慧光童子と文殊菩薩、九頭龍の梵字の痣を持つ真言密教僧殊慧。徳を積むべく無料で退魔を行っておる。退魔希望者は非公開コメントにてアドレスと名前を書くべし。


by shino11yoshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

■数年後、日本に人が住めなくなる!全国民死のうが傍観■窓から覗く白装束の女【甌】四乃四四

e0103408_14392447.gif

    ↑↑↑↑↑↑
 窓から覗く女の怨霊。
 原版の写真も同じなので載せる必要ネーわな。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!











 窓は蟒見(鏡)と同じく異蘊(魂)を写す器(もの)である。
 『窓』は異体で『窗』と書き穴を冠に持ってこなくても『囱』として漢字で成立しながら『穴』と付けた意味は「外界と仕切っても闇がある」だ。
 故に窓は五悪趣(地獄・餓鬼・畜生・人間・天上の迷妄世界)に繋がる逍であり、西洋でもカーテンで雍ぐことは即ち「魔の侵入」を防ぐためである。
 日本の障子に使われる木材は叒であり、仏壇に使う木と同じ神木とされる桑。
 因みに年間約400万本生産される卒塔婆は樅である。



 さて今回は窓から怨霊が見える話しである。
 上記に挙げたが障子は桑で旁られ、現在も窓枠は桑の木で旁られている。
 此れは「魔障を防ぐ」意味もあるのだが、神仏を崇めて其の効力が発揮されるため其れ単体では意味を成さない。
 故に『簡単に済ませてしまう』と言う安易な趨勢な昨今、神仏の庇護は無いに均しい。
 昨今の怨霊屋敷増加は己の享楽第一な嗜好が己に禍を惹き寄せているだけである。
 諺にある『天に向かって唾を吐く』だ。
 己の癡さに気付かず、困ったときにだけ神仏に縋る愚行故に己の有漏(煩悩を有する)を慎まず何度も「お祓い」にて金を払う。
 そんなことだからアホカスクズの霊能者が横行するのである。
 江原や美輪とか名前を挙げんがな!DHCのCMだけで美輪が数十カラットの宝石を埋め込んだ指輪買えると思うか?
 ドアホ!





 金に圜礙(こだわり)て金を失うとはアホやのぉ~。




by 殊慧(しゅすい)
[PR]
by shino11yoshi | 2010-11-21 14:48 | ▼怨霊写真満載で且つ密教講座