慧光童子と文殊菩薩、九頭龍の梵字の痣を持つ真言密教僧殊慧。徳を積むべく無料で退魔を行っておる。退魔希望者は非公開コメントにてアドレスと名前を書くべし。


by shino11yoshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■数年後、日本に人が住めなくなる!全国民死のうが傍観■上空を飛び回る生首怨霊【玖】四乃四四

e0103408_18301365.gif
  
     ↑↑↑↑↑↑
 丐辣(苦しみ)藻掻き飛び回る生首怨霊。
 真言密教僧殊慧の護符にて家の外に出ることも出来ず、取り憑くことも出来ず徐々に力を失い三世(過去世・現世・未来世)から消える。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!



e0103408_18431197.gif

    ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 赤い矢印のところに生首怨霊が居る。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!













 万象は内に在り外に在り、其れ縊れ無くも儚き「虚」。

 万物生まれ生まれ生まれ生まれて世の始まり冥渠く。

 三界((さんがい)欲界・色界・無色界)の狂人遏狂わすこと識らず。

 四世(無常・苦・無我・不浄の此世を常・楽・我・浄と見誤る)の盲人盲廢なるを識らず。
    
 五蘊(色(形)・受(情け)・想(思い)・行(行い)・識(考え))の俗人六根(眼根・耳根・鼻根・舌根・身根・意 根)惑かしを識らず。

 六情(喜・怒・哀・楽・愛・悪)の享人真を悟らず。
       
 七情(怒・喜・思・憂・悲・恐・驚)の耽人癡かに気付かず。

 八苦を識らずんば根本四苦「生・老・病・死」の煩悩付き圜わり愛別離苦、怨憎会苦(おんぞうえく)、求不得苦(ぐふとっく)、五蘊盛苦に丐辣(苦しみ)て悩人孟らを覗かず。

 蒙昧に筆認め書く辯に意無し。

 万物死に死に死に死んで死の終わりに冥し。

 臠爛れて自ら鬼と化せり。

 衆生の慾尽きず嬰をも咋いて饕り止めること無き。

 自ら匡すことせず器(もの)に誑し込める癡か也や。

 仏の辯も聴く耳無し。





 さて今回は天井を飛び回る生首怨霊の話しである。
 この方は退魔依頼を受け真言密教僧殊慧の特殊な墨で書いた護符により写真に写り切れなかった怨霊が丐辣(苦しみ)藻掻いている様子だ。
 能く俗人は金に圜礙(こだわり)強く金を吝り「護符だけ買えば良い」と癡かにも思うが、廈に巣食う怨霊を滅しなくては如何様に彊々な護符でも怨霊に丐辣(苦しみ)を与え徐々に邪を取り除く故に暴れる。
 暴れれば当然のこと乍がら多寡の「障り」を受けることとなる。
 故に「護符を貼れば良い」とだけ言い怨霊を滅しない者は信用すべきでは無い。
 そういうことから退魔専門の真言密教僧殊慧は図を渡して写真を撮らせる。
 概ね元凶怨霊は写真に己の相(すがた)を見せ惹羅化し家人に懼れを与える。
 その写真を真言密教僧殊慧は外縛法にて縛り、退魔専用の拿応護摩壇にて滅する。
 此れが真の退魔業である。

 




 欲集りなオマイ等の家の中は怨霊だらけであることなど解るわ。
 オマイ等の惹き寄せた怨霊はオマイ等の命で償い祓え!







by 殊慧(しゅすい)
[PR]
by shino11yoshi | 2010-11-18 18:32 | ▼怨霊写真満載で且つ密教講座