慧光童子と文殊菩薩、九頭龍の梵字の痣を持つ真言密教僧殊慧。徳を積むべく無料で退魔を行っておる。退魔希望者は非公開コメントにてアドレスと名前を書くべし。


by shino11yoshi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

■名指しシリーズ)白蛇が棲むと拝まれているが憑いているのは怨霊だ!大阪の楠木大神■祟り【楽】四乃四四

 
e0103408_12481984.jpg
 
     ↑↑↑↑↑↑
 無数の女の顔が浮き出ている楠木。
 下手に触れると祟りを受ける。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_13111899.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 樹に登る下半身だけの怨霊。
 周りには子の怨霊が無数に見える。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!



e0103408_1312490.gif

    ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 既に澱んだ気に満ちている。
 赤い矢印に上記の怨霊が居るが其れだけの怨霊では無い。
 此の写真だけで数万匹の怨霊が居る。
 探してみ。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!



e0103408_13122312.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 更に接近した写真には木から光が出ており、その上部には旡蹙(恨み)の強い男の怨霊が居る。
 ここで自死(自殺)した者である。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!












 三四四年前、徳川家康が江戸に幕府を開いてから五十八年……等と下らん講釈が入る寺、神社、教会の全てが贋物である。
 神仏の力が無いため開宗時期や政党やら学校を作り、また金さえ積めばカスでも成れる名誉博士を冀める。
 歴史が在っても、お脳が無い。
 金や狂人信者の獲得を競い合い中身など塵同然。
 そして徳も無いから怨霊が巣食う。
 金・権力・名声に圜礙(こだわり)て怨霊の相(かたち)も解らず、役にも立たない呻きに近い経や祝詞を上げ確りと帑に小銭と怨霊を溜め込むばかり。
 故に観光名所と言う神仏を侮蔑する『名』しか無い。
 能無しだから数千万匹の怨霊が取り憑いた器(もの)を祓うこと出来ず。



 さて今回は大阪にある地元民から「巳 (みい)さん」と呼ばれ道のど真中に朽ちたまま放置されている楠木大神の話しである。
 場所は谷町7丁目交差点東の道路。
 社が設けられ賽銭箱もあるが、戦時中の大空襲により寺は焼失し樹齢500~600年の朽ちた楠木はその侭に腐るに任せ寺は戦後別な場所に移動。
 白蛇が住んでいると申されているが、棲み憑いているのは戦争で焼死した女や子供である。
 故に手を合わせることは「願掛け」にならず。
 元々の寺の和尚(わじょう)は其の凄まじい数の怨霊に怖気づき「白蛇が宿る」と十悪の口業[妄語]にて住民を謀ったに過ぎない
 昨今の怨霊激増にて此の樹にも数千~数億倍の怨霊が取り憑き半径1kmにある家々は祟りを受ける。
 退魔専門の真言密教僧殊慧が全ての怨霊を三世(過去世・現世・未来世)から消したときが「叩き切る」良いタイミングであるが大阪府からの許可など出まい。
 故に近隣では変死が相次ぐこととなる。
 それでも府庁は放置したままにするだろう。






 六触身(眼触・耳触・鼻触・舌触・身触・意触)と呼ぶ外界との接触で受け捉えても本質は解らず俗人の多くは祟り殺されるだけだ。






by 殊慧(しゅすい)
[PR]
by shino11yoshi | 2010-12-24 12:54 | △名指しシリーズで晒し首ポン