慧光童子と文殊菩薩、九頭龍の梵字の痣を持つ真言密教僧殊慧。徳を積むべく無料で退魔を行っておる。退魔希望者は非公開コメントにてアドレスと名前を書くべし。


by shino11yoshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■名指しシリーズ) 生贄の首を撥ねた岩を御神体と祀るとは兇! 神倉神社■芋虫怨霊の母【破】四乃四四

 
e0103408_19493950.jpg

    ↑↑↑↑↑↑ 
 神倉神社の鳥居におった芋虫怨霊。
 今までのように相(すがた)は子供では無く一匹の女。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_204487.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 生贄として首を撥ねられた子等の怨霊。
 重なっておるため少しばかり見難い。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_2042374.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 赤い矢印に上記の怨霊が居る。
 其の他にも無数に居る。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!





  

e0103408_2045016.jpg

     ↑↑↑↑↑↑
 御神体である『ゴトビキ岩』の前で守る生贄にされた女の怨霊。
 既に蛇神に猖いて仏の言葉など聞く耳持たぬ。
 故に片方の耳から剣を刺し込んで内部をグシャグシャにして滅した。
 『ゴドビキ岩』にも遏狂した女の怨霊が憑いておった。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_205544.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 一瞥しただけでゴトビキ岩から昇る邪気が解る。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!






e0103408_2052810.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 ゴドビキ岩に憑いて居った蛇神。
 ンナもんなど一撃粉砕。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_2055296.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 目を誤魔化すために女の怨霊を見易く憑けていた。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_2061459.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 赤い矢印に上記の怨霊が居る。
 其の他にも無数に居るが蛇神を粉砕してしまえばクズ同然。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!







 衆生の認めたる律典など阿斗の戯言に均し。
 故に血腥眼にて読み耽りしも仏の悟りには至らん。
 其の律典に獅噛み付くは悉多(心)を搓褜(驕り)にて五毒(性欲・物欲・名声欲・自尊心・競争心)を嗾けて此の世黷すもの也。
 真の律典は霄に無く、豸に無く、墨で書く法(もの)で無く、己の中に無く、楼梦に無く。
 然るべき枷寧にて衆生の悟り甚だ一地の歓喜地より遁れられず迷妄の中徨うもの也。
 帑の銭に圜礙(こだわり)し、無明(物事の真実を知らない)の名に圜礙(こだわり)し、豸擘く権力に圜礙(こだわりして弑伐の赧熹(喜び)を嗜みて永劫に傲慢無癡を晒す。
 衆生誑かす惑かし辯産みて真非ず。
 此の世を地嶽と言わんや。



 さて今回は熊野三山でもある神倉神社の話しである。
 場所は和歌山県新宮市中心市街地北西部の神倉山。
 件の神社は、高倉下命が神武天皇の東征の時に霊夢の告げにより建御雷の剣を得て賊軍を惨摧にて『高倉下命』を祀ったものである。
 神武天皇とは紀元前711頃に勿怪に登場する初代天皇である。
 抑も「夢のお告げ」と言う胡散臭さ極まりないのであるが、其の建御雷の剣は現存しない。
 天照大神が素盞雄大神(スサノオオオカミ)から鉄製の十束剣(約1m)を借りて三つに圧し折り破片を噛み砕くと三女神が誕生したとあり、其の後に素盞雄大神は草薙剣を手にする訳である。
 何故???熱田神宮に祀られている草薙剣を高倉下命が使わなかったのか?
 其れは至極簡単で70cmにも満たない銅製の草薙剣では流石に戦えないからである。
 故に鉄製の剣を調達する必要があった。
 そこで中国から入手。
 其れが建御雷の剣である。
 さてさて話しは反れたが此の神倉神社でも過去は蛇神崇拝。
 神社にある鏡は蟒見(蛇を見る器(もの))であるからだ。
 能く神社の軒下には「白蛇」が住むと言われているのも其の所以。
 撚って祟り度が高い。
 件の神社ではどうも生贄を使っておったようである。
 此処には『ゴトビキ岩』と言う巨石が祀られておるが、此の場所で生贄の首を撥ねた。
 故に至る所に生首怨霊が居る。

 



 古を知らぬ者は生贄になる。





by 殊慧(しゅすい)


 
 
[PR]
by shino11yoshi | 2011-02-02 19:55 | △名指しシリーズで晒し首ポン