慧光童子と文殊菩薩、九頭龍の梵字の痣を持つ真言密教僧殊慧。徳を積むべく無料で退魔を行っておる。退魔希望者は非公開コメントにてアドレスと名前を書くべし。


by shino11yoshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

■名指しシリーズ)何が平和だ!このボケナス!!また屯田兵にするぞ~平和の滝■人は常に殺戮【業】四乃四四

 
e0103408_03131100.jpg
 
      ↑↑↑↑↑↑
 平和の滝に水面下に潜む怨霊。
 顔の赤さは祟り度の強さである。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_0504717.jpg

      ↑↑↑↑↑↑
 同じく水面下で睨む怨霊。
 祟り度は強い。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_0505760.jpg

     ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 赤い矢印に上記の怨霊が居る。
 俗人は六触身(眼触・耳触・鼻触・舌触・身触・意触)と呼ぶ外界との接触の業にて「水流」しか見ない。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!








 癲劇記事で煽るマスコミに容易く誑かされた癡かな俗人は己の足許を見ない。
 他人の不幸を垂れ流すスピーカに齧り付き、昼間の譚の種とし遏狂を省みず飄々と暮す。
 故に昔から忌譚とされている豸(ち)の曰くを雍れ享楽の侭に生きるものである。
 彊々な旡蹙(恨み)と寇恝(憎しみ)に凝り膠った瞋蘊(怨む魂)を「出たら面白い」と嘲け嗤い多くが祟られ掵を落す。
 憑き殺された者を懇ろに弔うこともせず拍車を掛ける礫とし囃騒ぐ。
 其の刳り返しが俗人の依估する文明である。
 最後は己の死にて幕を閉じる。



 さて今回は平和の滝の話しである。
 場所は北海道札幌市西区平和。
 別名「右股の滝」。
 平和と言う地名は屯田兵による開拓で相当な死者が出たため付けられたものであり『多くの人が死にましたが此れからは平和でやりましょう』と言う本末転倒。
 普通なら巨大な慰霊碑を建立するであろう。
 多くの開拓民の塚があっても参りもしない
 逆に名物や観光地として金を稼ぐ。
 既に其の思考が浮世からも彼の世からもヅレて居る
 未だに北海道の民族は偏頗な嫉櫺(妬み)にて宗教や元出身地のコロニーを作り、部族階級にて事を成す。
 己の稚拙さを省みず、都会へ嫉っかみ閉塞的。
 そのために新興宗教に簡単に入信し、己の五毒(性欲・物欲・名声欲・自尊心・競争心)を諌めることをしない。
 都会に出て冀めるものは上っ面だけのブルジョア。
 手にする器(もの)はガラクタと瑣末なプライドのみ。
 何も無いから金・権力・名声に圜礙(こだわり)が強い。
 此れが田舎者の特性であり、因業である。
 其の蒙昧な悉多(心)が寇恝(憎しみ)を生み、挙句は殺し合いに加担し己の傲慢無癡を正当化する。

 
 

 
 田舎モノはクソでも食ってろ!

 


by 殊慧(しゅすい)
[PR]
by shino11yoshi | 2011-01-19 00:41 | △名指しシリーズで晒し首ポン