









 搓褜(驕り)にて人は遏狂し、圀(くに)ともならば戦に嗜酔し狂喜して弑しを止めぬ。
 其の羅我(心の清浄を悪へと駆り立てる)にてマスコミの流す癲劇記事に齧り付き己の傲慢に猛りては掵玩び、俘虜の女子を弄びて地嶽と成す。
 善悪の隔てを思已業(善悪に分ける心の弱さ)と気付かず詭弁に「平和」と囃騒ぎて手に手に鉾鋒を持ち嬰児を衝き射す。
 各々が祀る神仏の名を嚶び弑し赧熹(喜び)に擲ち震え、血腥い酒を呑み、腸を焼いて喰う。
 其れが人の因業。
 辟けられぬ己の五毒(性欲・物欲・名声欲・自尊心・競争心)。
 悟り無き阿斗は如何なる戦も正当化し、己の鄙懐(卑しい思い)に惑溺するもの也。
 然し祟りにて朽ちる。



 さて今回は『生命の誕生』を咼りながら一方で『生命を潰えす』ことも行なっていた廃家常産婦人科である。
 場所は香川県高松市。民家に囲まれた場所。
 話しは件の廃産婦人科から反れるが「私一人位なら大丈夫」「皆がやっている」と無癡な知識を匡すために以下に記す。
 日本の各産婦人科での人工中絶数は25.06%。
 初期人工中絶費の平均3150円、中期人工中絶費の平均2.65万円。
 人工中絶した胎児は80分間生きておるが、産婦人科医が取り出した後は脱脂綿やガーゼを棄てるゴミ箱に抛り込む。
 一つの命が3千円余りで殺され、ゴミと同じに棄てられる。
 そして女性の平均人工中絶回数は2.3回。
 此れが医師会の提出した数値である。
 其の一方的に消された異蘊(魂)は当然のこと乍がら彷徨う。
 又、産婦人科の近くで無くとも産声を上げて闕蘊(彷う魂)となり禍を成すのである。
 「三つ子の魂百まで」と「産屋の癖は八十までなおらぬ」と諺にあるように潰えされた赤子の闕蘊(彷う魂)は百年続き、旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)の情感は80年続く。
 現在の女性の人工中絶の意は「生活苦」「借金苦」等の尤もらしい藉口など在らずブロイラ宛らに「誰でも1回はやっている」と槃特に金で処分し呵責など全く無い。
 其れどころか身業の殺人を犯しておきながら「平和だ」「経済が」と蚩た打ち圜わる癡さを惹羅化す始末。
 勿論、水子の慰霊碑を作っても寺へ抛った侭、仏壇など略100%買う意無し。
 犬畜生より劣る。
 贖罪する時は祟られてからである。
 今回の古くから開業しておった廃家常産婦人科も相当数の人口中絶が行なわれている故に赤子の瞋蘊(怨む魂)は各地で祟りを起こし、縁の無い家庭を崩壊させている。
 此の罪は全て傲慢の所為である。

 



 「堕ろす」こと即ち十悪の身業の殺生。
 其の罪は業障となり一生背負うこととなる。






by 殊慧(しゅすい)




 
 
[PR]
by shino11yoshi | 2011-02-04 10:01 | △名指しシリーズで晒し首ポン