慧光童子と文殊菩薩、九頭龍の梵字の痣を持つ真言密教僧殊慧。徳を積むべく無料で退魔を行っておる。退魔希望者は非公開コメントにてアドレスと名前を書くべし。


by shino11yoshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

■名指しシリーズ)最初は試し写真だったのに誰も気付かん!子の怨霊巣窟~鷹栖町の家■壮絶【噴】四乃四四

 
e0103408_17283682.jpg
 
     ↑↑↑↑↑↑
 完全に実体化し腐った指を伸ばす子の怨霊。
 触られたら「死」。
 誰かが「ここにおるやん」とツッコミ入ると思ったが気付く者殆ど皆無。。。。
 怨霊の完全実体化は人の三軸概念と異なり二軸に近い。其れながら撮影する角度によって三軸と変わらない相(かたち)で写る
\(⑨ε⑥´) ここ試験にでまーす
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_17433660.jpg

     ↑↑↑↑↑↑
 笑う少女。
 笑う = 祟る だからな!
 完全実体化。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_17442332.jpg

     ↑↑↑↑↑↑
 睨む少年の怨霊。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_17444021.jpg

     ↑↑↑↑↑↑
 通り過ぎる女の生首怨霊。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_1745051.jpg

     ↑↑↑↑↑↑
 紙の間から出てくる少女の笑う怨霊と怨霊。
 この怨霊の組み合わせは非常に厄介。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_1745525.jpg

     ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 赤い矢印に居る。
 前の写真を見れば解るだろう。
 まだまだ怨霊は床に居る。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!



    
e0103408_17461596.jpg

     ↑↑↑↑↑↑
 階段から睨む少女と少年の怨霊。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_1747489.jpg

     ↑↑↑↑↑↑
 洗面台の下に居る子の怨霊二匹。
 写真を中央の左右に居る。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_17472234.jpg

     ↑↑↑↑↑↑
 階段に憑く子の怨霊。
 此の階段を登れば祟る。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_1747345.jpg

     ↑↑↑↑↑↑
 同じく階段に憑く姉弟の怨霊。
 祟り度は高い。
 事故死。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!

e0103408_17475061.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 赤い矢印に居る。
 其の他無数に居るので危険。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
 










 癲劇記事で煽るマスコミに容易く誑かされた癡かな俗人は己の足許を見ない。
 他人の不幸を垂れ流すスピーカに齧り付き、昼間の譚の種とし遏狂を省みず飄々と暮す。
 故に昔から忌譚とされている豸(ち)の曰くを雍れ享楽の侭に生きるものである。
 彊々な旡蹙(恨み)と寇恝(憎しみ)に凝り膠った瞋蘊(怨む魂)を「出たら面白い」と嘲け嗤い多くが祟られ掵を落す。
 憑き殺された者を懇ろに弔うこともせず拍車を掛ける礫とし囃騒ぐ。
 其の刳り返しが俗人の依估する文明である。
 最後は己の死にて幕を閉じる。



 さて今回は前回に紹介したアホカスクズ共の心霊スポットマニアが「一家惨殺の家」と囃騒いでいた鷹栖町の怨霊屋敷のリターンな話である。
 いやぁ~完全自体化しちょる怨霊を抛り雑魚な子供の怨霊を紹介したんだぐぁ!誰も其処に注目せん。
 此れが因縁に左右される五蘊(色(形)・受(情け)・想(思い)・行(行い)・識(考え))を持っている俗人の証拠である。
 退魔専門の真言密教僧殊慧が「此処」と指し示せば其処しか見ないし、本質を探すこともせん。
 で、今回此の鷹栖町の家に棲み憑く実体化しておる子の怨霊を紹介しつつ、新たな写真の怨霊も紹介する。
 此の鷹栖町の家は二階があるが殆んどのアホカスクズ共の心霊スポットマニアが足を踏み入れない。
 其れ即ち己の中の七情の『恐』が働き「命の危険を感じておる」からに他ならないのである。
 余談ではあるが、此の家の造りは禁忌をしている。
 階段が部屋の中にあると言うことだ。
 前に近くの怨霊屋敷の退魔で出向いたが其処は一階建ての平屋を無理に増築し二階を作ったが階段は茶の間にあった。
 此の階段が怨霊共の道になり其の近くにあった「冷蔵庫の物が直ぐ腐る」、「花や木が直ぐに枯れる」など真言密教僧殊慧の言ったことが全て的中。
 故に部屋の中に階段を作るものでは無い。
 昔の大工が三隣亡を忌むことを今は守る大工がおらんのも不況下では客のニーズに応えるのが当然だからだ。
 それが怨霊屋敷を後に生む結果となっている。





 己の恣慾無癡が三隣亡を嘲笑い最後は怨霊共に嘲け嗤われることとなる。




by 殊慧(しゅすい)


 
[PR]
by shino11yoshi | 2011-01-05 17:36 | △名指しシリーズで晒し首ポン