慧光童子と文殊菩薩、九頭龍の梵字の痣を持つ真言密教僧殊慧。徳を積むべく無料で退魔を行っておる。退魔希望者は非公開コメントにてアドレスと名前を書くべし。


by shino11yoshi
カレンダー

■世界総資産の2/3(1京8千兆ドル)を保有し聖典通り動くユダヤが終末戦争に向け動く■秒読み【業】四乃四四

 
 
e0103408_17325972.jpg

    ↑↑↑↑↑↑
 人間の慾念で五悪趣(地獄・餓鬼・畜生・人間・天上の迷妄世界)の境が完全決壊し空は怨霊だらけ。
 故に以前の記事に一四六三尊の仏の痣を肉体に授かった半佛人(半分人で半分仏)が空に結界を張ったんだな。大宇宙に人間の穢れを出さんためによ。
 ※ユダヤ教大司祭ローゼン(ヒラリー・クリントンの親戚)を真言密教僧殊慧が大九龍明王にて半殺しの目に合わせユダヤ教は終末戦争に向けて動く。
 ※殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!


e0103408_17422767.gif

   ↑↑↑↑↑↑
 上記の怨霊を棲み憑かせて流れる雲の写真。
 ここまできたら既に仏教・キリスト教全員が何やっても無理!!
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
















 抑もキリスト教もイスラム教も1008年に書かれた旧約聖書の原典たるレニングラード写本を元にしたユダヤ教から分派した新興宗教である。
 レニングラード写本はギリシア70人訳(セプンチュアギンタ)と言われているようにギリシア系ユダヤ人が翻訳したものだ。

 

 さて今回は聖典通りに動くユダヤ人が終末戦争に向けて動き始めた話しである。
 ユダヤ人の聖典通りに行った世界最高な大量虐殺は1948年、ゼカリヤ書12章10節~13章1節「ユダヤ人に安住の地を提供する」に則りイギリスから資金を得、アメリカから武器を得たユダヤ人テロ組織メナヘム・ベギン率いる「イルグン」とイツハック・シャミル率いる「シュテルン」がイスラエルに武装して入りパレスチナ人街531を潰し・婦女子を犯し・2090億米ドルを略奪しイスラエルを『ユダヤの地』として奪還したことだろう。
 イギリスは法令一二四号にて軍政機関に対して“安全確保”を口実とし必要に応じ全ての市民の権利を停止し、移動を禁止する権限を与えたものだからイスラエルに住むパレスチナ人は逃げ場も無くユダヤ人武装組織にて大量虐殺された訳だ。
 このような一方的大量虐殺にすいて国連ですら問題視していない。
 国連そのものがユダヤロビーの武器売買組織であるからだ。
 その証拠は「国連財団」の筆頭理事がチモシー・ワース上院議員であり、専務理事にはユダヤ系最高組織ロスチャイルドが名を連ねている。
 其れ故にユーゴスラビアやルワンダでは世界中が知る大規模な武器売買を国連の名で行った。
 さてさて話しは横道に反れたように思われるが、ユダヤ教は聖典通り動く宗教としてご理解頂けただろう。
 ガザを高さ10mのコンクリート壁で包み込み、そのことから国連人権会議で「イスラム教の名誉を傷つける発言を人権侵害の犯罪として取り締まるよう求める決議案」を提出。
 国際刑事裁判所主任検察官オカンポは「ガザにおける無差別殺人を行ったイスラエル政府の戦争犯罪の調査に着手する」と意向を発表したがイスラエルは無視を続けている。
 その証拠として人種差別問題についての国際会議ダーバン2に参加していない。
 そこことはノーベル医学生理学賞を受賞した米科学者ジェームズ・ワトソン(ユダヤ人)が公の場で「有色人種はバカだ」と発言していることから窺えるというものだ。
 1985年イスラエルはアメリカとFTA(武器売買を目的とした自由貿易)を締結。
 1999年アメリカとイスラエル間でAZSC(戦略的協力協定)。
 然し乍がらこのようなユダヤ人を断することなく、日本では毎日イスラエル国内で起こっているパレスチナ人の無差別殺戮を報じない。
 何故ならアメリカ国内のマスコミ全てがユダヤ企業。
 おまけに世界のマスコミもユダヤの資金を受けているからだ。

 
 文殊菩薩と慧光童子、九頭龍の梵字を授かる真言密教僧殊慧は八岱尊の中心に黙示録に登場する大九龍明王を坐したことによりイスラエルが終末戦争に向けて動き出した。
 ユダヤ教大司祭ローゼン(ヒラリー・クリントンの親戚)を大九龍明王にて半殺しの目に合わせたからな
 ドイツ製の潜水艦に戦略核ミサイルを満載し世界を航行し続けるイスラエル海軍。
 水爆も入れれば600機も核兵器を保有するイスラエル軍部。
 彼等の言うアルマゲドンは近い。






 一匹たりとも人間は逃さねーぜ!
 人の旁り出した焔により焼かれるが良いぜ。






by 殊慧(しゅすい)



 
[PR]
by shino11yoshi | 2010-11-28 17:37 | ▼怨霊写真満載で且つ密教講座