慧光童子と文殊菩薩、九頭龍の梵字の痣を持つ真言密教僧殊慧。徳を積むべく無料で退魔を行っておる。退魔希望者は非公開コメントにてアドレスと名前を書くべし。


by shino11yoshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

■名指しシリーズ)行けば祟られる観光地~怨霊山盛り兜沼■怨霊ランドと呼べ【笑】四乃四四

 
e0103408_0114778.jpg
 
    ↑↑↑↑↑↑
 兜沼公園の駐車場に車を停めれば出てくる子の怨霊。
 色々な子の怨霊が居る。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_02428100.jpg
   
   ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 赤い矢印に居る。
 其の他にも無数の怨霊が居る。
 特に駐車場の路面。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!



e0103408_0244955.jpg
   
    ↑↑↑↑↑↑
 兜沼オートキャンプ場に停まった無人の車の窓の怨霊。
 オモチカエリ!アリガトーゴマイマスタ。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_025566.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 同じく停まった車の窓で叫ぶ怨霊。
 オモチカエリ!アリガトウゴゼーマスダ。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_025275.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 この他にも無数の怨霊が居る。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!



e0103408_0255860.jpg

e0103408_0261789.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 オートキャンプに宿泊すれば勧められるトンネルの生首怨霊。
 此処でも憑かれる OR 祟られる。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_0263365.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 赤い矢印に居る。
 其の他にも無数の生首怨霊。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!




e0103408_027189.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 言問の松に憑く怨霊。
 触れば一発祟り。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_0271934.jpg

   ↑↑↑↑↑↑
 同じく言問の松の後ろから覗く子の怨霊。
 目が合えばOUT!
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_0273452.jpg

   ↑↑↑↑↑↑
 無数の人魂。
 最高十数万個の人魂の乱舞が見られる。と共に祟られる。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_0275069.jpg

   ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 この他にも無数の怨霊。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!



e0103408_0282015.jpg
   
   ↑↑↑↑↑↑
 怨霊イッパイの巣窟な兜沼。
 勘の強い方は此処にも怨霊が居ることが解る。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!











 癲劇記事で煽るマスコミに容易く誑かされた癡かな俗人は己の足許を見ない。
 他人の不幸を垂れ流すスピーカに齧り付き、昼間の譚の種とし遏狂を省みず飄々と暮す。
 故に昔から忌譚とされている豸(ち)の曰くを雍れ享楽の侭に生きるものである。
 彊々な旡蹙(恨み)と寇恝(憎しみ)に凝り膠った瞋蘊(怨む魂)を「出たら面白い」と嘲け嗤い多くが祟られ掵を落す。
 憑き殺された者を懇ろに弔うこともせず拍車を掛ける礫とし囃騒ぐ。
 其の刳り返しが俗人の依估する文明である。
 最後は己の死にて幕を閉じる。


 
 さて今回は兜沼の話しである。
 天塩郡豊富町兜沼駅の真前で、兜沼オートキャンプ場の真裏にある。
 兜沼の由来は「兜」の形をしていた説があるが、先住民族のアイヌ人が沼の周りに熊の骨を入れる函を付けていたこと、つまり兜とはアイヌ語の「カプ 皮」「ト 沼」なのである。
 此の沼にも史実に載っていない忌まわしき事件がある。
 北海道開拓史でも薄っすらと載っているだけで大学ならば如何にしてアイヌ人から土地を略奪したか教えてくれる。
 故に怨霊が無数に居る。
 まず兜沼駐車場で出迎えてくれるのは巨大な顔の子の怨霊。
 オートキャンプで車を停めれば無人の車内に怨霊が巣食う。
 「名物」なのか知らぬ怨霊の顔が浮ぶトンネルが遊覧コース。
 沼の裏手には「言問の松」と言う切れば祟る松が生えており、夜になれば人魂だらけ。
 何もかもが怨霊!
 恐怖地獄を味わいたいのならどうそご自由に。
 料金払って祟られてくれや!!

ε=/。。r`) プッ



 笑えるほど怨霊尽くしな観光地である。




by 殊慧(しゅすい)


 
[PR]
by shino11yoshi | 2011-01-12 00:16 | △名指しシリーズで晒し首ポン