慧光童子と文殊菩薩、九頭龍の梵字の痣を持つ真言密教僧殊慧。徳を積むべく無料で退魔を行っておる。退魔希望者は非公開コメントにてアドレスと名前を書くべし。


by shino11yoshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

■名指しシリーズ)悪戯に行けば必ず祟る~兵庫県三田市大坂峠の赤い祠■アホ悉く死亡【兇】四乃四四

 
e0103408_11145492.gif
 
     ↑↑↑↑↑↑
 「赤い祠」と呼ばれる石には此のような赤子の怨霊が数十万匹憑いている。
 此れを止めるには二重結界を施した上で鎮魂の法を行うことである。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_11195385.gif

     ↑↑↑↑↑↑
 鉄柵の屋根部分に憑いている子供の怨霊。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_1120152.gif

     ↑↑↑↑↑↑
 近年に滅多刺しにされ死亡した女性の怨霊。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!


e0103408_11204656.gif

     ↑↑↑↑↑↑
 此の石に座らされ斬首されて、更に此の石の上に首を晒された城主に近い者の怨霊。
 強い祟りを当りに放っている。
 道教の「怨霊を集め閉じ込める秘号」を書くには打って付けの代物だ。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_1121830.gif

     ↑↑↑↑↑↑
 怨霊を集め閉じ込める道教の秘号。
 鎮魂の秘号や法がなされていないため今や「祟る石」でしかない。
 道教の秘号について退魔専門の真言密教僧殊慧は道教や陰陽道の秘術を習得しているため一瞥しただけで解った。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!




e0103408_11213867.gif
    
     ↑↑↑↑↑↑
 問題の「赤い祠」と呼ばれる石。
 数十万匹以上の怨霊が憑いている。
 触るだけで相当な祟りを受けるだろうね。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!












 癲劇記事で煽るマスコミに容易く誑かされた癡かな俗人は己の足許を見ない。
 他人の不幸を垂れ流すスピーカに齧り付き、昼間の譚の種とし遏狂を省みず飄々と暮す。
 故に昔から忌譚とされている豸(ち)の曰くを雍れ享楽の侭に生きるものである。
 彊々な旡蹙(恨み)と寇恝(憎しみ)に凝り膠った瞋蘊(怨む魂)を「出たら面白い」と嘲け嗤い多くが祟られ掵を落す。
 其の刳り返しが俗人の依估する文明である。



 さて今回は地元警察でも「あそこは……」と畏怖する兵庫県三田氏大坂峠にある赤い祠の話しである。
 件の峠は「昼間でも女性の幽霊が出る」と騒がれ昔に一度ワイドショーで紹介されたこともある。
 峠に至るまでの道の両側には木が生い茂り、街灯も無く、道幅も広く無く昼間でも薄暗い。地元の方ですら此の峠を避け県道川西三田線に迂回する方もいる程である。
 「やれ公共事業だ!」「日本に道は必要だ」と税金を『借金を増やすべく有形固定資産として道路建設』に費やす国土交通省道路局ですら手を付けないのだから相当なものだ。
 さてさてそんな大坂峠の頂上に赤い祠がある。
 其の謂れは「ある村に夜泣きをする子がおり母親が大変に難渋していた。ある日の夜に大坂峠まで来たとき地蔵尊に縋るような気持ちで子供の夜泣きが治まるようにと母親が祈ると不思議な事にそれまで泣き止まなかった子供がぴたりと泣き止んだ」であるが『何故?そこに地蔵尊があるのか』は近くの寺々に伝わっていないのである。
 また地蔵尊と言われていても地蔵が彫られている訳では無い。
 見た目は徒の石塊。
 退魔依頼を受けた真言密教僧殊慧は「兵庫県の確か三田市方面の大坂峠か逢坂峠で赤い祠が有る」と言われただけで方々に声を掛け写真撮影をお頼みしたが梨の礫。
 現物を見るか、写真が無いと「如何なる曰く」があるのか流石の退魔専門の真言密教僧殊慧でも解らない。
 数週間が経ってから一枚の写真が届き、其処から石の過歴を辿ったところ此の石は罪人の首を晒す台であったことが解った。
 更に石には道教の『怨霊を集め閉じ込める秘号』が書かれており厄介極まりないことも解った次第。
 兵庫県は其の昔「源平合戦」や「三木合戦(秀吉が自慢する三木の兵糧攻め)」が歴史にも載っている大きな戦があり、其の怨霊を集めるためのものでないかと推測出来る。
 故に此の祠に赤いスプレーで悪戯をした暴走族が死亡、この道を爆音を上げて通る暴走族が悉く死亡し、先に書いたが地元警察が「あそこは……」と畏怖する場所としているのである。
 鉄製の檻は「此の祠が盗まれた際に防止用として作った」と聞いたが、真言密教僧殊慧には「無闇に触らせない」ためであると考える。
 怨霊を集め閉じ込める秘号が書いてあるだけで鎮魂する秘号や法が施されてないため事故や死亡が絶えないからだ。
 写真のような彊々な旡蹙(恨み)と寇恝(憎しみ)を剥き出しにする怨霊が数十万匹を超える憑いていることからも解るだろう。







 曰くの知らぬものに触れるなかれ!






by 殊慧(しゅすい)



 
[PR]
by shino11yoshi | 2010-12-14 11:17 | △名指しシリーズで晒し首ポン