慧光童子と文殊菩薩、九頭龍の梵字の痣を持つ真言密教僧殊慧。徳を積むべく無料で退魔を行っておる。退魔希望者は非公開コメントにてアドレスと名前を書くべし。


by shino11yoshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

■数年後、日本に人が住めなくなる!全国民死のうが傍観■扉を開け隙間を作り覗く女【兇】四乃四四


e0103408_23291818.gif

      ↑↑↑↑↑↑
 扉を勝手に開け隙間を作り上から睨む女の怨霊。
 撮影者は此の異変に気付いていなかった。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!
e0103408_2335918.gif

      ↑↑↑↑↑↑
 同じく下から覗く男の怨霊。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!


e0103408_2335255.gif

     ↑↑↑↑↑↑
 問題の写真。
殊慧ブログでは特殊な結界を張っているため見る分には祟りは無い。コピペ厳禁!















 きちんと閉めた扉やドアが一寸目を離した隙に開いていることはないだろうか?
 其れを「うっかり閉め忘れた」と思うのは聊か早計である。
 何故なら殆んどの場合は闕蘊(彷う魂)の仕業だからである。

 

 さて今回は勝手に扉が開き隙間から覗く怨霊の話しである。
 能く話しの中で「背中が寒い感じがした」又は「背中に視線を感じた」と言われる退魔依頼者が勿怪に思い出して話すが、退魔専門の真言密教僧殊慧が説明をしない限り怨霊の仕業であることに気付いていない。
 怨霊は扉や壁を擦り抜ける行為だけに非ず、物理的に物を動かすことが可能である。
 其の仕組みは至って簡単で、因縁に左右される五蘊(色(形)・受(情け)・想(思い)・行(行い)・識(考え))の不持に他ならない。
 因縁即ち外からの事象に左右されない存在であるからして四方に氾がる物其れ無(存在が無い)になる。
 無故に飛ばす・動かすこと容易い。
 其れが人の七情の紕懼(恐れ)を生み出させ悉多(心)紊して異蘊(魂)に取り憑くのである。
 取り憑かれた人既に怨霊の手中にて逃げること出来ず。
 故に瑣末で在れ非日常を感じた場合は手遅れになる前に「お祓い」若しくは「退魔」を受けることを薦める。





 殆んど本当に退魔依頼する時には己の意識が乗っ取られ第三者が異常に気付き、一般の僧侶ではどうにも成らぬ膨大な数の怨霊に取り憑かれている。
 第三者の発見が遅れれば死ぬ。
 今や超核家族化が進み隣近所のことですら無関心故に死んでいることが多い。






by 殊慧(しゅすい)


 
 
 
[PR]
by shino11yoshi | 2010-11-15 00:16 | ▼怨霊写真満載で且つ密教講座