慧光童子と文殊菩薩、九頭龍の梵字の痣を持つ真言密教僧殊慧。徳を積むべく無料で退魔を行っておる。退魔希望者は非公開コメントにてアドレスと名前を書くべし。


by shino11yoshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

■名指しシリーズ)過酷な労働で死した朝鮮人労働者の怨霊!黒三ダム■アホ対策に祟を数千倍【滅】四乃四四

 
e0103408_15322811.jpg
 
     ↑↑↑↑↑↑
 今は朽ちるに任せた問題のダムの水流に憑く朝鮮人労働者の怨霊。
 取り憑かれれば一発彼の世逝き!
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_1547372.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 同じダムのコンクリート製の壁で睨む片目が真っ赤な朝鮮人労働者の怨霊。
 取り憑かれれば一発彼の世逝き!
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_15475428.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 同じダムの穴から睨む半分顔面が崩れた朝鮮人労働者の怨霊。
 取り憑かれれば一発彼の世逝き!
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_15481262.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 問題の朽ちたままのダムの残骸。
 まだまだ無数の朝鮮人労働者の怨霊が居る。
 指差す場所には必ずおるため指を差さぬよう注意。法術で祟を数千倍にしておるからのぉ~
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_15483242.gif
 
e0103408_1635362.jpg
   
    ↑↑↑↑↑↑
 昔は此のような険峻極まりない岩場を通った。
 此処にも無数の怨霊が居る。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_1549815.jpg
    
    ↑↑↑↑↑↑
 別な場所の写真であるが坑道から煙が昇っておる。
 これが岩盤温度接視160度の俗に言う高熱岩盤。
 未だに健在。
 此処にも無数な怨霊が居る。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!


e0103408_15493452.jpg
   
    ↑↑↑↑↑↑
 岩場が高温でダイナマイトが爆発して死亡者を出した黒四ダム建設の当時の新聞記事。
 この新聞にも旡蹙(恨み)が憑いておる。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!















 癲劇記事で煽るマスコミに容易く誑かされた癡かな俗人は己の足許を見ない。
 他人の不幸を垂れ流すスピーカに齧り付き、昼間の譚の種とし遏狂を省みず飄々と暮す。
 故に昔から忌譚とされている豸(ち)の曰くを雍れ享楽の侭に生きるものである。
 彊々な旡蹙(恨み)と寇恝(憎しみ)に凝り膠った瞋蘊(怨む魂)を「出たら面白い」と嘲け嗤い多くが祟られ掵を落す。
 憑き殺された者を懇ろに弔うこともせず拍車を掛ける礫とし囃騒ぐ。
 其の刳り返しが俗人の依估する文明である。
 最後は己の死にて幕を閉じる。
 今回は否定するアホカスクズ共右翼や嘲る者全て数千倍で『祟る』ように真言密教僧殊慧は真言宗の封印す法術を使っておる
 数億倍にすれば見た者全て死ぬからね。



 さて今回は此処が黒三ダムと呼ぶダムの話しである。
 場所は黒部峡谷の黒部川沿い。河口周辺は富山県指定の「黒部川河口鳥獣保護区」として鳥獣保護区に指定されているため登山の認可を取らなければ入れない。
 闊歩な登山家では行けない場所にあり、場数を踏んだ登山家でも足場が獰く滑落すれば「死」であるためアホカスクズ共の心霊スポットマニアには行けない彊々な寇恝(憎しみ)と旡蹙(恨み)を持った瞋蘊(怨む魂)には安住の豸(ち)であろう。
 話しは黒三ダムの概要に反れるが、昭和11年9月に三工区(仙人谷 ~阿曽原の第一工区、阿曽原~下流の竪坑の第二工区、竪坑部分の第三工区)で工事の『黒部川第三発電所及び仙人谷ダム』を纏めて当時働いていた方達は黒三ダムと言う(以下、黒三ダム)。
 当時は国家総動員法が発令され日本全体が戦争遂行に突き進む時代であり、軍需資材生産の原動力として電力資源の開発は至上命令であった。
 大正時代から電源開発の最好適地として注目されていた場所。
 然し、黒三ダムの工事は至難を極めた。
 まず道や居住する場所が峻険であり、且つ、後の黒四ダム工事で爆破事故を引き起こした『摂氏160度を越える高熱岩盤』の存在である。
 当時は当然乍がら素掘りで、現在のような耐熱装備が無いため黒部川から水を汲み上げての労働。
 人夫の多くは朝鮮人。
 給与は高熱地帯で2時間で5円、1日に10円と破格で当時の土木労働者の基本月給20円を二日働けば超えるが日本人で「稼ぐ」と思う者は余りに危険なため少なかった。
 容赦無く襲う熱波の過酷な労働と安眠出来無い無施設なため亡くなった朝鮮人労働者は多い。
 一つ言えることは朝鮮人労働者が「高給」だけで命を失う可能性のある黒三ダム建設を自らの意思で決めたのでは無いことだ。
 内部温度100度を超える中で長時間働くアホなど居ない。体感してみたいなら高温サウナ風呂で6時間篭ってみるが宜し。
 其れを裏付けるように今でも残るダムには無数の朝鮮人労働者の怨霊が憑いておる。
 場所が場所だけに人目に触れる機会は少ないため祟りに合う者は殆ど皆無。
 然し乍がら彼等「朝鮮人労働者」の働き無くして黒四ダムの建設は有り得なかったことを知って貰いたい。

 



 アホカスクズ共はやれ「極左」「極右」などの隔たりを作る思已業(二元に分ける心の弱さ)なりて歴史を消す『生きる価値無し』な存在。
 故に真言密教僧殊慧は此の瞋蘊(怨む魂)の旡蹙(恨み)度を数万倍にした。
 否定、嘲笑する者如何なる者であれ死すべし。 我、真言密教僧殊慧は其のような輩を「生きた魔障」として駆除する。
 国が力を振るうなら国ごと海底に全住民ごと沈める。
 既に500万人の生きた魔障を消し、昨年は怨霊皆殺しにて120億超えで滅した真言密教僧殊慧には何十億生きた魔障を滅したところで呵責は無い。
 立肌蹴る者全て粉砕!
 女子供とて容赦無く滅す。







by 殊慧(しゅすい)
[PR]
by shino11yoshi | 2011-01-09 15:37 | △名指しシリーズで晒し首ポン