慧光童子と文殊菩薩、九頭龍の梵字の痣を持つ真言密教僧殊慧。徳を積むべく無料で退魔を行っておる。退魔希望者は非公開コメントにてアドレスと名前を書くべし。


by shino11yoshi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

■数年後、日本に人が住めなくなる!全国民死のうが傍観■並みの僧侶を即死させる怨霊【兇】四乃四四

e0103408_0222887.gif

e0103408_022465.gif

     ↑↑↑↑↑↑
 これが並みの僧侶を即死させる怨霊の写真だ。
 ンナもん退魔専門の真言密教僧殊慧にとってクズ怨霊でしかない。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!












 まぁ~京都の太秦スタジオに程近い場所にある怨霊マンションで5分もしない内に口から無様に泡出して昏倒した僧侶が高い銭摂っているくらい僧侶の質が落ちている。
 其れでも無明(物事の真実を知らない)な僧侶に頼らざるを得ない怨霊の激増。
 然し乍がら退魔専門を生業とする真言密教僧は俗人と交わる機会が少ない。
 何故なら俗人を恐懼させる怨霊より性質の悪い俗人を咋う大禍(おおま)を狩っているからである。
 故に退魔専門の真言密教僧殊慧のように俗人から退魔依頼を受ける退魔専門の真言密教僧は居ない。



 さて今回は並みの僧侶が『祓おう』とすれば即死間違い無しな怨霊の話しである。
 旡蹙(恨み)寇恝(憎しみ)に膠った怨霊は莫伽では無い。年月を重ねる度に其処等に居る瞋蘊(怨む魂)を虜り込み数千匹の怨霊の塊となる。
 其の周りには経を雍ぐ役の闕蘊(彷う魂)が渦巻き、宛ら砲身と鐵塀を持つ塹壕。
 其れを気取らずに並みの僧侶が経でも誦げようものなら壌の中で蠢く蚯蚓のように四方八方から瞋恚(怒り)の鉾を突き立てられ即死する。
 数珠は散ら散らに千切れ、線香から焔が吹き上がり、空気が数千貫の錘のように躯を圧し潰す。
 沙弥五戒(不殺生戒・不偸盗戒・不妄語戒・不邪婬戒・不飲酒戒)に感けた羶(なまぐさ)坊主の成れの果ては肉塊。
 何処が腕で頭か判別不能。
 そんな腑抜け僧侶の骸を見ても退魔専門の真言密教僧殊慧には因縁に左右される五蘊(色(形)・受(情け)・想(思い)・行(行い)・識(考え))無く、六情(喜・怒・哀・楽・愛・悪)無く、七情(怒・喜・思・憂・悲・恐・驚)無いため涙を流すことは無い。
 一撃にて怨霊を粉砕。
 徒それだけである。
 笑うことも泣くことすらも退魔専門の真言密教僧には赦されないからだ。
 怨霊を滅するためだけに生きている。
 故に享楽に耽ることは無い。
 如何なる蠱惑に靉くことも無い。
 まぁ~此の手の怨霊が激増する警世の昨今「俗人は己を守る術を知らなくてはならない」と言っとくはぁ~。





 まぁ~己の欲を棄てりゃー怨霊も寄ってはきまい。
 棄てられたらの話しだがね。






by 殊慧(しゅすい)


 
[PR]
by shino11yoshi | 2010-11-19 00:31 | ▼怨霊写真満載で且つ密教講座