慧光童子と文殊菩薩、九頭龍の梵字の痣を持つ真言密教僧殊慧。徳を積むべく無料で退魔を行っておる。退魔希望者は非公開コメントにてアドレスと名前を書くべし。


by shino11yoshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

■数年後、日本に人が住めなくなる!全国民死のうが傍観■確実に人を憑き殺す怨霊【薨】四乃四四

 
e0103408_14205360.gif

    ↑↑↑↑↑↑
 このような僧侶10人でも祓えぬ怨霊が各家々に最低5匹は居る。
 それ己の罪の代償と思うべし。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!


e0103408_14443455.gif

    ↑↑↑↑↑↑
 問題の階段。
 水場の近くのみならず容易く人を憑き殺す怨霊は「まさか」と思う場所に潜む。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!













 寇恝(憎しみ)、旡蹙(恨み)、嫉櫺(妬み)の凝り膠った瞋蘊(怨む魂)を生むは衆生也。
 衆生の旁りし法が「善と悪」「富と貧」「秀と愚」な隔てを生む思已業(二元に分ける心の弱さ)にて傲慢無癡にて衆生容易く死に貶める。
 撚って此の世は生まれながらにし地獄。
 死しても地獄。
 仏の辯聴く衆生居らず。




 さて今回は民家の階段に取り憑き確実に人を取り殺す怨霊の話しである。
 昨今の神仏に遣えし者は仏の誡めたる沙弥五戒(不殺生戒・不偸盗戒・不妄語戒・不邪婬戒・不飲酒戒)を守らず淫蕩の限りを尽くし、俗人と同じように六触身(眼触・耳触・鼻触・舌触・身触・意触)と呼ぶ外界との接触にて色蘊(常に変化する物)を捉えるために怨霊の気配すら気取らぬ。
 故に檀家となっている俗人の禍減らず、怨霊に憑き殺され捲るのもである。
 幾ら説法しても仏を宿さぬ神仏に遣えし戯け者に俗人を匡すこと出来ず、却って俗人を五毒(性欲・物欲・名声欲・自尊心・競争心)に遏狂せし。
 撚って此の世は地獄。
 天を見上げて其の眼に映るものは怨霊のみである。






 これから更に「生きること」全てが苦と変わる。
 其れ人の犯した罪の代償也。







by 殊慧(しゅすい)
[PR]
by shino11yoshi | 2010-11-30 14:41 | ▼怨霊写真満載で且つ密教講座