慧光童子と文殊菩薩、九頭龍の梵字の痣を持つ真言密教僧殊慧。徳を積むべく無料で退魔を行っておる。退魔希望者は非公開コメントにてアドレスと名前を書くべし。


by shino11yoshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

■数年後、日本に人が住めなくなる!全国民死のうが傍観■怨霊と水害【汞】四乃四四

    
e0103408_2229415.jpg
  
     ↑↑↑↑↑↑
 大原湖へ続く道に棲み憑く子の怨霊。
 既に見た目から「死」へ貶めることが窺える。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_22433434.jpg

   ↑↑↑↑↑↑
 同じ道にて横向きで手を挙げるヒッチハイカー。見易く90度回転させている。
 見てハンドル操作を誤り事故を起こす者多数。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_22442158.jpg

   ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 森から異様な氣が発せられており何十万匹怨霊がおるのか退魔専門の真言密教僧殊慧でも解らん。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!






e0103408_22443623.jpg

   ↑↑↑↑↑↑
 湖の小川には女の怨霊が叫んでいる。
 声を聴く者は多い。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_22445035.jpg

   ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 既に何もしなくても見えている。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!








 紊れた人の五毒遏執により五悪趣(地獄・餓鬼・畜生・人間・天上の迷妄世界)の境が崩れ成仏した魍者も寇恝(憎しみ)に駈られ人間界へ出づる。
 居るべき枷寧より放たれた瞋蘊(怨む魂)は弑伐の赧熹(喜び)にて人の住む庵を食潰し、陽の射す霄を翳みで蔽う。
 術無き人は遏狂いて己の腸を咋うもの也。
 蜚び回る瞋蘊(怨む魂)は人凡て憑き殺しても其の旡蹙(恨み)晴れること無し。
 そして豸(ち)地嶽と果てたる。
 
 

 
 さて今回は湖の怨霊激増の話しである。
 一例に紹介するのは佐波川ダムによって形成された人造湖の大原湖。
 場所は山口県山口市徳地野谷。
 大原湖の名の由来は水没した旧柚野村の中心地域である大原地区から付けられたものである。
 佐波川ダム建設によって水没した家は207世帯。
 佐波川は度々集中豪雨災害に見舞われダム建設を余儀無くされたが、下流にある旧跡『野谷石風呂』は治承・寿永の乱(源平合戦)において平重衡による南都焼き討ちによる焼失した東大寺を再建する際に造られたものであり曰く因縁があるのだ。
 多量の血を啜り込んだ地は彊々な旡蹙(恨み)や寇恝(憎しみ)の瞋蘊(怨む魂)を増加させ水を伴いて祟りを起こすものである。
 故に怨霊が俗人の目の前に現れるときは必ず水の近く、又は雨天や霧の時だ。
 昨今の人の慾念により五悪趣(地獄・餓鬼・畜生・人間・天上の迷妄世界)の境が失せ怨霊激増となったために水に関る事象も増えて犠牲者の数は計り知れない。
 UN(国際連合)の報告書に記載されておるが、世界の洪水・鉄砲水・都市型降雨・都市型洪水の被害は1900年後期から一気に3倍に上がり都市機能を麻痺させ、一方旱魃・熱波・寒波・高潮は一定であり被害は変らないのである。
 此のことからも水を媒介とする怨霊の被害は益々増大する。





 知らぬ者は命を奪われるだけ。




by 殊慧(しゅすい)






 
[PR]
by shino11yoshi | 2011-01-30 22:32 | ▼怨霊写真満載で且つ密教講座