慧光童子と文殊菩薩、九頭龍の梵字の痣を持つ真言密教僧殊慧。徳を積むべく無料で退魔を行っておる。退魔希望者は非公開コメントにてアドレスと名前を書くべし。


by shino11yoshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

■数年後、日本に人が住めなくなる!全国民死のうが傍観■腐敗女が扉の後ろを歩く+α【陰】四乃四四


e0103408_1425630.gif

     ↑↑↑↑↑↑
 室内のガラス戸の後ろを堂々と歩く腐敗した女の怨霊。
 これは奸知に長けた怨霊の策。
 本当に禍を成す怨霊は下記の写真だ。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_14312451.gif

     ↑↑↑↑↑↑
 禍を家に住む者に与える怨霊の群。
 ガラス戸の大半を埋め尽くすほど此の家は末期状態。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!


   
e0103408_14313462.gif

     ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
 黄色い矢印に其々の怨霊がいる。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
















 怨霊にとって「家」とは己等だけの世を作る空間でしかない。
 故に古より怨霊を一時的に棲ませる場を作っていたが今は陋習と嘲けられ作らず、当然乍がら怨霊は居住区画に降りる。
 よって棲み憑かれた家は既に彼の世。
 故に留まれば死ぬ。




 さて今回は腐敗した女の怨霊が部屋を歩き回る+在るαの話しである。
 怨霊が家に棲み憑くことは抑も五悪趣(地獄・餓鬼・畜生・人間・天上の迷妄世界)の嶽から遁れた瞋蘊(怨む魂)の躬故に留まる場所在らず。
 よって己等の世を築くために憑く。
 1匹~5匹までなら平均値であるが其れを超えると住む者へ禍を振り撒き死へと追い遣る。
 本来なら怨霊は居住区に降りることは無いが、昨今の「屋根裏を有効にする」という人の無癡が招いたものであるから自業自得と言っても良い。
 屋根裏は昔の者は「禍を招く異蘊(魂)の間」として用意し長居出来無いように御札を貼ったのであるが、身を衞る慣しも陋習とされ何の家が怨霊屋敷となってもおかしく無い状況である。
 故に怨霊が上記の写真のように堂々と相(すがた)を現したときに始めて神仏を等閑にしていた者は「救い」を冀める。
 其の時には一般の僧侶の手に負えないほど怨霊が溢れかえり退魔専門の真言密教僧を探すこととなる。
 残念乍がら真言密教僧殊慧のように退魔専門の真言密教僧は表に出ないため探すことは不可能に近い。






 数万~数百万匹の怨霊を滅するお布施は通常の真言密教僧の場合「僧侶の数」で計算するため軽く見積もって数千万円は下らない。
 法術の力が強い真言密教僧を日本から集めるため交通費などもガッツリ含まれるためだ。
 まぁ~新しく家を建てた方が安いってことになるわな。

 退魔専門の真言密教僧殊慧が無料なのは「徳」を貯めることが第一であり、金に圜礙(こだわり)を棄てたからに他ならない。







by 殊慧(しゅすい)



 
 
[PR]
by shino11yoshi | 2010-11-15 14:27 | ▼怨霊写真満載で且つ密教講座