慧光童子と文殊菩薩、九頭龍の梵字の痣を持つ真言密教僧殊慧。徳を積むべく無料で退魔を行っておる。退魔希望者は非公開コメントにてアドレスと名前を書くべし。


by shino11yoshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

■名指しシリーズ) 何がパワースポットじゃ!そのような地は無い■女性自身の怨霊散ら撒き【唖】四乃四四

 
e0103408_2018560.jpg
 
     ↑↑↑↑↑↑
 女性自身2月8日号の付録であったパワースポットなる虚妄に怨霊が写っておった。
 ゲラチェック以前に写真で気付かぬ担当者は何ものだ?
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_20373556.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 同じページに居った女の怨霊。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_20375329.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 此処までクッキリ写っておりながら大徳寺昭輝なる人物は「光に向かって強く愛を念じれば困難を乗り越えられるのです」と豪語。
 ンナ怨霊だらけの場所で何が叶うと言うのだろう。
 というか!「愛を念じて困難を乗り越える」と言う意味が解らんわ。
 抑も愛など情感を掻き乱す六情(喜・怒・哀・楽・愛・悪)。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

 


e0103408_20381099.jpg

     ↑↑↑↑↑↑
 もう一枚にも怨霊が大徳寺なる人物の後ろの滝にクッキリ写っておった。
 これだけハッキリ写っておれば真に仏に遣える菩薩(精進を惜しまぬ僧)であれば拙いことは解ったはずである。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_20382787.jpg
  
    ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 此の小さい写真からでも怨霊の気が解らずして何が「愛」だ。ドアホ!
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!





e0103408_20384874.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 那智の滝のある熊野那智大社にも芋虫怨霊が居ったので紹介。
 長さは本殿と比べれば3mは下るまい。
 芋虫怨霊からパワーを貰っておるのかいな?それ祟りだからな。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_20394784.jpg

   ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 一見しただけでは解らぬが芋虫怨霊の気を知った真言密教僧殊慧の目は誤魔化せない。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!





e0103408_20401613.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 熊野那智大社のシンボルでもある八咫烏の石碑に映る子の怨霊2匹。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_20404592.jpg
 
   ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 右の女性は体が映っておるが子の怨霊には体が無い。
 また此の場所には足場も無いため此のような高い位置に子が映ることは無い。
 親が抱えておるならば親の姿が映るが其れも無い。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
 










 衆生の認めたる律典など阿斗の戯言に均し。
 故に血腥眼にて読み耽りしも仏の悟りには至らん。
 其の律典に獅噛み付くは悉多(心)を搓褜(驕り)にて五毒(性欲・物欲・名声欲・自尊心・競争心)を嗾けて此の世黷すもの也。
 真の律典は霄に無く、豸に無く、墨で書く法(もの)で無く、己の中に無く、楼梦に無く。
 然るべき枷寧にて衆生の悟り甚だ一地の歓喜地より遁れられず迷妄の中徨うもの也。
 帑の銭に圜礙(こだわり)し、無明(物事の真実を知らない)の名に圜礙(こだわり)し、豸擘く権力に圜礙(こだわりして弑伐の赧熹(喜び)を嗜みて永劫に傲慢無癡を晒す。
 衆生誑かす惑かし辯産みて真非ず。
 此の世を地嶽と言わんや。



 さて今回も女性自身の付録の話しである。
 昨今の出版業界は景気低迷にて広告収入の減少悪化し、消費者の活字離れから売上げが年々減少。
 彼の大手出版社「講談社」が嘗て無い大赤字を出し、追い討ちを掛けるかのように子会社の光文社も大赤字。どこかを切り売りしても焼け石に水。
 故に薄利を承知してオマケを付けて部数を維持するしかないのである。
 此のオマケは其の時代に人気のあるキャラのグッズ等を付けているのであるが消費者は「本」本体よりオマケが欲しいがために買うコア層のみ。
 新規開拓など望め無い。
 さてさて今回もマスコミが騒ぎ立てる尤も金が掛からない霊感商法に近い「パワースポット」。
 此のご時世故に国民の誰もが藁をも掴む思いであり『出版社』と言うオキュペーションから鵜呑みにし阿斗面下げてパワースポットなる虚構に足を向ける。
 日頃から神仏を崇めず、五毒(性欲・物欲・名声欲・自尊心・競争心)に簸たり、自堕落な営みを套常にしておるからマスコミの辯に誑かされて電車賃を使い、将叉、ガソリン代を使い徒労する。
 退魔専門の真言密教僧殊慧から言わせて貰えば「パワースポットなる安直なものなど無い」。
 そう感じるのは擦り込まれた先入観と己の六触身(眼触・耳触・鼻触・舌触・身触・意触)と呼ぶ外界との接触にて計かる陋癖である
 温泉に行き「極楽!極楽」と言うのと然程変らん。
 もし、其のようなものが存在しておれば政府の管轄下とし、現人神(生きた人を神格化)として祀られておる天皇の保養地とし一般人は入れないだろう。
 そんな簡単なことすら解らずにマスコミの垂れ流す遏劇記事に騙されておるから『調べる』と言う思考が欠落。
 如何に知識を見せ惹羅化したところで実を伴わず。
 此れ無明(物事の真実を知らない)と言う。

 
 


 全くアホはアホな侭よのぉ~。
ε=/。。r`) プッ



by 殊慧(しゅすい)
[PR]
by shino11yoshi | 2011-01-25 20:27 | △名指しシリーズで晒し首ポン