慧光童子と文殊菩薩、九頭龍の梵字の痣を持つ真言密教僧殊慧。徳を積むべく無料で退魔を行っておる。退魔希望者は非公開コメントにてアドレスと名前を書くべし。


by shino11yoshi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

■名指しシリーズ) 祟りで日本一死亡者を出した大坂峠の赤い祠■プレゼントは此れだ【笑】四乃四四

 
e0103408_12183825.gif
 
      ↑↑↑↑↑↑
 人の闕蘊(彷う魂)を咋う赤い祠の元凶怨霊。無数の死者の異蘊(魂)を咋ってる。右の頭部にも無数の死者の異蘊が蠢いているのが解る。
 こんな怨霊を二度と目にすることはネーな。
 目的のために滅しませんよぉぉぉ~。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_12305092.gif

      ↑↑↑↑↑↑
 岩の割れ目から実体化した怨霊が2匹。
 一匹は叫んでいるようだ。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_1231659.gif

     ↑↑↑↑↑↑
 足許には血塗れの女の怨霊が地面から生えていた。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_12312260.gif

     ↑↑↑↑↑↑
 葉っぱすら透かして写る怨霊二匹。
 恨み度は高い。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!




e0103408_12314033.gif

     ↑↑↑↑↑↑
 赤いペンキで暴走族が悪戯をして死亡。その祟りを鎮めるために赤い布が巻かれた赤い祠の写真。
 赤い矢印に上記の怨霊がいる。
 しかーしモーどこも怨霊だらけなので「指さした場所」におるため「探してみ」とは言わん。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!













 癲劇記事で煽るマスコミに容易く誑かされた癡かな俗人は己の足許を見ない。
 他人の不幸を垂れ流すスピーカに齧り付き、昼間の譚の種とし遏狂を省みず飄々と暮す。
 故に昔から忌譚とされている豸(ち)の曰くを雍れ享楽の侭に生きるものである。
 彊々な旡蹙(恨み)と寇恝(憎しみ)に凝り膠った瞋蘊(怨む魂)を「出たら面白い」と嘲け嗤い多くが祟られ掵を落す。
 其の刳り返しが俗人の依估する文明である。



 さて兵庫県三田市大坂峠にある赤い祠の第二幕である。
 此処は先にも源平合戦を触れたが『源義経が屋島の合戦に赴く際、平家の裏をかくために通った峠。不意を打たれた平家は屋島の合戦で敗退し最終決戦の場である壇ノ浦へ逃れる』として有名なのである。
 つまり1180年に大坂峠は人が使うための道が存在していたことを物語っている。
 峠や切通しは今で言う祭儀場で「峠の葬送」は飛鳥時代後期、「切通し」の葬送は鎌倉時代から行われていたことで平安後期の11世紀末~12 世紀末の約1世紀の源平時代では死者を峠で葬送する風習が行われていたことは想像に難くない。
 其れ故に大坂峠では件の「赤い祠」の他に無数の苔生した無縁仏や地蔵尊がある。
 そんな中でダントツに祟り度が高いのは「赤い祠」で、悪戯をしただけで過去から遡れば記録されているだけで数十人の子が死んでいる(調べるの時間掛かったわ)
 退魔専門の真言密教僧殊慧が紹介した後に送られてきた写真は「暴走族がペンキで塗りたくった後に死亡し、鎮めるために赤い布を巻かれた」ものである。
 其処に写っていたものは死者の異蘊(魂)を咋う魍(もの)の顔である。
 能く見て貰えば解るが口の周りに人の相(かたち)をした闕蘊(彷う魂)が幾つも見られる。

 
 と言うことでプレゼントは此れで決り!!!
 もぉー何処の寺や神社でも祓えにゃい。
 どこに送るか解ってんだろーなぁ~。えぇ~~!!
 オマケとして数十億人咋う単位まで旡蹙(恨み)寇恝(憎しみ)度を密教+道教+陰陽道の秘術で高めてやるぜ。

w(*´益`) ニタァー



 死々累々♪ルイルイ♪





by 殊慧(しゅすい)




 
 
[PR]
by shino11yoshi | 2010-12-15 12:24 | △名指しシリーズで晒し首ポン